PR

転校する側からのメッセージ例文!友達や先生へ感謝の気持ちを伝えよう

その他

新天地へのお引越しを控え、これまで大切なお子さまを見守ってくださった先生への感謝の思いをお手紙に託すのは素敵なことですね。

でも、どんな言葉を選んだら良いのか、案外迷ってしまうものです。

実は、多くの保護者様が手紙の書き方で頭を悩ませています。
もしもお子さまが「先生にお手紙を書きたい」と話してきたら、どのようにアドバイスしたらよいのでしょうか。

大切なのは、基本的なマナーを押さえつつ心からの感謝を伝えること。
率直な感謝の気持ちが先生や友達の心に届くはずです。

この記事では、保護者様が担任の先生へ手紙を書く時のポイントから、お子さまがクラスメイトや先生に宛てたメッセージの書き方まで、実用的な例文をご紹介いたします。

先生への心からの感謝を込めた手紙の書き方

お子さんをずっと見守ってくださった先生への深い感謝を込めた手紙、
そのポイントと構え方を優しい言葉でご案内します。

具体的な例文を添えていますので、書く際の参考にしてみてください。

手紙で心を伝えるポイント

手紙を通じて、心からの感謝を伝えることが何よりも大切です。
感謝の思いを明確にするためのポイントをお話しします。

★優しい言葉遣いを心がけて

手紙では、丁寧な言葉を選ぶようにしてください。

適切な敬語を使えば、礼儀をわきまえた素敵な手紙を作成できます。
お子さんの学校生活のささやかな思い出、お子さんと先生との貴重なエピソードを手紙に織り交ぜると、感慨深い内容になってきます。

率直な感謝の表現 お子さんがどれほど先生のおかげで成長したか、心を込めて書きましょう。
形にとらわれず、自分らしさを大切にしてください。

準備するもの

さて、手紙を書く前に、便せんや封筒、レターセット、好みのボールペンを用意しましょう。
便せんのデザインはお好きなものを選んで大丈夫です。
白地のシンプルなものなら相手を選ばず、スマートです。
使い慣れたボールペンを使いましょう。ただし、インクが消えるタイプのペンは使わないようにしましょう。

手紙の組み立て方

手紙の基本的な形式は以下の通りです。
この流れに沿って書くと、整った心のこもった手紙となります。

・「前文」…まずは「拝啓」と書き出して
・「本文」…感謝の気持ちやお子さんのエピソードを語り尽くして
・「末文」…最後は「敬具」で締めくくって
・「封書」…日付や自分の名前、そして宛名には敬称を忘れずに

【例文】

〇〇先生 いつもご指導いただき、心からの感謝を申し上げます。
わが子は先生の下での1年を生涯の宝物としています。運動会の日、息子がリレーのアンカーを務めた際も、先生の優しさと強いサポートにどれほど力づけられたことか。
息子も〇〇先生との出逢いに感謝しており、担任をしていただいたことを大変嬉しく思っています。
本当は卒業までお世話になるはずでしたが、引っ越しのためそれが叶わずとても残念です。

息子も寂しそうですが、〇〇学校での素敵な思い出を忘れず、新しい学校でも頑張ると話しています。

先生の未来がさらに輝かしいものになりますように、心より祈っています。
この度は本当にありがとうございました。

敬具

令和〇年 〇月〇日

[保護者の名前]

 

心をこめた言葉で綴る、お子さんから先生への感謝の手紙

お子さんが新しい環境に向かう前に、
お世話になった先生へ感謝の気持ちを伝えるためのアドバイスと、手紙の例文をご案内します。

心からの感謝を形にするコツ

手紙には、先生への感謝の気持ちを率直に込めてみましょう。
笑顔あふれる日々の出来事や、新たな発見があったときの喜び。

そして、今、抱えているそわそわとした新しい気持ちを、ありのままに書き綴りましょう。
そうすることで、先生への温かい想いが自然と伝わっていくはずです。

楽しい会話のように手紙をつむごう

手紙は、日頃のおしゃべり感覚で始めてみませんか。
難しい言葉や厳格な文体を使わずに、リラックスして表現するのがポイントです。

手紙用紙や封筒は、お子さんのお気に入りのものを選んでいただくのがおすすめです。
先生への絵やシールで飾り付けを加えるのも楽しいですね。
お子さんならではの個性あふれる手紙は、きっと先生も心を動かされるでしょう。

【例文】

大好きな〇〇先生へ 1年間、心温まるご指導をいただき心から感謝しています。

先生のもとで過ごした日々は、私の一生の宝物になりました。
遠足の日の昼食を一緒に囲みながらの会話や、歓声は今も耳に残る楽しい思い出です。

先生やクラスのみんなと離れるのは少し寂しいですが、
次の場所でも、先生が教えてくださったことを胸に、一生懸命がんばります。

この度は本当にありがとうございました。

〇〇より

 

仲間へ贈る、ありがとうとまたねの手紙

転校前に、お子さんがクラスの友だちに向けた気持ちを表す手紙の書き方をご提案いたします。
この手紙には、一緒に過ごしてきた日々への感謝や、未来に再会を願う心からの希望を込めてみましょう。

また、一緒に笑った時間や楽しかったイベントのことを振り返りながら、
温かい言葉で伝えることで、お子さんの手紙がみんなの心に残る美しいプレゼントになります。

【例文】

新たな旅立ち 〇年〇組の友だちへ

わたしは新しい冒険へと歩を進めることになりました。
この間まで一緒だったみんなには、心からの感謝を込めて伝えたいです。

ありがとう!

遠足でのバスの中では、わいわいとした楽しみが溢れ、そのひとときは今も私の心の中で輝いています。

新しい環境への変化はほんの少し寂しさも感じますが、きっと再びみんなと笑顔で会える日が来ると信じています。
新しい学び舎でも、元気いっぱい、精一杯がんばるよ。
みんなも変わらず元気で、明るい毎日を過ごしてね!
本当にありがとう。

〇〇 〇〇より

転校の報告について、お友達への手紙の書き方について紹介いたします。

お父さんやお母さんが学校や担任の先生に報告するタイミングと同じく、クラス全体にも同時に報告するのが良いでしょう。

報告の方法は、お子さん自身が言葉で伝える方法と、先生が代わりに発表する方法があります。

転校が繊細な状況であれば、お子さんに合った方法を担任の先生と相談してください。

手紙の書き方のポイント

先生への手紙と同じように、お子さんが好きなデザインの便せんや封筒を使ってください。先生への手紙よりも、くだけた感じで書いても問題ありません。
楽しかった思い出や感謝の気持ちを、まるで会話しているかのように書くと、心地よく書けるでしょう。

【例文】

親愛なる〇〇ちゃんへ

一緒に遊んでくれて本当にありがとう。
ドッジボールやカードゲーム、すごく楽しかったよ。

3月になったら別の場所へ行くことになったけど、
〇〇ちゃんとの素敵な思い出はずっと心に残るよ。

寂しいけれど、〇〇ちゃんも元気でがんばってね!
いつも仲良くしてくれてありがとう!

〇〇より

学校への転校報告の手紙の例文

お子さんの転校を学校に伝える際の手紙の書き方のポイントと例文をご紹介します。

転校の連絡ポイント

転校が確定したら、手続きなどが必要です。最初に先生に必要な情報を簡潔に伝えるために、連絡帳などを利用してみてください。

感謝の気持ちや転校手続きにおいて先生の協力が必要な旨を伝え、お願いする文言を添えると良いでしょう。

学校への報告時に留意すべきポイントは以下です。

  • 感謝の気持ちを表す
  • 転校の予定日
  • 手続きに関するお願い

【例文】

〇〇先生
いつもお世話になっております。このたび、夫の仕事の都合で〇月に引っ越すことになり、〇〇への転校が確定しました。転校手続きに関してお手数をおかけしますが、何卒よろしくお願いいたします。

 

手紙の要点

担任の先生への手紙の書き方には、以下の基本があります。

保護者から先生への手紙

  • ・敬語や構成に注意する
  • ・感謝の気持ちを述べる
  • ・お子さんの学校での思い出を振り返る
  • ・転校報告は簡潔に

お子さんから先生や友達への手紙

  • ・学校に転校報告後に書く
  • ・感謝の意を表す
  • ・先生への手紙は普段の会話のような雰囲気で
  • ・友達への手紙はくだけた感じが良い

最も大切なのは、お世話になった方々への感謝の気持ちを伝えることです。
お子さんの学校生活を振り返りながら手紙を書いてみてください。
そうすれば、手紙を受け取る先生や友達に感謝の気持ちが伝わることでしょう。

タイトルとURLをコピーしました