PR

【サンプル付き】PTA広報紙用会長就任の挨拶文の作成ガイド

PTA総会

PTAの新会長が担うひとつの重要な任務は、会報に載せる「就任挨拶文」の作成です。

新しくPTA会長に選ばれた方は、年度のスタートと共に、PTAの会報で自分の「就任挨拶文」を掲載する機会があります。

この任務を初めて経験する方は、どんな内容のメッセージを伝えるべきか迷うこともあるでしょう。

そんな方々のために、PTA会報向けの挨拶文の書き方に焦点を当てて紹介します。

この記事は、初めてPTA会長に就任された方で、どんな挨拶文を準備すればいいのかお悩みの方を対象にお伝えしていきます。

 

何を記述すべきか

多くの人々の目に留まり、将来にわたって保存される会報には、「不適切な内容は避けるべき」「もしかして、新聞のコラムのようなやや堅い文体が望ましいのでは?」といった思いが頭をよぎることでしょう。

しかし、そういった心配は無用です。

この文章は、保護者だけでなく子どもたちも目にするかもしれないため、複雑な内容にする必要はありません

例えば、

・一般的な挨拶文とは異なる、独自性のある内容の場合
・簡潔な自己紹介
・PTAに対する自分の考え
・子どもたちが直面している環境
・学校生活を送る子どもたちの日常
・子どもたちが価値を置き、取り組んでいる事柄
・地域社会について
・学校の周辺環境
・この一年を通じて抱く意気込み
・子どもたちの利益のために共に取り組むことへの呼びかけ

これらはあくまで一例ですが、これらのトピックについて書き出してみることで、最終的には独自性のある、簡潔な歓迎の辞を作成できます。

自己紹介を簡潔に

「私は二人の子供の父親で、一人は〇年生、もう一人は〇年生です。二人ともこの学校で学んでいます」

「実は、私自身もこの学校の卒業生で、現在の校長先生はかつて私の先生でした」

「これまで、学校の子どもたちとボランティア活動を通じて接してきました」

このように自己紹介をすることで、親しみやすい印象を与えます。まるで、初めて出会った人に挨拶をするかのようです。

PTAへの個人的な見解

「子どもたちが学校で安全に、そして心から安心して過ごせることの大切さ」

「子どもたちと接することができる特別な時間を作り出すことの価値」

PTAの活動に直接関わった経験がなければ、PTAが具体的にどのような活動をしているのか、何のために存在しているのか疑問に思うかもしれません。

それにもかかわらず、PTA会長に就任したのは、その活動の重要性を何らかの形で認識しているからです。

子どもの周辺環境について

「子どもたちが関わる悲しい事件や事故が後を絶ちません」

「趣味や勉強で遅くまで外出することが多く、家に帰る時間が遅れがちになっています」

「家庭の形態が変わり、地域との繋がりが以前よりも薄れてきています」

子どもたちが毎日の生活の中で遭遇するこれらの課題に対して、PTAとしてどのように対応できるかを考えることで、より具体的な活動計画を立てることが可能になります。

学び舎での日々の風景

「子どもたちが校庭で明るく遊んでいる様子」

「異年齢間の交流を通じて、学校全体が一致団結して取り組む姿」

「年上の生徒が年下の生徒を手助けしている光景」

「毎朝、校長先生とのハイタッチから始まる一日」

これら子どもたちの素朴で温かい活動や日常の瞬間を目にすることで、さまざまな思いが心に浮かびます。これらのエピソードを挨拶に織り交ぜることで、より親密な雰囲気を作り出すことが可能です。

子どもたちが大切にしている日々の取り組み

「元気よく挨拶を交わすこと」

「みんなで協力して植物や動物を丁寧に育てること」

これら子どもたちが日常的に心をこめて実践している活動は、PTAとしても重視し、支援していくべきだという考えが有効であることを示唆しています。

地域のみんなの支え

「地域の人たちが、毎朝子どもたちの通学路を見守り、安全を確保してくれています」

「ラジオ体操や地元のお祭りなど、子どもたちが楽しめる活動に積極的に関わってくれています」

PTAに関わるようになるまで、地域の人たちが子どもたちにこれほどまでに愛情深く、責任を持って向き合っていることに気づいていなかったかもしれません。このような地域の温かいサポートを挨拶の言葉に取り入れることは素晴らしいアイデアです。

学校の自然豊かな環境

「学校は地域を象徴する山の近くにあり、自然に恵まれた場所に位置しています」

「その周辺には子どもたちが遊べる多数の公園があり、素晴らしい遊び心を刺激する空間が広がっています」

普段のあいさつで使われる表現としては珍しいかもしれませんが、学校の周りに広がる自然の魅力、山の緑や公園の花などを季節ごとの挨拶に取り入れることは素敵な提案です。

これらを踏まえて、一年を通じてどういった活動に取り組むか考えると、目標がはっきりします。「子どもたちの元気な笑顔を守る」「地域住民と協力して子どもたちの安全を見守る」「子どもたちの活動を応援する」など、大切にしたい価値観を挨拶に盛り込んでみてください。

子どもたちの笑顔のためにみんなで力を合わせましょう

PTAで行う活動は、子どもたちのために「○○をしてあげたい」という思いがあっても、会長一人の力では叶いません。

保護者や先生方のご支援がないと、PTAの活動を進めることができないため、みなさんのご協力を心よりお願いします。これはPTA活動を成功させるために非常に重要なことです。

 

挨拶文を書く際のポイント

PTAの広報誌に掲載するための文章を書くときには、特定の言葉や漢字の使用に注意が必要です。

例えば、「子供」ではなく「子ども」を使う、「~して下さい」ではなく「~してください」と表記することが好まれます。

このような指摘は、「供」がお祭りなどの贈り物を連想させ、「下さい」が下を思わせるためです。

文章を仕上げた後は、副校長やPTAの担当教員に一度見てもらい、公開前に確認を取ることが推奨されます。

 

【広報誌用】PTA会長からの挨拶文サンプル

これから実際に使えるサンプル文をいくつかお見せします。

個性的な挨拶文だけでなく、一般的に使われる典型的な挨拶文も紹介します。

【例文1】

PTA活動への継続的な理解とご支援に感謝します。

令和〇〇年度、PTA会長としての役割を担わせていただくことになりました、○○○○です。子どもたちの最善の利益を考え、全力を尽くしますので、皆様の温かいご支援をお願い致します。

PTAの主な目的は、家庭と学校が互いの責務を果たし、子どもたちが健全に育つための最適な環境を提供することです。

PTAへの参加は強制ではなく、皆様の個々の状況を尊重します。しかし、安全で楽しい学習環境を子どもたちに提供するという共通の目標は、すべての親にとって重要です。

この目標達成にはPTAの活動が不可欠です。○○小学校のPTAでは、皆様が無理なく参加できるような取り組みを行っています。皆様の小さなサポートが大きな助けになります。

事務局では、教員と協力し、皆様が参加しやすい、満足度の高い活動を実施することを目指しています。今後も変わらぬご支援とご協力をどうぞよろしくお願いします。

○○小学校 PTA会長 ○○○○

【文例2】

いつも○○小学校のPTA活動に温かな理解と支援をいただき、深く感謝しております。

このたび、PTA会長を務めることになりました○○○○と申します。前任の○○会長が築いた基盤の上で務めることになり、その責任の重さを感じております。

自分がこの重要な役割を果たせるかどうか、熟考しましたが、この役割を引き受けた以上、子どもたちのために精一杯努めることをお約束します。今後とも皆様のご支援とご協力を心からお願いいたします。

PTAの最終目的は、子どもたちがより良く成長できる環境を提供することです。

毎日元気に学校に通う○○小学校の子どもたちのためにも、PTA活動に対するご協力を引き続きお願いいたします。

今年度も、教職員や地域の皆様と手を取り合いながら、PTAの運営に取り組んでいきますので、ご支援のほど宜しくお願いします。

簡単ですが、就任の挨拶とさせていただきます。

○○小学校 PTA会長 ○○○○

【文例3】

冬の寒さが過ぎ去り、春の訪れと共に、○○山の木々と花々が生き生きとした緑を取り戻しています。

PTA活動への皆様の継続的な理解と支援に、深く感謝の意を表します。

先に行われた○○年度PTA総会で、すべての議案が賛成多数で通過し、新たな年度の活動が幕を開けました。引き続き、皆様と共に有意義な年にしていく所存です。

○○小学校の伝統に則り、6年生は学校を象徴する○○の花を育て、次世代である5年生に種を渡します。この行為を通して、新しい6年生は学校の代表者としての責任感を育み、下級生の手本となる存在へと成長していきます。

このような伝達は、○○小学校の特色ある○○活動にも見られ、世代を超えた経験と知識の伝承が行われています。

PTAの取り組みも、子どもたちに最良の環境を提供するという一貫した目的の下、新しい提案を取り入れ、進化し続けています。

本年度も、この価値ある継承を保ちながら、会員同士で意見を共有し、さらに充実した活動を目指します。この一年間、皆様のご支援とご協力を改めてお願いいたします。

○○小学校 PTA会長 ○○○○

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

紹介した文例には定型的なフレーズが含まれているかもしれませんが、この記事を参照しながら、ご自身の言葉で心からのメッセージを伝えてみてください。

皆様の今後の活動に心からの応援を送ります!

タイトルとURLをコピーしました