PR

運動会の閉会式でのPTA会長の挨拶|覚えておきたいキーポイント

小学校運動会

PTA会長を務める上で、初めて直面する大きな役割の一つが運動会での挨拶です。

「初めての大任、どう乗り切ればいい?」「挨拶で何を言ったらいいのかな?」と考えている方向けに、挨拶で大切にしたいポイントや注意すべきことを分かりやすく解説します。

さらに、文末では運動会の閉会式で使える挨拶のサンプルもご紹介しています。

– 運動会の閉会式で何を話したらいいか悩んでいる人
– 運動会での挨拶において注意したい点を知りたい人

という方のお役に立てになれば幸いです。

 

PTA会長としての初挨拶と留意点

PTA会長として迎える最初の課題は、運動会で挨拶を行うことからスタートします。

挨拶の準備はもちろんのこと、「特に注意してほしいこと」があるので、そのポイントを紹介します。

ステージ上がる前後での来賓・教職員・保護者への礼

学校によって来賓や教職員、保護者の位置は様々ですが、ステージに上がる前後には、彼らに対してきちんと礼をすることを忘れないでください。この一手間がとても重要です。

子どもたちへの挨拶前の礼儀

ステージに立ったら、話し始める前には子どもたちにも礼をします。PTA会長の動きを見て子どもたちもお辞儀を返すので、彼らが返しやすいように、適切なタイミングで行ってください。

挨拶を行う際には、以下のように丁寧に行動しましょう:

1. ステージに上がって、集中して子どもたちのほうを向きます。
2. まずは左足を軽く前に出します。
3. 次に、右足も前に進めます。
4. そこで一度、頭を垂れます。
5. そして、頭を持ち上げます。

この動作は、左足を出すところから始めて「一、二、三、四、五」と内心で数えながら、ゆっくりと実施してください。具体的には、「一」で左足を前に、「二」で右足を前に出し、「三」で頭を下げ、「四」でそのまま保持し、「五」で頭を上げるタイミングです。一度自分でこの流れを試してみることをお勧めします。

挨拶の最後には、子どもたちに向けて再びお辞儀をします。ここでの動作は、挨拶を始める前に行った前進の動作を逆にして後退するだけです。

すなわち、挨拶が終わった後は以下の手順で行動します:

1. 挨拶の終わりに、改めて子どもたちに注目し、「気をつけ」の姿勢をとります。
2. 次に、右足をわずかに後ろに引きます。
3. その後、左足も後ろに引きます。
4. 再度、頭を垂れます。
5. 最後に、頭を上げて終了します。

これらの手順を順に実行することで、礼儀をもって挨拶を行うことができます。

【重点】子どもたちへのあいさつ時は、予想以上にスローペースで

あいさつをするとき、特に注意したいのは話す速度を意識的に遅らせることです。通常の大人の会話速度は子どもたちには速すぎる傾向にあり、低学年の子どもたちにとってはさらに顕著です。

自分自身も初めてあいさつをした際には、遅めに話すことを心がけましたが、後に自分の子どもに聞いてみると「とても速かった」と言われました。

実際、自分が感じるよりもずっと遅く話すことが求められます。もし可能ならば、児童会長が練習中のあいさつのペースを観察することが最適なスピードの良い指標になります。

学芸会などで子どもたちが舞台で話す速度も参考にすると良いでしょう。

これらを体験することで、彼らがどの程度ゆっくり話しているかがわかるはずです。子どもたちはその速度に慣れているため、大人が通常話す速度は彼らにとって非常に早いと感じられます。

もう一度言いますが、あいさつの際は「ゆっくり話す」ことを意識することが重要です。ぜひこの点に注目してください。

 

運動会閉会式における挨拶のポイント

PTA会長による挨拶は、学校によって開会式か閉会式のどちらかで行われます。私の場合は閉会式で挨拶を行いました。この時、参加した子どもたちも保護者も大抵は疲労感でいっぱいです。

そこで重要になるのは、「短さ」と「ポイントを絞る」ことです。とくに、心から伝えたい内容は明確にすることが重要です。

挨拶に含めたい核心メッセージ

挨拶で中心となるメッセージをはっきりさせ、それを話の中心に据えましょう。

– みんなで力を合わせた経験
– 練習を通じた努力と競技への挑戦
– 仲間との絆の深化
– 勝敗を超えて得た教訓
– 応援する友達の素敵な姿勢

これらの点を称賛するテーマを設定した後、さらに以下のような内容を加えることで、挨拶が一層充実します。

– 来賓や地域の人々への感謝
– 教員への感謝の表明
– 運動会を支えた保護者への謝辞
– PTA関連の準備作業への感謝
– 天気や運動会の結果についての触れ合い

直接的にポイントを話すことができれば理想的ですが、原稿を用いても問題ありません。ただし、特に心から伝えたいテーマは、細部にわたって暗記する必要はなくとも、そのエッセンスをしっかりと伝えられるようにしてください。

実際に声に出して練習することが、自然で心温まる挨拶につながります。

 

運動会終了に際する挨拶文の例

運動会の閉会式でお伝えしたい挨拶の一例を紹介します。

【例文①】テーマ:共に努力し、達成感を分かち合った体験

○○小学校の皆さん、今日一日の素敵なパフォーマンスに感謝します。

今回の運動会で見事勝利を収めたのは▲▲組ですが、全てのグループが終始、一生懸命に競技に臨みました。

特に印象的だったのは、児童会長の言葉にあったように、大会当日だけではなく、練習期間中からも互いの成功を願い、お互いを支援し合い、共に目標に向かって頑張る姿勢でした。

運動会の幕を閉じますが、引き続きこの団結力を学校生活にも活かしていただければと思います。

参加してくださったご来賓、生徒たちの成長に貢献してくださった先生方、支えをくださった関係者全員、そして熱い応援を送り続けた保護者の皆さんに深く感謝します。今日の活躍がみんなの心に新たな力を与えてくれることを期待しています。

簡単ながら、挨拶を終わります。ご協力いただき、ありがとうございました。

【例文②】テーマ:努力と団結の価値「全力を尽くしたこと」「共に成長し結束を強めたこと」

皆さん、○○小学校の生徒のみなさん、ご挨拶申し上げます。

本日は、皆さんの一生懸命な取り組みにより、記憶に残る運動会を実現することができました。勝利を手にしたのは▲▲組ですが、■■組も健闘しました。

競技において勝敗はつきものですが、一番大切なのは全力を出し切ることです。これまでの練習で積み重ねた努力や、仲間と協力し合って築き上げた絆は、価値ある財産となるでしょう。今後の学校生活でも、運動会で得た経験を活かし、さらに仲間との結びつきを深めていくよう励んでください。

この運動会での素敵な一日を提供してくれたことに感謝します。

この場を借りて、ご来賓の方々、熱心に応援してくださった保護者の方々に感謝の意を表します。また、生徒たちの準備と指導にあたった先生方にも心からの感謝を申し上げます。保護者の一人として、深くお礼を申し上げます。

これにて私の挨拶を終わらせていただきます。ご参加いただき、誠にありがとうございました。

【例文③】テーマ:一致団結し、全力を尽くした体験

○○小学校の皆さん、本日展開された運動会でのご活躍に心より感謝申し上げます。競技が全て終了し、皆さんが見せる達成と喜びに満ちた表情は本当に心を打ちました。

競技においては、勝つこともあれば負けることもあります。一番になる人もいれば、そうでない人もいますが、努力の過程が最も価値があることです。今日の運動会では、皆さんが主役となり、終始一貫して心を一つにして取り組んだ姿が際立っていました。

全力で挑んだ皆さんの姿勢は私たちに多大な感動を提供してくれました。また、互いに助け合うことで見えてきたクラスや学年を超えた絆は、とても貴重なものです。今後も、その絆を大事にしながら、毎日の挑戦に積極的に取り組んでいってほしいと思います。

最後に、生徒たちの指導に尽力された校長先生や先生方、そして情熱的な応援で運動会を盛り上げてくださった保護者の皆様へ、心からの感謝を表します。この挨拶で感謝の気持ちを伝えさせていただきます。

今日は素晴らしい一日をありがとうございました。

【例文④】テーマ:「努力を尽くす心」「互いに成功を願い合う精神」「チームワークの大切さ」

○○小学校のみなさん、今日の運動会で見せてくれたパフォーマンスに心から感謝します。

全てのチームが練習の成果を見せ、団結して素晴らしい活躍をしてくれました。最後まであきらめない強い意志と、相手を思う優しさは、私たちにも大きな感動を与えてくれました。

運動会を通じて、みなさんが「一生懸命に取り組むことの価値」「努力する友達を心から応援すること」「目標に向かって仲間と協力すること」を深く理解したことでしょう。これらの経験を、これからの生活や学習に役立ててください。保護者としても、皆さんを全力でサポートします。

今日、熱心に応援してくださったご来賓と保護者の皆様へ、深く感謝いたします。そして、運動会を成功させるために尽力してくれた全ての方々に心からのお礼を申し上げます。

最後に、校長先生をはじめ、生徒たちの指導にあたった先生方のおかげで、子どもたちの素敵な成長を見守ることができました。引き続きのご支援とご指導を心よりお願いいたします。

改めまして、○○小学校の皆さん、本日はありがとうございました。

まとめとアドバイス

運動会挨拶のキーポイント
– 壇上に向かう前と後で、来賓や教職員、保護者には必ず敬意を表する一礼を
– 子どもたちへの挨拶に際しても、適切な礼儀を心がける(礼をする際のマナーを念頭に)
– 【最も重要】挨拶は聴き手にとって理解しやすいように、ゆっくりと話すこと
– 挨拶文には、伝えたいメッセージやテーマを明確に盛り込む
– 準備された挨拶例文を参考に、PTA会長として初めて迎える「運動会の挨拶」に臨む際の心構え

これらのポイントを踏まえ、運動会での挨拶に挑んでみてください!

 

タイトルとURLをコピーしました