そら豆のさやの食べ方って!?節約にもなって美味しく食べられる!?

毎日お料理を作っている主婦の方は特に、

食費を抑えながら美味しい物を作りたいと

メニューを献立していることでしょう。

そんな時に是非、見直してみて欲しいのが、

「本当はまだ食べられる物を捨てていないか」

というところです。

人参や大根の皮や、大根やカブの葉の部分を

捨てずに使っている家庭も多いですが、

実はあまり知られていませんが、そら豆のさやも

美味しく食べることが出来ます

ここからは実はあまり知られていないけど、

知っていないとかなり損をしてしまっている

 

「そら豆のさやについて」

「そら豆をさやを食べる前に確認しよう」

「そら豆のさやが美味しい時期」

「そら豆のさやを美味しく食べるレシピ」

この3点にポイントを置きながら紹介します。

スポンサーリンク

そら豆のさやを食べる前に、それ無農薬ですか!?

・そら豆のさやについて

そら豆のさやには、実は豆の部分よりも、

1.5倍も多い甘さ成分が含まれています。

更に、ポリフェノールは豆よりももっと多く、

さやの部分に11倍も含まれています。

ポリフェノールといえば、抗酸化作用があり、

アンチエイジング効果も期待できるので、

節約になり美味しいだけでなく嬉しい効果も

得られるなんてとても嬉しい食材です。

・そら豆のさやを食べる前に確認しよう

実はそら豆のさやは、どれを食べても

美味しいわけではなく、若くて、

新鮮でや無農薬で育ったものが

美味しいと言われています。

なぜなら、新鮮で若いそら豆のさやは

柔らかので食べやすく、そら豆好きの

方は、そら豆をさやごと揚げて食べたり

もされるそうですよ。

しかし、実際にスーパーなどで買う際に

これは若いそら豆なのか、新鮮なのか、

無農薬なのかなどわからない事も多い

ですよね。

次は、「そら豆の旬はいつなのか」

「どんなそら豆が新鮮なのか」

「さやが美味しい時期はいつなのか」

についてお話します。

そら豆のさやが美味しい時期

・そら豆の旬はいつなのか

一般的なそら豆とは豆の色が、黄緑や

緑の色をしていますよね。

これは実は、未熟豆と呼ばれます。

この未熟豆とのそら豆の旬は、

初夏で4月から6月頃です。

そら豆には他にも、完熟豆と呼ばれる

黒っぽい豆もあり、こちらは完熟して

から収穫し乾燥して使いますので、

収穫する時期は異なります。

完熟豆は主に煮豆にしたり、甘納豆に

したりするそうです。

・どんなそら豆が新鮮なのか

新鮮なそら豆は、さやの部分が緑色で

つやつやしているものです。

少し時期がすぎるとさやの部分に、

茶色や黒の筋や点々模様が入るように

なりますので確認してみて下さい。

また、さやに入ってるそら豆を実際に

持った時に、ずっしり重みを感じたり

これ詰まっているなと感じる物を、

是非お選び下さい。

無添加な野菜には、記載されている

ことが多いですが、生産者の名前が

書いてあり、道の駅だとかスーパーの中の

地域の方が販売しているコーナーのものは、

無添加な物が多いですので、

一度手にとって見てみてください。

また、さやから出して販売されて

いることもあります。

こちらの場合は、さやに入っている時

よりも劣化が早く、1〜2日位で変色

してしまいますので、早めに使いましょう。

さやが美味しい時期はいつなのか

そら豆のさやが美味しい時期は、

少し前に話したそら豆の旬の時期、

初夏である4月〜6月頃です。

この時期のそら豆のさやが緑色で、

つやつやしていて、黒い筋や模様が

入っていない、もしくは少ない物が

美味しいそら豆のさやです。

最後に、このそら豆のさやを使った

美味しく食べることができるレシピを

ご紹介していきますね!!

スポンサーリンク

そら豆のさやを美味しく食べるレシピ

そら豆に含まれている栄養素は水溶性

なので、調理をする際には焼いたり、

炒めたりするのがオススメです。

・そら豆をさやごと食べる場合には、

そら豆をさやごとグリルで焼いたり、

油で揚げたり、ガーリック炒めにして

食べる方が多いです。

何より、調理が簡単で更に美味しい

なんてとても嬉しいですよね‼

・そら豆のさやだけを食べる場合

この記事を読み、「捨てるとこだった」

と、これから料理をしようと思っている

そんな場合には、是非ハンバーグのタネ

をさやに詰めてフライパンで焼くのが、

美味しいのでオススメです。

少しだけさやの部分にも塩コショウを

ふるっておくなど、下味をつけるとより

美味しく仕上がるかもしれません!!

是非試してみてください!!

まとめ

栄養たっぷりで、さらに美味しい

そら豆のさやですが、美味しい時期は

旬の4月から6月ごろです。

更に新鮮なそら豆のさやは、緑色で

つやつやしていて、茶色や黒などの

筋や点々模様が入っていなくて、

ずっしり重みがあり詰まっているもの

であると言えます。

水溶性の成分が含まれているので、

茹でるよりも是非、出てきた汁気まで

一緒に食べることができるように、

グリルでまるごと焼いたり、

まるごと素揚げをしたり、

フライパンで炒め物にしたりして

食べることをオススメします。

さやだけを食べたい場合には、

肉詰めをすると、美味しく簡単に

作ることができますよ!!

是非ご家庭でも試してみて下さい。




スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする