初節句のお祝いの食事会場からメニュー当日の手土産まで全部解決!

人生の中には「初めて」の瞬間が

たくさんありますよね!

特に、大人になると初めての妊娠、

出産、育児に悩みながらも毎日、

家事に育児に奮闘していらっしゃる方も

多いと思います。

その中でも、特に悩んでしまう方が

多いのは、「お祝い事」を

どのようにしたら良いのか

と言うことだと思います!

赤ちゃんのお祝い事には、

お宮参りやお食い初めや

初節句などがあり、

せっかくのお祝いだし、

おじいちゃんおばあちゃんも呼んで

みんなでご飯でも食べながら

和やかにお祝いしたいなー!

と考える家庭も多いと思います。

実際に私も子供の初節句の時に、

家族での食事会を思いついた一人でした。

食事会したら楽しそうだよね!

するか!!と夫婦で軽い気持ちで

決めたはいいものの、

そもそも、食事会を行うような

会場までの距離は!?

料理の金額は!?

どのようなメニューがいいの!?

食事前の挨拶は?手土産は?など

判断が難しいことばかりで、

とにかく悩みました。

あの時の私と同じような悩みを

持っている方も、実は

たくさんいるんじゃないでしょうか?

私と似たような悩みを抱いたあなたに

是非知って欲しい!!

実際に私が、

初節句の食事会をするにあたって

知りたかった事、

知る事ができて役に立った事、

についてお話させて頂きますね!

スポンサーリンク

初節句のお祝いの食事会の場所は両家どちらに近い方がいいの?

おじいちゃんおばあちゃんと

離れて暮らしている家庭も多く、

普段、なかなか会う機会の少ない方も

多いと思いますが、

子供の成長を喜び、そしてこれからの

健やかな成長を願うのは、

両親はもちろん、

両家のおじいちゃんおばあちゃんも同じ

気持ちであると言えます。

そんなおじいちゃん、

おばあちゃんにとって、

普段なかなか会えないからこそ

「お祝い事」などで、「孫」と自然に

関わることができることは

かなり嬉しい事だと思います!

・両家からの距離は?会場選びのポイントは?

開催する場所について、

とても悩んでしまいますよね。

距離について、

正解や決まりはないと思います。

例えば遠方に住んでいる

おじいちゃんおばあちゃんなら、

どこかの旅館やホテルで

一泊して帰ってもらうような計画

立てたほうが、喜ばれるかもしれませんし、

遠距離の移動が厳しい

おじいちゃんおばあちゃんでしたら、

県外になるかもしれませんが、

足の運びやすい場所を選ぶ

良いかと思います。

両家からの距離について、

気になるようでしたら一度さり気なく、

両家のおじいちゃんおばあちゃんに

聞いてみるのも手段の一つです!

また、初節句などの家族でのお祝い事の際の

会場は、個室や座敷のあるお店が人気です!

子供が小さいと

お座敷が安心ですのでオススメです!

マナーなどについて、

おじいちゃんおばあちゃんも

知らない時期があったわけですから、

アドバイスをしてくれたり、

親身に相談に乗ってくれるかもしれません!

・メニューは!?金額の目安は!?

節句のお祝いですので、

お子さんが男の子なら、

「鯛」や「海老」

女の子なら

「ちらし寿司」や「ハマグリ」

並ぶメニューを選ばれる方が多いそうです。

また、その他には「お祝い事」の定番の、

赤飯やお吸い物、

刺し身などが並んでも良いかと思います!

金額は、特に高いコースを選ぶ必要はなく、

食事会が夜なのか昼なのかで

違う場合もありますが、平均的に一人が

5000〜10000円位の金額のコース

選ばれる方が多いそうですよ!

メニューで悩んだ際は、

産後お子さんが小さく

外食する機会が少なくなる場合も多いので、

お母さんの食べたいメニューを

重視するのもありだと思います!

そして、初節句のお子さんや

兄弟などのメニューも、食べられそうな、

喜びそうなメニューにしてあげると、

より楽しい食事会となると思います!

何よりも大事なのは、

「楽しい雰囲気」

を作る事だと思いますので、

家族で相談しながらそれぞれの家庭毎に、

みんなが満足の出来る食事会とは

何かをイメージすると

決めやすいかもしれません!

・食事前に挨拶は?!

わざわざ集まって頂いた食事会の席です。

挨拶はしたほうが良いでしょう。

ですが、そこまで堅苦しい話しをする

必要はありません。

・食事会に来てくれた感謝

・お祝いの品などを頂いた感謝

(頂いたお金で飾り物を購入したらその報告も)

・みんなのお陰でここまで子が

成長できたことへの感謝 など

自分の話しやすい言葉で、

伝えたい素直な気持ちを

挨拶として話すと気持ちが伝わって

良いと思います。

・手土産は!?

意外と忘れがちな「手土産」。

必須ではありませんが、

マナーとしては用意して

おいたほうが良いものとなっております。

恥ずかしながら実は、

私は準備を忘れていた為、

食事会の途中で抜けて、急いで購入しました。

気持ちよく会を終える為にも、

是非用意しておいたほうが良いと思います!

初節句の手土産で人気なのは、

「桜餅」「柏餅」「紅白饅頭」で、

よく選ばれるのだそうです!

また、購入の際に悩んだら

一度お店の方に相談すると、

のし等についても教えてくれますよ!

また、旅館やホテルなどで

食事会をする際には、手土産を

準備してくれている場合がありますので、

予め確認しておくと良いでしょう。

スポンサーリンク

初節句のお祝いの食事会の服装に迷ったら!

「よし!会場もメニューも挨拶も手土産もOK!」

…だけど、

あれ?服装はスーツがいいのかな?

子供は?、と

お悩みではありませんか?

そんな気になる服装についてですが、

「絶対これじゃないといけない!」

というルールはありません。

ですが、あえて言うなら

ジーンズやスニーカーなどのラフな格好は避け、

「その場に適した服装」で参加するようにしましょう。

・初節句の子供の服装

また、子供の服装をこだわりたいけど

オムツ交換が楽な物を選びたい方に

オススメなのが、袴風カバーオール

着物風ロンパースです。

乳児服でよくある

ロンパースタイプですので、

帯や着崩れなどの心配もなく、

おむつ交換も楽チンですので

かなりおすすめです!!

また、男の子だったら

金太郎の衣装兜人形

女の子だったら

ピンク系のドレスを選ばれる方もいて、

わざわざ購入しなくても

レンタルすることもできるので

お考えの方は一度調べてみてください。

・両親の服装

主役は子供なので、

親が子供より目立つ格好と

ならないように気をつけましょう。

また、夫婦の服装の格が異なると

それもいけませんので

それも意識するようにしましょう。

父親の服装

カジュアルな物を架避けた、

ダーク系のスーツが一般的です。

アクセサリーは指輪のみで、

ネクタイはお洒落なものもOKです!

スーツ姿のお父さんが多いですが、

袴姿もOKですよ

母親の服装

スーツ、ワンピース、

着物が一般的です。

しかし、スーツ姿でしたら

パンツ姿や丈の短いスカートを避けて、

ストッキングを履くなど

生足を出さないようにし、

清楚感を損なわないようにしましょう。

スポンサーリンク

まとめ

たくさんの考慮ポイントはありますが、

そんなに難しいことではなくと思います。

「どうしよう」と悩んだ際には夫婦で抱え込まず、

一度身の回りの方に相談してみて下さい。

きっと力になってくれるはずです!

みんなが楽しい食事会となれば、

「大成功」だと思います!

お子さんの人生でたった一度の

「初節句」!!

大変だと思いますが、

どうか楽しんでください!

参考になりましたら幸いです。

生後5か月の赤ちゃんを結婚式で義母に預けるときの注意点は?

お宮参りに家族のみで行っても大丈夫!?本来ならどうしてる!?

ワンオペ育児のお風呂は戦場!油断禁物!




スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする