会社バーベキューの挨拶特集!幹事の挨拶から乾杯する人の挨拶まで!

集まったみんなで

わいわい盛り上がるバーベキューは

とても楽しいイベントですよね。

会社の懇親会として

バーベキューを開催する職場も

珍しくないと思います。

上司や同僚、後輩との親睦を

さらに深めるにはぴったりの催し物ですよね。

会社で宴会やバーベキューを開催する場合、

幹事や司会の存在が必要です。

幹事に選ばれたり、

挨拶を任されたりして何を話せばいいのか

悩んだ経験がある人も多いのではないでしょうか。

話す内容や挨拶のマナーなど

気になることがいろいろありますよね。

楽しいバーベキューを成功させるためにも

場を盛り上げる「挨拶」は重要です。

この記事では、

スムーズに挨拶をするための

具体的な例文やポイントをまとめてみました。

会社で開催するバーベキューで

挨拶を任された方、

ぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

<基本的なあいさつの流れ(例)>

1、幹事の挨拶

最初に幹事が挨拶を行います。

2、開会の挨拶

司会役がバーベキューの開始を伝えます。

3、始めの挨拶

参加者の中で1番偉い人にお願いします。

4、乾杯の挨拶

上司や幹事など乾杯の音頭をとる人は

会社によってさまざまです。

5、締めの挨拶

タイミングを見て参加者に閉会を伝えます。

具体的な進め方の一例です。

会社や参加者によって流れや

挨拶をする人が違ってくると思いますので、

上司に確認しておくと良いですね。

バーベキューの幹事の挨拶一例

まずは集まった参加者へお礼を伝えます。

軽く自己紹介を入れ、

バーベキューの趣旨や目的を伝えます。

<例>

「皆様、本日はお忙しい中

当社のバーベキューにお集まり頂き

ありがとうございます。

今回幹事を務めさせていただきます○○です。

このバーベキューを通して

楽しい時間を過ごして頂ければと考えております。

一緒に盛り上がりさらに親睦を深めましょう。

美味しい食材を用意しましたので、

お腹いっぱい食べて

心ゆくまでお楽しみください。」

参加者が集まったばかりの会場には

まだ緊張感がありますので、

挨拶をする際には楽しい話を

盛り込むと場が和みやすくなります。

気を付けたいポイントは

長く挨拶しすぎないことです

この時点ではまだ食べ物に

手を付けられないので、

早く食べたり飲んだりしたい

と思っている参加者が多いはずです。

挨拶が長引くと参加者のテンションが

下がってしまう可能性がありますから

手短に挨拶を済ませることをおすすめします。

スポンサーリンク

バーベキューの開会の挨拶一例

司会者も軽く自己紹介を行い、

バーベキューの開会を宣言します。

参加者は料理を楽しみに待っていますので、

ここでも手短に挨拶を行いましょう。

<例>

「本日の司会進行を担当させていただきます

○○です。最後までお付き合い

よろしくお願いします。それでは皆様、

大変お待たせいたしました。

これよりバーベキューを始めたいと思います。

開催にあたりまして、

まずは○○社長よりご挨拶をいただきます。」

挨拶が終わったら、

はじめの挨拶をしてくれる人を紹介します。

はじめの挨拶はその職場で最も

偉い人にお任せすることが一般的です。

バーベキューの乾杯の挨拶一例

はじめの挨拶を終えたら次は

乾杯に続きます。乾杯の音頭は、

バーベキューに参加している社員の中で

3番目に偉い人に依頼されることが多いです。

しっかり盛り上げたい場面なので、

若い社員に乾杯の挨拶を依頼する場合もあるようです。

<例>

「ご指名いただきました、○○です。

僭越ながら乾杯の音頭を

とらせていただきたいと思います。

皆様も飲み物を手にとっていただき、

ご唱和ください。皆様のご健勝と

当社のさらなる発展を祈願致しまして、

乾杯!」

乾杯の挨拶をするとき、

緊張しているかと思いますが

一呼吸置いて会場を見回してみてください。

参加者全員が飲み物を手にしているかを

確認してから乾杯の合図を行いましょう。

全員の「乾杯」という掛け声を

合わせることが大切です。

バーベキューの締めの挨拶一例

終了時刻が近づいてきたら参加者に声を掛け、

本日のお礼や二次会の案内を告げます。

バーベキューで賑わっている参加者全員に

きちんと聞こえるように

はっきりとした口調で声を掛けてください。

<例>

「さてみなさん、

盛り上がってきたところですが

そろそろ終了のお時間が近づいて参りました。

名残惜しいですが一旦お開きに

させていただきたいと思います。

本日はお忙しい中バーベキューに

参加して頂きましてありがとうございました。

お楽しみいただけましたでしょうか。

最後は一本締めで締めくくりたいと思います。」

手締めを行う際は

「一本締め」と「一丁締め」の違いを

きちんと確認しておいてくださいね。

乾杯と同様にタイミングを合わせることが

とても重要です。

一本締め:三本締めを省略し、

1回だけにしたものです。

一丁締め:掛け声のあとに全員で

1回だけ手を叩いて締めます。

スポンサーリンク

まとめ

挨拶の例文をそれぞれ挙げてみました。

どのような挨拶をするか

良い考えが浮かびましたか?

挨拶を成功させて

さらに盛り上がるバーベキューになると良いですね。




スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする