楽々!家事を手抜する方法で自分の時間も作れちゃう!

仕事に家事、育児。

毎日お疲れ様です。

日本のお母さんは、家事、育児、介護とこなす

頑張り屋さんが多いようです。

でも、毎日家事を完璧にこなそうとして

くたびれていませんか?

たまには

「手抜き」して自分の時間を作りませんか?

この「手抜き」とは、

掃除をさぼることではありません。

どういう事でしょうか?

気になりますよね。

ではどういう事なのか見て行きましょう。

家事の手抜き、その本当の意味とは何?

スポンサーリンク

先にも書きましたように、

家事の手抜きとは

掃除をさぼることではありません。

真面目なお母さんは

「さぼる」ことに罪悪感を感じます。

上手にポイントを絞った掃除をして、

無駄を無くし、

自分の時間を生み出そうと言う意味です。

ですので、罪悪感を感じることなく

気楽に取り組んで頂きたいですね。

では具体的にはどうすればいいのでしょうか?

家事を手抜きするコツとは?

家事をソツ無くこなすことは難しいです。

家事は切りがありません。

完璧にしようとするととても時間が足りない。

なので、ポイントを絞って家事をしましょう。

ポイントは人によって

気になる場所が違うかもしれません。

なので、ここでは

一般的に気になる場所を上げてみます。

毎日掃除したい3ヶ所とは?

掃除を毎日したい場所は

大きく分けて3ヶ所です。

トイレと玄関、台所のシンク。

この3ヶ所は出来る限り掃除しましょう。

トイレ

トイレは毎日使う場所であり、

尿ハネや臭いが気になる場所なので

毎日掃除したいものです。

毎日掃除しないと尿ハネ、黄ばみ、

黒いカビで掃除が大変になってしまいます。

臭いも酷くなります。

トイレなら使用後、

出る前にざっとトイレ用洗剤スプレーをかけて

ブラシをかけて置きます。

使い捨てシートなどを使用して拭きます。

あとは、もう一度、

スプレーを撒いておきましょう。

ちょっとしたことですが、

このぐらいなら日課に出来るので楽です。

そしてトイレは家族にも協力してもらい、

トイレ用スプレーなどを

撒いておいてもらうといいですね。

トイレ掃除を嫌がる家族も

スプレーぐらいはしてくれるでしょう。

玄関

玄関は家族が毎日出入りする場所です。

風水では「気を招きいれる」

とも言われています。

玄関が汚れていると良い運が入って来ない、

逃げていくとも

聞いたことがある方も多いでしょう。

毎日キレイにして置きたい場所ですね。

毎日水を流して掃除をするに

越したことはありませんがそれはとてもできない。

そういう方もいらっしゃいます。

そんな方は埃だけ取るだけでも

良しとしましょう。

余裕がある方は

玄関の引き戸もキレイに拭いて置くと

いいですね。

完璧にしなくてもいいと

自分を楽にしてあげましょう。

靴をどけての本格的な掃除は

時間がある時にすればいいです。

台所のシンク

つい食器を溜めがちなシンク、

食器が沢山あると

掃除もしにくくなります。

その結果、白い水垢がこびりつき

掃除が困難になってしまいます。

食器洗いを楽にするにはなどは、

ティッシュや使い古しのタオルなどで

汚れを拭き取って置くと、

洗うのが楽になります。

洗ったらクエン酸や重曹を用いて

キレイにしておくことです。

油汚れには重曹やセスキ炭酸ソーダ

白い水垢などにはクエン酸

それぞれの効果を発揮します。

掃除を楽にするにはシンクには

タワシやスポンジ以外は

何も置かないようにして下さいね。

3角カゴに関しては

個人の考えがありますので、

意見は差し控えます。

覚えておくと便利、

  排水口を塞いで水を溜める方法。

排水口を防ぐには、フタがあると便利です。

シリコン製のフタも役に立つでしょう。

そういうものが無い場合は、

ビニール袋や古タオルなどで

排水口を防ぐ方法があります。

排水口を防いで水をため、

水垢などを一気に流し落としてしまいます。

ゴシゴシする必要はありません。

汚れに応じて重曹クエン酸

セスキ炭酸ソーダを使い分けて下さい。

今日は油汚れが多いと言う時は、

重曹やセスキ炭酸ソーダ。

水垢にはクエン酸が役に立ちます。

余計なものを置いていない方が

楽に掃除が出来ますね。

まとめ

以上の様に

掃除の手抜き方法について述べて来ました。

トイレ、玄関、台所この3ヶ所には、

昔から神様がいると伝えられています。

特にトイレは

女性の神様がいると言われていますよね。

迷信を信じるか否かは自由ですが、

心に留めておいて欲しいですね。

さて、ここに書いている掃除方法は

筆者が自分でやってみて

役に立った方法です。

家庭によって汚れる場所は違います。

スポーツをする家族がいる家庭では、

お風呂場や洗濯機などが良く汚れるでしょう。

頻繁にお客様が出入りするようなご家庭では

玄関や応接間、

トイレの汚れが気になると思います。

その場所の掃除を毎日の日課にしましょう。

それ以外の場所については、

今日はここをキレイにしよう

と決めて重点的に掃除なさってください。

こういう日々のちょっとした工夫が

年末の大掃除を楽にしてくれます。

年末に掃除で疲れていては、

せっかくのご馳走を作る元気が無くなる

人もいるでしょう。

年末の大掃除、筆者は台所、

トイレ、玄関ぐらいにしています。

自分のこだわりがある場所だけをキレイにする。

まずそれから初めて見て下さい。

「手抜き」とさぼるとは違う。

その意味をお伝え出来ていれば幸いです。




スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする