梅シロップに酢は入れるか入れないか?発酵防止にいいのはどっち?

5月下旬から6月ごろになると

青梅の収穫時期になり、店頭でも

よく見かけるようになりますよね。

もうすぐ始まる暑い夏に向けて

さっぱりと美味しい梅シロップを

ご自宅で作る方も多いのではないでしょうか。

青梅と氷砂糖があれば意外と

簡単にできてしまう梅シロップ。

我が家でもこの時期になると毎年恒例の

梅シロップづくりが始まります。

出来上がるまで毎日瓶を転がしながら

「早く完成しないかなー」

と楽しみになりますよね。

ところでみなさんは梅シロップに

「酢」を入れると良い、

という話を聞いたことがありますか?

すでにご存じで実践されている方も

いらっしゃると思います。

酢といえば健康に良さそう、

とか食品が腐りにくくなるという

イメージがありますよね。

梅シロップに酢?どうして?

と思った方はぜひこの記事を

読み進めてください。

梅シロップに酢を入れると

どんな良いことがあるのか、

まとめてみました。

スポンサーリンク

梅シロップを作るときに酢を使うと賞味期限が伸びる?

梅シロップに酢を入れる大きなメリット

完成した梅シロップを長持ちさせることです。

では実際にどのくらい効果があるのか、

酢を入れず普段通りに作った場合と

酢を入れた場合を比較して説明します。

普段通りに作った場合と酢を入れた場合を比較してみると?

そもそも梅シロップを美味しく

安全に飲める保存期間は

どのくらいなのでしょうか?

ご自分で作ったものだと

賞味期限がよく分からない、

という人もいらっしゃると思います。

青梅を氷砂糖に漬け込み、

適宜梅と砂糖を混ぜながら

7~10日間ほど待つと

美味しい梅シロップが完成します。

梅を取り出したあと梅シロップにしっかり

火を通すことで酢を使わない場合でも

長期保存が可能になります。

十分に加熱殺菌した梅シロップは

直射日光の当たらない場所へ

置いておけば常温保存が可能です。

しっかり密閉された瓶が

開封されていない状態では半年から

1年ほどの保存期間となります。

ただし開封した場合は空気が

入ってしまうので1か月ほどを

目安に使い切ったほうが良いですね。

普段通りに作っても

結構長く保存できそうです。

1年も保存できれば充分梅シロップを

堪能できますよね。ここで酢を使うと

さらに賞味期限が伸びる!

ということですが、

どのくらい持つのでしょうか。

酢を加えた梅シロップは暑い夏に

常温保存しても、なんと約1年以上

保存が可能となるようです。

つまり去年の梅シロップでも

美味しく飲めるということですよね。

酢を入れて作った場合、

賞味期限がたっぷりあるので安心して

梅シロップを飲むことができます。

また酢を入れた梅シロップは

食中毒を防ぐ効果もあります。

夏場にこそ飲みたい梅シロップには

ぴったりの利点ですよね。

1年以上保存できるといっても、

出来上がった美味しい梅シロップは

夏が終わる前には飲み終わっているかも

しれませんね。我が家でも暑い夏に

ぴったりの梅シロップは

2か月ほどで無くなってしまいます。

スポンサーリンク

梅シロップに酢を使うとこんな効能がある

どうして梅シロップに酢を入れると

賞味期限が伸びるの?

本当に根拠があるの?

気になりますよね。

酢を使うと良い理由は

「発酵防止」効果です。

酢には殺菌、防腐効果がありますので

カビや雑菌の発生を抑えてくれます。

だから賞味期限が伸びるのです。

ちなみに酢を使った場合

梅シロップが出来上がるまで

約1か月かかるようです。

完成まで時間がかかる、

つまり酢の発酵防止効果が

しっかり発揮されている

ということがわかりますね。

賞味期限も重要ですが、

「カビの発生を防止」これも

すごいメリットだと思いませんか?

梅シロップは発酵すると白いカビが

生えてしまうことがありますよね。

梅シロップを作ったことがある人であれば

一度は経験したことがあるのでは

ないでしょうか。

カビが生えても正しく処理をすれば

食べられるようになるみたいですが、

食べても大丈夫なの?

ってちょっと心配になりますよね。

酢を使えば、白カビが発生して梅が真っ白に!

といた悲惨な状態を防いでくれるのです。

梅シロップづくりで起こりやすい

トラブルまで解決してくれるなんて

感動しますよね。

酢のチカラ恐るべし。

こんな効果があるならばぜひ

酢を使って梅シロップを作ってみたい

と思いませんか?

作り方は難しいものではないですよ、

簡単にできます。

スポンサーリンク

梅シロップに酢を入れて作る方法

酢を使った梅シロップの作り方を

ご説明しますね。

いつもどおりに梅と砂糖を交互に

重ねて瓶に入れた後、最後に酢を投入

あとは普段と同じように完成を待つ。

たったこれだけで良いのです。

分量は青梅1㎏に対して

酢を約200ml使用します。

酢が多すぎるように感じますが、

作ってみると酢の風味は消えてしまうため

味はほとんど変わらないですよ。

使用する酢の種類はリンゴ酢でも

黒酢でもお好きな酢を使ってOKです。

まとめ

酢を加えるだけという

簡単なひと手間で、長く保存ができる

梅シロップを作ることができます。

酢を入れて作ったことがない、

という人もこれはぜひ

やってみる価値があります。

一度試してみてはいかがでしょうか。

本当にすごいお酢のパワーを

ぜひ実感してみてください。




スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする