辛すぎる!フルタイムでワンオペ、気持ちの切り替えどうしてる?

女性の中にも育児に幸せを見出せる人もいれば、

子どもから離れたい。

仕事に生きがいを感じる。

収入が足りない。

色んな事情で働いている女性の皆さま、

お疲れ様です。

でも、

フルタイムで責任の重い仕事をしている貴女。

帰宅しても家事と育児が待っていますよね。

二人でやっていても大変なのが育児です。

それを一人でなんて絶対に無理。

体が続かない。

辛い。

女性を取り巻く環境は厳しいと実感します。

この記事は、フルタイム、ワンオペ育児をされている

アナタの気持ちの切り替え方について

考えました。

家事も育児も主婦の仕事?

スポンサーリンク

日本の男性は古代より亭主関白が良しとされ、

妻を大事にしていたわったりすると

「尻に敷かれている」と言われたりします。

それに家の用事は全部妻の仕事だと、

この時代になっても

勘違いなさっている男性がいかに多い事でしょう。

収入の差があるから、家事は妻の仕事。

育児も妻の仕事。

そういうご主人をお持ちのアナタ、

辛い気持ちお察しします。

フルタイム、ワンオペ育児には限界がある。

フルタイムでワンオペ育児、

想像を絶する大変さでしょう。

専業主婦と兼業主婦を経験した私には、

どちらの大変さも良~く分かります。

疲れて帰って来ても、料理しなくちゃいけない。

洗濯もしなくちゃいけない。

あれもこれも、やらないといけない事は沢山。

気はあせるばかり。

良い妻、良い母でいよう

と思っているアナタ、

もう、その考え方やめませんか?

良妻賢母でいようとすると辛くなる一方です。

一時保育、ベビーシッターを活用しよう

フルタイムで働いていてどうにもならない。

疲れが溜まっている。

フルタイムでも夫がいる人もいれば、

シングルの人もいるでしょう。

夫がいても、いなくても育児は大変です。

まだ、夫がいれば精神的に安心できる部分もあるでしょう。

家事も育児も一手に引き受け、限界を感じているアナタ。

辛かったら、

「助けて」そう声を上げてはいかがですか?

何もかも一手に引き受けて疲れが溜まっている。

堪らないほど疲れていたら、

休日保育を出来る園を探して

預ける事も出来ますし、

地域には潜在保育士が沢山います。

保育ママにお願いするなりして、

自分一人で育児を抱えこまないで下さい。

一時保育やプレ幼稚園、

地域では子育てを応援してくれています。

一時保育、抵抗があるかもしれません。

育児は母親で或る自分が行うのが当然、

一時保育は育児放棄ではないのか?

真面目な人ほど自分を責めますが、

決して育児放棄ではありません。

辛い時は助けてもらって構わないのですよ。

一時保育の保育士さんの中には

敢えて一時保育を担当なさっている方もいます。

また、自分以外の人の育児方法、

知らない場所もご存知です。

自分一人の保育よりも、視野が広がる事もあります。

子どもにも日常とは違う環境を味わう事も必要です。

作り置きの料理や、時短料理に抵抗を感じる。

真面目過ぎるぐらい真面目です。

作り置きだって手作りですよね。

たまにはケータリングもいいのではないですか?

何もかも自分がしないといけない。

そのような考えは、

自分で自分を苦しめていることになります。

人間ですので、何もかも完璧には出来ません。

良妻賢母でいようとしないで下さい。

出来る範囲やればいい。

そう考え方を変えると自分が楽になります。

そしてたまには腹を割ってご主人と話し合って見ましょう。

食事がすんで、食器も運んでくれない夫。

食べたらゴロン。

疲れてるのは解るけど・・・・

洗濯ものも裏返ったまま、脱いだ形のまま。

正直うんざりします。

注意はしたい。

でも。

これ、結構言いにくいものです。

機嫌を損ねるのでは無いか?

筆者も悩んだ一人です。

でも!

意を決して思い切って言ってみると、

悩んだことがウソみたい、

快くやってくれましたよ。

不満を溜めるばかりでは無く、

言い方を考えながら

頼んでみましょう。

文句だらだらに言わないで、

こうしてくれたら嬉しい。

そういうニュアンスを持ちながら

言いたい事を言ってしまうのです。

夫の方も何かしたいけど、

自分が何をどうしたらいいのかわからない。

そういう人も多いようです。

こちらから言う方が手伝いやすいのかもしれません。

そして希望を聞き入れてくれたら、

お茶でもお酒の一杯でも

サービスしましょう。

「ありがとう、助かったわ」

の一言を添えてね。

この一言が彼の心にド~ンと響きます。

まとめ

私は一人、孤独感にさいなまされている

アナタに伝えたいポイントは。

アナタは決して一人ではないと言う事です。

地域、近所。兄弟姉妹。

手を貸したい。助けてあげたいけど

声のかけ方がわからない。

そんな優しい人が沢山います。

筆者もそんな一人です。

良~く回りを見回して下さい。

冷たい視線ばかりではありません。

温かい目で見守っている人はいます。

どこかに力強い味方がいます。

辛い育児を乗り越えるために、

思い切って声を上げて見て下さいね。

自分で何もかも抱え込まないで、

人を頼っても構わない。

それは育児放棄でも道楽でもない

そう思って心を落ち着かせ、

元気なママでいて下さいね。




スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする