しだれ桜の盆栽って渋いのにカワイイ!育て方もかわいい!?

盆栽と聞くと何だか難しい、

年輩の方の趣味。

そんなイメージがあるかもしれませんが、

決してそんな事はありません。

老若男女関係なく楽しめます。

これからしだれ桜の盆栽を

始めようとしているアナタ、

周りと差が付く粋で素敵な趣味です。

自宅でキレイな桜を眺めるなんて

何て幸せでしょう。

毎日が楽しくなりそうです。

それでは、育て方、虫対策、

剪定の方法を見て行きましょう。

スポンサーリンク

必要な道具を揃えよう

盆栽を始めてみたいけど、

何を用意したら良く解らない。

そんな人も多いでしょう。

盆栽どころかガーデニングも初めて

と言う方、そんな超初心者向きには、

盆栽キットがお薦めです。

植木鉢、苗木、肥料、土、剪定ばさみ、

育て方の説明書まで揃っているので

気楽に始められそうですね。

手入れ方法は?

1・植える時期―11月~12月の始め頃、

2月~3月に植えます。

極端に寒い時期を外して植えて下さい

2・最適な土―排水性がありながら

水を保つ土が合います。

赤土や日向土、鹿沼土の中粒程度の

土を使用しましょう。

3・水やりは、サクラは水を好むので

1日に1~2回。土の表面が乾いてきたら

やるようにします。水分不足、

水のやり過ぎて根腐れを起こさないようにして下さい。

4・日当たりと風通しの良い所で育てて下さいね。

5・肥料は咲く前に一回

花を落とした後で次に備える意味で

撒いておきます

スポンサーリンク

しだれ桜の虫対策はどうしたらいい?

虫が苦手でも避けられない虫の駆除。

桜も虫が付きやすい植物です。

盆栽で育てる桜は虫害に遭い易く、

多量に発生すると盆栽が

ダメになってしまうこともありますので、

早め早めの対策が必要です。

初夏から初秋にかけては、

年2~3回発生するのが

アメリカシロヒトリ、夏の暑い時期には

イラガが発生します。

また、9月頃にはモンクロシャチホコが

発生する他、樹幹にもぐって

内部を食い荒らしてしまうコスカシバなど

多数の害虫が発生するので、

殺虫剤を撒くなどの対処が必要になって来ます。

落葉後の枝がはっきり見える時に

濃い目の殺虫剤を撒いておきましょう。

食用では無いので、しっかり殺虫剤を

撒いておいても大丈夫です。

ペットがいる場合は

一時的に避難させておきましょう。

枝に虫がいる場合は

枝からこすり落としておきます。

虫退治はまめにして

桜を虫害から守って下さいね。

スポンサーリンク

しだれ桜をきれいに剪定!このコツを押えれば大丈夫

植物を育てるのに必要な剪定。

素人には難しい作業ですね。

誤って切ってしまうと

全体のバランスを悪くしたり、

花付きを悪くしてしまいます。

しだれ桜をきれいに剪定するには

ちょっとしたコツがあります。

剪定のコツ

剪定は芽が出る前に

伸びすぎた枝などを落としておきます。

桜は葉っぱが多く生い茂っている間は

決して切ってはいけません。

沢山葉っぱがあるから大丈夫だと

切ってしまいがちです。

でもそれはダメです。

切った所から枯れ始めてしまいますので、

沢山葉っぱがあっても

全て落葉するまでガマンして下さいね。

切口には保護剤(キニヌール)を

塗って置きましょう。

腐朽菌による木の病気や腐れから

樹木を守ります。

盆栽用にはペンタイプの保護剤も

ありますので、必要に応じて使い分けて

くださいね。

この時期を過ぎ、11月から2月になると

次の開花に供えて木も準備を始めますので、

この頃に剪定を始めましょう

枝と枝の空間を十分に取り、

枝同士がくっつかないようにします。

不要な根や枝は思い切って切ってしまいましょう。

しだれ桜は下へ垂れ下がる性質を

持っていますので、その性質を生かすために

上に伸びている枝を残して形を

整えながら剪定しましょう。

残した枝は、最初は

上に伸びているのですが、

下がる性質があるので、

徐々に下がって来ます。

しだれ桜は枝の維持が難しいので、

こまめに芽摘みや剪定をすることが必要です。

豆に世話が出来る人が

しだれ桜の盆栽に向いていると言えるでしょう。

【寒さ対策はどうする】

桜が落葉した段階では、

まだまだ固いですがつぼみを持っています。

すっかり葉を落とした近所の桜の木も

沢山のつぼみを持っています。

桜は寒さには強いのですが、

霜がついたりしたら、保護して下さい。

家の中に入れるだけでもいいです。

根を凍らせないようにして下さいね。

スポンサーリンク

まとめ

桜の虫対策、剪定方法について

以上のように述べて来ました。

しだれ桜の盆栽は初めての人にも

取り組みやすいのではないでしょうか?

桜は年数を重ねるとかなり大きく、

高く成長します。

家の庭に植えるのは難しい方でも、

サクラを育てるという夢を

叶えてくれる盆栽。

自宅でサクラ観賞を楽しめる幸せを

味わってみたいアナタ。

通信販売でも盆栽栽培キットが

販売されています。

手頃な栽培キットから

始めて見て下さいね。

剪定のコツは

  • 葉が茂っている間は切らない。
  • 切るのは芽が出る前と落葉後。
  • 上に向かって伸びている枝を切り落とす。
  • 枝と枝の間隔は開けるように切る。

そう覚えておけば間違いないです。

小さなものから始めて、

徐々に大きくしていきましょう。

玄関に置いても、また、室内でも花見が出来る。

桜が好きな人には堪らない趣味を楽しみましょう。




スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする