超簡単!バーベキューコンロのさび取り法!30分以内で完了する!?

バーベキューに行くと、ここは腕の見せ所と、

がぜん張り切るパパ。アウトドアに強いパパは

格好よくて頼もしいですね。

でも、ちょっと待って!

バーベキューコンロは大丈夫ですか?

まさか、大事なバーベキューコンロが

錆びてしまっているってことなんてないですよね。

もし錆びていたら・・・

ここもパパの腕の見せどころ!

さび落としという一仕事をさっとこなせば、

パパの株は急上昇!そのあとのバーベキューでも

家族みんなから尊敬のまなざしを集めることでしょう!

スポンサーリンク

バーベキューコンロの内側のさび取り

錆びたら錆落としをすればいい、

と簡単に思いますが意外とこの錆落としは

力も時間もかかるし、なによりみんなの

バーベキューのやる気を消沈してしまいます。

でも、みんなのやる気が失せる前に手早く済ませてしまいましょう。

<用意するもの>

・軍手

・作業個所に敷くシート

・いらない布

・クレンザー(磨き粉)

・金属たわし

・ワイヤーブラシ(多い目のものとブラシの細かめの物など)

・サンドペーパー

・シンナー(必要に応じて薄めて使用)

など

作業は汚れてもいい服装でしましょう。

<手順>

1・クレンザーをかけて、金属たわしでこする。

錆の少ない箇所にはクレンザーをかけて

金属たわしで軽くこすると簡単に落ちます。

2・ワイヤーブラシで錆を落とす

クレンザーと金属たわしでも落ちなかった錆は

ワイヤーブラシでこすり落とします。

丁寧に溝などの部分を掃除します。

錆の範囲が広い部分、また細かい部分などを

掃除するために大き目ブラシと

目の細かいブラシがあると便利です。

こびりついた錆はサンドペーパーでこすると

きれいに落ちます。

4・錆のカスをおとす

いらない布で落とした錆のカスを

落とします(拭きます)。

この時にカスを残してしまうと仕上がりの

見た目が悪くなってしまうので、できるだけ

きれいにふき取ることをおすすめします。

汚れがひどく、こするだけでは落ちない

という場合には、薄めたシンナーを使うと

落ちやすくなります。

<注意>

耐熱塗料やシンナーを使用するときは、

必ず通気性のよい場所で、火気厳禁、

中毒症状、手荒れなどに注意して取り扱ってください。

バーベキューコンロは錆止めをしておけば安心!

スポンサーリンク

楽しくバーベキューをしたら、しっかりと

後始末(メンテナンス)をしておきましょう。

それが次回使うときに、まず錆落としから

という、面倒な作業をやらずに済みます。

方法としては、耐熱塗料をスプレーする方法が

簡単できれいに仕上がります。

耐熱スプレーでバーベキューコンロのメンテナンスをしておこう

耐熱塗料をスプレーする

使用後はしっかりと油や焦げなどを落とし、

乾燥もしっかりします。

その後コンロに耐熱塗料をスプレー

していきます。スプレー(吹き付けるとき)は

30㎝程度離して均等に吹き付けます。

近すぎるとムラになりやすくなります。

スプレー塗装は塗料が飛散しますから、

コンロの下に広めのシートなどを敷いて

おくことと、塗料のにおいで気分が

悪くなることもありますので、必ず

風通しの良い場所で作業を行うようにしましょう。

錆の多かった部分には二度塗りがおすすめ

錆が多かった部分が気になるという場合には

スプレーをその部分にもう一度塗

るとよいでしょう。二度塗りすることで、

錆を隠すことだけでなく、より強固にすることができます。

作業完了

吹き付けた塗料が完全に乾くのを待って完成、

完了です。乾かすときもできるだけ通気性、

風通しのよいところに置いて、触ったり、

つまずいたりしないように気を付けてください。

錆を落として、塗装を行うことで、見た目にも

新品に近い状態まできれいにすることができます。

スポンサーリンク

バーベキューコンロの塗りなおしも耐熱塗料で!

耐熱塗料は通販やホームセンターなどの

量販店で購入することができます

<参考商品>

耐熱塗料 オキモツ ワンタッチスプレー

タイプ 艶消しタイプ

容量 300㎖

塗装可能面積 約2㎡ (1回塗りの場合 畳一畳分)

耐火温度 650℃

色 黒

価格 1015円(税込)

お持ちのバーベキューコンロの大きさにあわせて、

本数を購入してください。

バーベキュー終了後、もしもその場で

メンテナンスができない場合も、せめて

焦げと油だけは落としてよく拭いてしまってください。

帰宅後そのままにせずに、しっかりと洗い

拭きあげて乾燥させ、耐熱塗料をスプレーして

またよく乾かします。

そうしてからしまっておきます。

まとめ

毎週のようにバーベキューする家族も、

年一回の一大イベントの家族も

バーベキューコンロは必需品です。

せっかくのお楽しみをコンロが錆びてた

で余分な労力と余計な時間を使ってしまうのは

とても残念なことです。

そうならないためにも、使用後の

メンテナンスはしっかりしておきましょう。

焦げや油をしっかりと落とし、よく拭いて

耐熱塗料を吹きつけて、乾かしてから片づけましょう。

そこまでしておけば、次に使うときに出して

すぐに使うことができます。

これで、できるパパ継続ですね!




スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする