運転免許の更新期限は延長できる!?6か月以内に手続きの必要あり!

日々の生活の中で、移動手段として「車」は

なくてならない存在となっている方も

多いと思いますが、育児や家事に追われたり、

仕事が忙しいとついついしなければならない事も

後回しにしてしまって、後から後悔してしまう、

なんてこともありますよね。

実際に私も更新期限がうっかり過ぎてしまった

があり、しないといけないと分かっていたはず

なのに、忘れてしまったことでかなり後悔しました。

そうなってしまうと、

「これからどうしたらいいの?」

免許取り直しになるのかな?

いくらかかるんだろう…今後が不安」などと

悩んでしまう方が多いと思います。

ここからはそんなあなたに、

「運転免許証の更新期限」などについての話

していきます。

更新を忘れていて期限が過ぎてしまったあなた!!

是非チェックしてみてください!!

スポンサーリンク

免許更新を忘れて6か月以上がたってしまったら

 

まず、一般的には免許更新の期限は、

自分の誕生日から数えて一ヶ月前〜一ヶ月後

と言われています。

この期間で更新される方が多いのですが、

ついついうっかりして忘れてしまった方でも、

大丈夫です!

6ヶ月以内なら講習を受けるだけで、

住民票のある都道府県の免許センターで

運転免許証を再取得することができます。

実際に私が忘れてしまって手続きをしたのは、

6ヶ月以内に含まれる場合でした。

期限を過ぎてしまうのは良い事ではありませんが、

実際に私のようについつい、「少しの期間」

過ぎてしまう方は少なくはありません。

期間が過ぎていても全て振り出しに戻るわけでは

なく、更新できることがありますので

安心してください。

うっかり更新忘れで6ヶ月以上経ってしまっていた場合

残念ながら免許失効となり、再取得が必要となります。

更新期限から6ヶ月〜1年以内でしたら

実技試験と学科試験は免除され、

適性検査のみで仮免許を取得する事が

できますので、まずは住民票のある都道府県の

免許センターで手続きをしましょう。

その後は、本免許を取得する為に、学科試験や

実技試験を受けなければなりませんが、

1からの取得ではありませんし、丁寧に教えて

もらえるので、

早く感覚を取り戻す事も出来ます。

やむを得ない理由がある場合には、

それを証明する証明書などが必要となりますので

申請の際には用意して提出しなければなりません。

せっかく用意した書類が全く違ったもので

あったり、書式が違ったなどのハプニングが

起きてしまうこともありますので、住民票のある

都道府県の免許センターに確認してから

手配すると確実でしょう。

スポンサーリンク

免許更新を忘れた場合ってゴールド免許はどうなる?

例えゴールド免許であった人でも、特に理由なく

うっかり更新期限を過ぎてしまって再取得を

する場合には、残念ながらブルーの免許となります。

「え?なんで?」

「更新したからいいじゃん」と

思ってしまうかもしれませんが、実は!

期限が切れてしまうと、運転免許証が

「失効」してしまったという扱いになり、

その後に再取得した場合は「免許を取り直した」

という扱いになります。

なので、免許を初めて取得した場合と同じような

扱いとなり、免許証はゴールドではなくブルーとなります。

再取得した3年後の更新時には、

初心者講習も受けなければなりません。

更新間隔も、本来ならば5年であったところが

3年になりますので、うっかり忘れないように

注意しましょう!

次回の更新を忘れない為にしておこう!

ついつい忘れがちな私がおすすめしているのは、

アラーム設定をしておくことです!

携帯のカレンダーアプリなどで、

免許更新しなければならない年の

自分の誕生日に、アラーム設定をし、

合わせてメモ欄に「〇月〇日までに免許更新」

など、入れておくと忘れにくいですよ!

あらかじめ更新する予定日を決めてしまって

アラーム設定をするのも良いでしょう!

更新する事ができなかったやむを得ない理由があった場合

もし、更新する事ができなかった

やむを得ない理由があった場合、

更新期限から6ヶ月以内であれば、通常通りの

更新でゴールド免許のままで引き継ぐことができます!

その際には、やむを得ない理由を証明するための

書類が必要となりますので、きちんと

免許センターなどに問い合わせなどをし、

準備するようにしましょう。

免許更新を忘れた場合の費用はどうなる?

ここでは運転免許証を再取得する為にかかる

費用のおおまかな目安についてお話します!

6ヶ月以内の場合

金額の目安について、都道府県などによって

開きがありますが4500円〜6000円位で運転免許証を

再取得することができます。

6ヶ月〜1年以内の場合

6ヶ月以内とは違い、まずは仮免許を再取得する

必要があります。適性検査のみで再取得できます。

仮免許の再取得にかかる金額の目安は、およそ3000円程度です。

仮免許取得後に、本免許取得の為の学科試験や、

実技試験を受けなければなりません。

1から取得すると、20〜30万円程度

かかりますが、仮免許からの取得ですと、

それより10万円程度安い価格で

運転免許証を再取得することができます。

1年以上経過の場合

残念ながら一からの取得となります。

価格は先程も話しましたが、20〜30万円程度です。

やむを得ない理由がある場合

上記の3つ全てにも共通して言えることですが、

その理由が無くなった一ヶ月以内であれば、

少し前に話した6ヶ月の場合と同じ

適性検査のみで再取得できます。

ただし、執行してから3年以上経過した場合には

学科試験や実技試験を受ける必要がある場合も

ありますので住民票のある都道府県の

免許センターに一度問い合わせしてみると良いでしょう!

スポンサーリンク

免許更新を忘れたまま事故を起こした場合保険は適用される?

更新期限を過ぎてしまうと、「無免許運転」となります。

事故などをした場合にも、任意保険が

適応されないことが多いです。

なので、更新期限を過ぎた事に気付いたら、

その日からすぐ運転は控え、早めに免許証を

再取得するようにしましょう。

まとめ

うっかり更新期限を過ぎて運転免許証を

失効してから6ヶ月から1年以内の場合は

仮免許から、一年以上経過してしまっていたら、

1から取り直しとなってしまうようです。

6ヶ月以内ですと、適性検査で合格するだけで

再取得することができるので、

是非お早めに手続きをするようにしましょう。

やむを得ない理由がある場合にも、その理由が

解消されたら早めに手続きをしましょう!

早めに、住民票のある都道府県の免許センターに

お問い合わせ下さいね。




スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする