桜の木の見分け方とその特徴!?あなたは説明できる!?

誰もが好きな「桜」

豪華に咲き誇った「桜」は、冬の寒さに

耐えて来た人々の心を明るくし、希望を与えてくれます。

園芸品種としても品種改良が繰り返され

諸説ありますが、原種は10種類、品種改良された

品種は分類によっては約600種類にも上ります。

その種類や特徴を詳しく知っている方は

どれだけいるでしょうか?

特徴や花言葉についてもお伝えします。

スポンサーリンク

桜の原種いくつ知ってる?

日本での桜は、数百年前から自生していて

古くより品種改良が行われていたようです。

歴史を見ると室町時代から行われるようになってきています。

桜の原種はいくつあるのでしょうか?

調べて見ました。

桜は日本の固種を含め、諸説ありますが

大体10種類とされています。

桜は枝を切ると、そこから病気になったりして

寿命を縮めてしまいその手入れは難しいものです。

日本では美しい桜の寿命を延ばしたり、更に

綺麗な花を求める需要に応える為に、

園芸品種として、さらに上品質な桜を求め、

品種改良が繰り返されてきました。

その品種は原種を元に変種を合わせると100種類を

数えています。分類によっては600種類と

多種の桜が存在するようです。

花見として馴染みのあるソメイヨシノ

(染井吉野)もエドヒガン系の桜と日本固有種の

オオシマザクラを交配させて作った品種です。

ソメイヨシノが葉をつける前に咲くのは

エドヒガン系の特徴であり、花びらが大きいのは

オオシマザクラノ特徴を受け継いでいるからです。

日本固有種の特徴について

それでは、約10種類ある日本固有種の特徴をお伝えしましょう。

ヤマザクラ

―花と葉が一緒に咲きますが、寿命が短いです。

・オオヤマザクラ

―山桜よりも花や葉が大きい為、この名が付きました。

・カスミザクラ

―ヤマザクラより花が小さく、紅を含んだ花を咲かせます。

・オオシマザクラ

―特に伊豆諸島に多く咲くことから

名前が付きました。ヤマザクラよりも葉に

細かい毛が無いのが特徴です。

馴染み深いソメイヨシノはこのオオシマザクラと

エドヒガン桜の交配により生まれた品種です。

・エドヒガンザクラ

―江戸で彼岸の頃に花を咲かせるのが名前の由来です。

樹木としては長寿で3000年の樹齢を持つ木も

存在します。花が沢山咲くのが特徴です。

オオシマザクラとの交配でソメイヨシノが生まれました。

・マメザクラ

―富士山、富士山近郊で花を咲かせることから

フジザクラとも呼ばれています。

寒さに強く、大きく育たなくても花を咲かせます

小さく白から淡いピンク色の花を

咲かせるのですが、花を下向きに咲かせるのが特徴です。

 

・ミヤマザクラ

―5月頃、若葉が出てから花を咲かせます。

葉は広い卵型で5月弁の白い花びらを持ちます。

ソメイヨシノとの違いは葉が展開してから花をつけることです。

・タカネザクラ

―名前の通りに山の山腹を好みます。

涼しい所を好み5月頃から花を咲かせます。

薄紅色から白の花を咲かせます。

花の大きさは直径2~3cmと小ぶりです。

 

・チョウジザクラ

―花びらの大きさは2~3cmと小さく

平べったく咲き横から見ると丁のように見える

事からこの名が付いています。

花の色は白~薄紅色で小さく、下を向いて咲きます。

日本固有種の名前と特徴は以上の通りです。

では、次に桜の花言葉をお伝えしましょう。

スポンサーリンク

桜の花言葉フランス語でも意味を知ると悲しい・・・

そもそも花言葉って何故生まれたのか?

本題に入る前に、そこから見て行きましょう。

その由来は17世紀頃のトルコだそうです。

当時トルコでは想う人に、言葉では無く、

花に思いを託して送る風習があったそうです。

それがヨーロッパ中に広がり、各国独自の

花言葉が生まれました。それが明治初期に

日本に入って来て、日本人の性格や風習、

文化に合う花言葉になったと言われています。

花言葉は野菜にもあるそうです。

ダイコンは「潔白」ほうれん草は「健康」

ゴボウは「人格者」だそうですよ。

馴染みのある桜の花言葉

サクラ全般の花言葉は「優美な女性」「精神の美」です。

・ソメイヨシノ(染井吉野)

「優れた美人」「純潔」

・シダレザクラ

「ごまかし」「優美」

・ヤエザクラ、サトザクラ

「しとやか」「豊かな教養」「善良な教育」

・ヤマザクラ

「美麗」「淡泊」「高尚」「純潔」

「あなたに微笑む」

・フユザクラ 「冷静」

・カンザクラ 「気まぐれ」

・フランス語

(Ne m’oubliez pas)私を忘れないで

・イギリス 「良い教育」「独立」

・アメリカ 「優れた教育」

主な桜の花言葉を見て来ました。

ちょっと考えてしまう花言葉もありましたが、

いずれも高尚で正直、、純潔を重んじ、綺麗に生きたい。

より良い教育を受けたい。

そんな日本人の想いが溢れているように思われます。

まとめ

日本人は花見や紅葉狩りが好きですよね。

桜が咲くころは新入学、入社など

新しい生活のスタートを切る希望にあふれる時期です。

その為、特に桜には日本人特有の思いを持つ人が

多いのではないでしょうか?

日本固有の品種の特徴、花言葉について述べて来ました。

枯れ木のような桜の木にも良く見ると

つぼみがしっかりついています。

3月の末にはキレイな花を咲かせるのでしょう。

桜の時期はこれからです。

花見に行かれたら、花言葉に思いを寄せて見て下さいね。




スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする