運転免許をうっかり失効!?でも6か月以内なら大丈夫!

運転免許証は運転するときだけでなく、

身分証明書代わりに使いますよね。

失効してしまうと運転することも身分証明書

として使用することができなくなります

うっかり更新を忘れて、失効しても

まだ大丈夫です。今すぐに更新手続きに行きましょう。

スポンサーリンク

運転免許証の更新と有効期間

運転免許証は交通ルールを守り、

更新手続きを取っていれば、一生使うことができます。

運転免許の更新時にお知らせはがきが届くこと

ご存知ですか?更新年の誕生日の

35日前くらいに到着するようになっています。

誕生日の前後1か月が更新期間です。

つまり、約2か月更新期間があるということです。

この2か月の間に更新してしまえば

問題はないのです。ただし更新期間を

1日でも過ぎると失効となります。

失効後、運転をすると「無免許運転」となり、

行政処分の対象となりますのでご注意ください。

失効してしまっても、「失効通知」

失効しました、という連絡やはがきは届きません。

失効はあくまでも自己責任です。

もし失効していると気が付いたならば、

すぐに所定の手続きを取りましょう。

失効の時期や理由によっては、

再取得となる救済措置もあります。

諦めずに手続きを取りましょう。

免許を失効して6か月以内の場合

申請手続きにより運転免許証を再取得することができます。

再取得の手続きについて再取得手続きは

警察署では取り扱っていません

必ず都道府県内の免許センターに

確認してください。取扱時間も限られています。

東京都内に住民票がある方は

都内の運転免許センターでしか行なえなません。

他の都道府県で手続きがしたい場合は、

その場所へ住民票を移してください。

◇必要書類など

・失効した運転免許証

・本人確認書類(健康保険証・パスポートなど)

注意! 運転免許証は本人確認書類として使えません。

・申請用写真

・本籍地記載の住民票(原本)

・一時帰国証明書(日本国内に住民票がない方)

・外国人登録証明書など(外国人の方)

・高齢者講習修了証明書(70歳以上の方)

・やむを得ない理由を証明する書類

出入国記録証明書・入院証明書・診断書

・在所証明書など 必要に応じて

◇手数料

(各都道府県で再取得する免許の種別・

運転者区分(講習区分)によって異なります。)

適性検査と所定の講習を受講するだけで再取得できる

適性検査(視力検査など)と所定の講習を

受講するだけで、再取得できます。

再取得した場合、再取得した日にちが

運転免許証の取得年月日となります。

(最初に公布された日にちが変わってしまいます。)

免許証の色も変わってしまうことがあります。

保有免許証がゴールドであったとしても、

手続き後はブルーに変更されます。

せっかく安全運転してゴールドにまでしたのに、

また振り出しに戻ってしまいます。

次回の講習区分も変わってきます。

各都道府県運転免許センターに問い合わせ、

確認してください。

スポンサーリンク

免許を失効してから6か月以上経ってしまったら?

特別な理由がなく、更新手続きを忘れてしまった場合

失効後6か月超~1年以内の方で

「大型自動車」「中型自動車」「普通自動車」の

免許保有に限り、一部試験が免除されます。

海外旅行、海外勤務、入院、身柄拘束などのやむを得ない理由の場合

失効後3年以内の方は学科試験と技能試験が免除されます。

所定の講習を受講するだけで、

保有していた運転免許の再取得が可能です。

手続き書類・手数料などは、

失効後6か月以内を参考にしてください。

失効後3年超過すると

どのような理由でも基本的には

再取得できません。どんなに運転が

上手でも、最初から取り直しとなります。

もう一度教習所へ通うことになります。

運転はできるのに再び通うのは、

時間も金銭的にも大きな負担になります。

スポンサーリンク

免許を失効したときのやむを得ない事由を証明する方法は?

やむを得ない理由を証明方法は

それに関する関係各所からの証明書類が必要となります。

・病気、けがなどの場合

病院または担当医からの診断書(原本)

(診断書には、病名(病状・症状)、初診日、

入退院日、治療期間などの記載が必要です。)

・出産などの場合

母子手帳または診断書

・海外旅行・海外勤務などで日本国外にいる場合

パスポートの入出国記録

(パスポートに押されているスタンプ)

または、出入国記録

(本人が法務省に開示請求してください)

・身柄拘束の場合

在所(在監)の証明書

(在所証明書発行は本人または官公庁。

親族等からの申請は不可)

まとめ

いかがでしたか。

運転免許証の更新を忘れると、時間やお金など

色々とデメリットが発生し、大変ですね。

「更新手続きはがき」を受け取ったら

忘れないうちに更新手続きをしましょう。

うっかり更新し忘れても、「更新失効」通知は

届きませんので失効したことに気がついたら、

すぐに手続きを取りましょうね。

生活に欠かせない「運転免許証」。

忘れずに必ず更新して、安全運転を心がけてください。




スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする