梅ジュースはちみつ入りの賞味期限は!?泡が出てきたけど大丈夫!?

健康にいいとされている梅ジュース!

夏ばての予防や、ダイエット効果も期待できると

話題になっていますよね。

自家製で作ったけど泡が出てきてしまった…

美味しいまま長持ちさせたい…

など、悩みをかかえる方も多いのでは、ないでしょうか?

今回は

・賞味期限や泡が出た際の対処法

・長持ちさせる方法

などを紹介します。

スポンサーリンク

梅ジュースはちみつ入りの賞味期限は!?

賞味期限は保存方法によって変わってきます

〈常温の場合〉

蓋を軽く閉めて水を張った鍋に入れます。

沸騰しないくらいの火加減で15分くらい加熱殺菌します。

加熱後は鍋から取り出して蓋をしっかり閉めて

密閉させて下さい。

この状態であれば

冷暗所での常温保管

半年~1年ほど保管可能です。

途中蓋を一度でも開けてしまうと保存期間が

短くなってしまいますので注意が必要です。

開封した場合は半月~1ヶ月程度で飲みきる

ようにしましょう。

開封後は心配であれば冷蔵庫で保管しても

大丈夫です。

〈冷凍保存の場合〉

長期保存にオススメなのが冷凍保存です。

製氷器に梅シロップを入れて凍らせます。

凍った後は取り出してジップロックに入れれば

小分けした状態で保存できます。

小分けに冷凍することで必要な分だけ出して

使えるのでとっても便利ですよね。

冷凍保存の場合

1年~2年保存可能なので

ぜひ挑戦してみて下さい。

また、取り出した梅は甘く煮詰めれば

梅ジャムが作れるので捨てずに美味しく

食べてみて下さいね。

カビが生えた場合はこちら↓

梅シロップのはちみつ入りにカビが生えた!?どうしたら飲める!?

梅ジュースはちみつ入りに泡が出てきた?!その原因と防止方法は?

レシピ通りに作ったのに泡が出るとゆう事は

なにかしらの原因があります。

せっかく作ったのに飲めるか

不安に思っちゃいますよね。

そんな時の原因防止方法をご紹介します。

泡が出るのは発酵を始めた印です。

発酵してしまった場合、すぐに発酵を

止めなければいけません。

1.泡が出る原因

・作る過程でビンの揺すり方が足りなかった、

揺すっていなかった。

均等に梅に糖分がまわらないと梅自体が

持っている天然酵母が増えてしまうので

発酵しやすくなってしまい泡が出てきて

しまいます。

なので定期的にビンを揺すって

糖分が均等にまわるようにしましょう。

・ビンを保管する場所の気温が高かった

保管場所の気温が高すぎる場合も

発酵が進んでしまい泡が出ます。

冷蔵庫で保管してしまうと梅のエキスが

しっかりと出てこないので必ず冷暗所で

保管しなければなりません。

あまり気温差がない冷暗所で保管するように

しましょう。

しかし、完成後の梅を取り出している状態の

梅シロップであれば冷蔵庫で保管しても

大丈夫です。

2.対処方法

〈少量の泡の場合〉

蓋を開けてガス抜きをして下さい。

あとは、そのまま梅とエキスをしっかり混ぜます。

〈泡が多い場合〉

シロップから梅を取り出して鍋で

沸騰させないように注意しながら弱火で加熱して下さい。

その際しっかりアクを取り除きましょう。

・完成前の梅シロップであればシロップが冷めたら

取り出した梅とまた一緒にして

煮沸消毒したビンにまた戻してください。

・完成後の梅ジュースであれば取り出した梅は

戻さずにシロップだけ煮沸消毒したビンに戻しましょう。

また、泡がたくさん出てしまうと

梅シロップではなく梅のお酒になってしまいます

少しでも泡が出ている事に気づいたら

発酵しているとゆうことになるので注意が必要です。

万が一、発酵がかなり進んでしまった場合は

アルコール成分が含まれてしまっています。

お子さんがいる家庭ではお子さんに飲ませない

ように気をつけましょう。

スポンサーリンク

梅ジュースをはちみつと酢で作ると長持ち!カビや発酵防止にも◎

梅シロップを作る際に砂糖ではなく

はちみつで作るのがオススメです。

梅の甘酸っぱさに、はちみつのまろやかさは

相性抜群です。

もう1つ入れるといいのがです。

りんご酢、穀物酢、米酢などいろんな

種類がありますがどれを使用してもかまいません。

酢には

・カビが発生しにくい

・腐りにくい

・常温保存でも傷みにくい

など、嬉しい効果が期待できます。

是非取り入れて梅シロップを作って下さいね。

詳しくはこちら↓

梅シロップに酢は入れるか入れないか?発酵防止にいいのはどっち?

カビや発酵の防止対策はこの他にもたくさんあります

・エキスに梅が浸かるように毎日数回ビンを振る

・梅を最初の処理の際にしっかり乾燥させる

・ビンを沸消毒し乾燥させてから使用する

など、丁寧な作業をすることによって

長持ちさせることも可能です。

まとめ

手作りの梅シロップは未開封であれば

長期保存が可能ですが途中で開けた場合は

早めに飲んだほうがいいですね。

作る際に使用する器具も煮沸殺菌すると安心です。

手間をかければかけた分だけ長期保存や

カビ・発酵の予防もできるので

是非試してみてはいかがでしょうか。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

梅シロップが発酵した場合はこちら↓

梅シロップのはちみつ入りが発酵した!?まだ飲んでも大丈夫!?




スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする