冷凍そら豆のゆで方は!?生から茹でるのと何が違うの?

そら豆の旬は初夏です。

子どものおやつに塩ゆでのそら豆。

冷酒のあてにそら豆、一年中食べたい。

そんな時に便利なのが冷凍そら豆です。

美味しく冷凍そら豆を食べる方法をご紹介します。

スポンサーリンク

そら豆の茹で方冷凍の場合皮はどうする?下処理などもご紹介!

生のそら豆の旬の時期は短く、

そして鮮度が落ちやすい野菜です。

新鮮なうちにゆでて食べることが

一番美味しいですが、すぐに食べないときは

冷凍保存をおすすめします。

その場合は、ゆでずにそのまま冷凍したほうが

良いです。ゆでて冷凍するとどうしても水っぽく

なりやすいのです。

冷凍そら豆は、さや付きの生豆を冷凍したもの

さやから出した生豆を冷凍したもの、

ゆでてから冷凍したもの、と種類があります。

どの冷凍そら豆であっても、解凍方法や

ゆで方で味が格段に違ってきます。

美味しい冷凍そら豆のゆで方をご紹介します。

・さや付きの生豆を冷凍したもののゆで方

  • レンジで軽く解凍する。
  • さやを外して、豆だけにする。
  • そら豆がかぶるくらいの水をプランパンに入れて沸騰させる。
  • そら豆と塩を入れて、蓋をして強火3分。
  • そら豆をざるにあけて冷ます。

さや付きの冷凍生豆は風味が残っています。

サヤ付き生で冷凍保存したそら豆は、

最も風味が残っておりおすすめです

・さやから出した生豆を冷凍したもの

  • プライパンにそれ豆がかぶるくらいの水を沸騰させる。
  • 冷凍のまま、皮つきそら豆をと好みの量の塩をいれる。
  • 蓋をして強火で3分。
  • そら豆をざるにあげて冷ます。

さや付きそら豆をとゆで方は変わりません。

さやをむく時間分が短縮されます。

・ゆでてから冷凍したもの

  1. そら豆がかぶるくらいの水を沸騰させる。
  2. 沸騰したら、冷凍のまま、それ豆を入れる。
  3. 約30秒から1分ゆでる。
  4. 差し水(びっくり水)を入れる
  5. そら豆をざるにあげて冷ます

差し水(びっくり水)をすることで、

そら豆の表面を引き締める効果があります。

一度茹でてから冷凍した豆は

さや付き豆よりも多少風味が落ちてしまいます。

また、再度ゆでることになるので、

柔らかめに仕上がります。

冷凍そら豆のほとんどに皮がついています。

解凍のためゆでる場合、皮はつけたままを

おすすめします。

皮をむいてしまうと、どうしても茹で上がりが

水っぽくなり、さらに風味が落ちてしまうからです。

冷凍そら豆の皮は食べられる?取る方法もある?

そら豆の皮は食べられます。

そら豆はタンパク質、ビタミン類、食物繊維、

鉄分、カリウムが多い食品です。

皮にも食物繊維が豊富で、水溶性と不溶性の

どちらも含まれています。

不溶性食物繊維がより多く含まれているので、

多く摂り過ぎると便秘になりやすいです。

気を付けてくださいね。

ゆでたそら豆の皮はするっとむけます。

むきながら食べてもおいしいですし、

むいたそら豆を料理に使うもよしです。

スポンサーリンク

冷凍そら豆の美味しいレシピ!おやつからお弁当のおかずまで色々!

スープ

優しい味に仕上がるそら豆のスープ。

塩分を控えれば、離乳食にも使えます。

大人から子どもまで、温かくても冷たくても

美味しくいただけます。

そら豆のスープ

・材料

ゆでて解凍したそら豆  適量

豆乳(牛乳でも可)    1~2カップ

水(またはお湯)      1~2カップ

コンソメ顆粒       大1

塩             少々

胡椒(お好みで)

・作り方

ミキサーにそら豆、豆乳、水を入れてかき混ぜる

鍋に移し、コンソメ顆粒、塩を加えて温める。

お好みで胡椒をかけてください。温かいままでも

冷蔵庫でよく冷やしてもいただけます。

炒め物

そら豆は炒めても美味しい食材です。

簡単で美味しい中華風の炒め物にします。

そら豆とエビの中華風炒め

・材料

ゆでて解凍したそら豆   200g

エビ              300g

(少々の醤油、酒と片栗粉で下処理をする)

合わせ調味料

水  1/3カップ

中華スープの素 小1

塩 小1/2

酒 小1/2

片栗粉 大2

・作り方

下処理をしたエビをゆでておく。

プライパンに油(大さじ1)を入れ、そら豆とエビを炒める

合わせ調味料を入れて、よく絡むように炒める。

そら豆の皮はそのままでも、むいてもよい

それは、お好みでどうぞ。

和え物

和の食材のそら豆も洋風の和え物で一品いかがですか?

もちろんご飯のおかずに、冷えたワインのおつまみに最高です。

そら豆とパルメザンチーズの和え物

・材料(分量はあまりこだわらずに)

冷凍そら豆(ゆでて解凍) お好きなだけ

塩コショウ           少々

パルメザンチーズ     たっぷり

オリーブオイル       少々

ベーコン            2~3枚

黒胡椒             少々

・作り方

ゆでて解凍したそら豆(温かいうちに)に

オリープオイル、塩コショウで下味をつける。

オリープオイルで刻んだベーコンを軽く炒める

ベーコンとパルメザンチーズをそら豆に加えて和える。

さらに盛り付けたら、黒胡椒をかける。

お弁当の彩り欠かせないそら豆

お弁当の五色の一つ、みどり色は

ついついピーマンやブロッコリーになりがちですが、

美味しいそら豆でみどりを入れてみませんか?

冷凍そら豆のバター醤油炒め

・材料

ゆでた冷凍そら豆  適量

バター        大さじ1

酒           大さじ1

醤油          適宜

塩こしょう       少々

・作り方

  • ゆでたそら豆をバターで炒め、少々の酒をふる。
  • 塩コショウで味を調える。
  • 醤油で香ばしさを出す。

お弁当作りの忙しい朝にさあっとできるおかずです。

冷めてからも美味しいので、お弁当にはおすすめです。

そら豆を使ったベジスイーツ

野菜を使ったスイーツ、最近はやっていますよね。

甘いけれど、甘すぎないスイーツです。

そら豆とホットケーキミックスでできる「そら豆マフィン」です。

ソラマメのマフィン
・材料

ソラマメ 20個くらい

ホットケーキミックス100g

卵 1個

牛乳 30cc

クリームチーズ 50g

・作り方

1・.冷凍そら豆(茹でで解凍)と牛乳と一緒に

ミキサーかフードプロセッサーで混ぜる。

2.クリームチーズは常温で柔らかくする。

3. ボールに1と2とその他の材料をすべて入れよく混ぜる。

4.ペーパーカップなどの型に3の生地を流し入れ、

170℃に予熱したオーブンで20~30分焼く。

竹串をさして、生地がついてこなければ焼き上がり。

まとめ

旬の時期が短いそら豆。

それ以外の時期は上手に冷凍を

使って美味しく食べることができます。

冷凍そら豆で料理の幅を広げてみませんか?




スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする