ぼたもちとおはぎの違いは何?!地域で定義が違う?

和菓子といったら思いつくのがおはぎ!

おはぎとぼたもちって見た目が一緒だけど

どっちがどっちなの?!

皆さんは、おはぎとぼたもちの違いって

ご存知ですか?

実は季節によって名前が違うだけで、おはぎと

ぼたもちは同じものと言われてるんです。

ただ地域によっては作り方が違っていたり

いろんな由来があったりと、様々な定義が

あります。

なぜ、2つの呼び方が存在するんでしょうか?

今回はこの他にもおはぎとぼたもちの

違いをご紹介していきますね。

スポンサーリンク

おはぎとぼたもち地域で呼び方が違う!?色んな区別の仕方をご紹介!

【季節の花の名前】

おはぎとぼたもちを漢字で書くと

おはぎは【お萩】

ぼたもちは【牡丹餅】

になります。

これを見て分かる方もいらっしゃるかと思い

ますが、お萩は秋の植物牡丹は春の植物

なんです。

これによりおはぎは秋に食べることからお萩、

ぼたもちは春に食べることから牡丹餅と

季節によって呼び方が違うとされています。

このように季節の違いで、おはぎとぼたもちの

呼び方を変えている地域があります。

この他に夏と冬で呼ばれる名前もあります。

夏は「夜船」、冬は「北窓」です。

季節ごとに呼び方があるなんて、おはぎと

ぼたもちは奥が深い食べ物ですね。

【あんこの種類】

おはぎとぼたもちに使われているあんこは

小豆です。

小豆といえば旬は秋です。

秋に収穫された小豆は、とても新鮮なので

皮まで柔らかく美味しく食べれます。

秋の名前のおはぎは「粒あん」を使用するので

おはぎと呼ばれています。

春に使用する小豆は収穫から時間がたっている

ので、皮が硬くなってしまっています。

なので春の名前のぼたもちは「こしあん」を

使用するのでぼたもちと呼ばれています。

しかし今は食品の加工技術や保存方法の

改善により、昔よりも小豆の新鮮さが保つように

なっていることから1年中美味しくおはぎと

ぼたもちを食べられるようになっています。

このように、あんこの違いで呼び方の違う地域が

あるのも驚きですよね。

【きな粉かあんこ】

あんこだけのイメージが強いですが、きな粉を

使用しているものもあります。

スーパーなどでも、きな粉を使用したものを

見かけますよね。

 

きな粉を使ったものが「おはぎ」で、

あんこを使ったものが「ぼたもち」です。

きな粉かあんこかでも違いがあるのは皆さん

知っていましたか?

【お米の種類】

お米の種類で呼び方が違う地域もあります。

うるち米を使って粒が残った状態で

作るのが「おはぎ」と呼ばれます。

もち米を使ってお餅の状態で作るのが

「ぼたもち」と呼ばれます。

確かに食べてみるとお米の種類が違うことが

あるなと思います。

舌触りがぜんぜん違いますよね。

あんこの種類とお米の種類の違いで

どちらが好きか分かれそうですね。

【形と大きさ】

おはぎとぼたもちは、それぞれの花の

見た目の特徴から形と大きさを変えて

作る場合もあります。

萩は花が小ぶりで細長いので、おはぎは

小さめの俵の形で作ります。

牡丹は花が大きく丸いので、ぼたもちは

丸みのある大きい形で作ります。

スポンサーリンク

ぼたもちでよく聞く半殺し、その真相は?!

意味を知らなくて聞いてしまうとなんだか

ゾクッとしてしまいますよね。

半殺しをよく聞きますが、これ以外にも

皆殺しとゆう言葉もあるんです。

怖い話なのかと身構えてしまいそうですが

実際の意味合いはまったく怖いものでは

ありません。

簡単に説明すると

お米の粒が残っているもの、粒あんのものは

「半殺し」といいます。

お米の粒がないお餅の状態のもの、こしあんの

ものは「皆殺し」といいます。

皆殺しとゆう呼び方は、この他に本殺しとゆう

呼び方もあります。

会話の中でこのような言葉が聞こえてきたら

驚いてしまいますよね。

昔話で、おはぎにまつわるお話があるのですが

この話の中にも半殺しと皆殺しの例えが

でてくるんです。

昔から使われていた例えなんですね。

地域ごとに少し内容は変わりますが

物語のあらすじはだいたい一緒です。

旅人が宿がなく、通りかかった老夫婦の家に

一晩泊まることになります。

夜中に目が覚めると老夫婦の会話が聞こえてきて

「明日の朝は半殺し、皆殺し、どちらに

しようか」と言っているのを聞いて震え上がり、

荷物も置いて急いで逃げたというものです。

老夫婦は旅人に朝におはぎを出すか蕎麦を

出すかを話していただけなんです。

こういった例えで昔話があるなんてとっても

面白いですよね。

地域によって少し内容が違うので気になる方は

調べてみて下さいね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

おはぎとぼたもちにこんなに色んな呼ばれ方や

意味があるなんてすごいですよね。

何気なく食べていただけに驚いてしまう方も

多かったのではないでしょうか?

最近ではあまりぼたもちとゆう呼び方は

聞かなくなってきています。

基本的には現代では季節などで区別はせずに

おはぎと呼ばれているようです。

おはぎとぼたもちを歴史の深さを感じながら

食べ比べると面白いかもしれません。

最後まで読んでいただき、ありがとう

ございます。




スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする