梅シロップのはちみつ入りにカビが生えた!?どうしたら飲める!?

6月から7月頃になると、実家では

父の趣味である梅干し作りが始まります。

梅干しだけでなく、梅シロップや

梅酒なども作ってくれます。

私も家庭を持ったのを機に、

はちみつ梅シロップに挑戦!

しかし、ある日見てみると

はちみつで作った梅シロップの表面に

白カビが浮いているのを見つけ

とてもビックリしました。

せっかく作ったのにもう飲めないの!?

なんとか、飲めるようにならないのかな?

しかし、ある対処法で美味しく飲むことができたのです!

同じようにお困りの方へ

この時にした対処法などをお伝えします。

スポンサーリンク

はちみつ梅シロップの白いカビはどうしたらいい!?

ある日、フタを開けたら真っ白なカビが!?

もう飲めないのかな?と心配になりますよね。

しかし、それは本当にカビなんでしょうか?

白いカビの正体は天然酵母

フタを開けた時

まずカビの色で判断してみてください。

フタを開けた時、白いカビのようなものが

ついていてもそれは、カビではありません

液体に浸かり切れなかった梅が

発酵して発生する天然酵母なんですよ!!

白い色でフルーティーな香りがすれば飲める

白いカビのようなものがついていても

フワッとフルーティーないい香りがしたら

それは天然酵母の証。

赤や青カビはツーンとする臭いなので

すぐにわかると思います。

実は、梅シロップを作る人の中には、

あえて、この白い天然酵母を出して作る人も

いるようですよ。

しかし、飲むのに抵抗のある人や

気になる方には対処する方法もあります。

白いカビ(天然酵母)を取り除く方法

早めに対処することで

甘い梅シロップが復活しますよ!

梅シロップを浸けて、10日以上の場合

1・梅を取り出し、シロップだけをホーロー鍋にうつす。

2・アクを取りながら15分ほど弱火で煮る。

3・火を止めて冷まし、保存容器に入れて冷蔵庫に入れる。

残った梅の実は、ジャムや練り梅にして食べてください。

梅シロップを浸けて、10日未満の場合

1・梅を取り出し、シロップだけをホーロー鍋にうつす。

2・アクを取りながら15分ほど弱火で煮る。

3・(まだ梅からエキスが完全に出ていないので)

もう一度、液体の中に梅の実を戻してください。

※梅のエキスが出ているかの判断は

梅がしわしわになっているかどうか。

しわしわだとエキスが完全に出てしまっています。

カビの色が赤や青の場合

残念ながら、今回の梅シロップは

失敗だったと言えるでしょう。

今回は諦めて処分しましょう。

しかし、後からご紹介する

カビが生えないコツさえ掴めば

また来年、美味しい梅シロップが

作れるようになります。

スポンサーリンク

はちみつ梅シロップにカビが生えないようにするには!?

コツさえ掴めばカビの発生も防げる

梅シロップは冷暗所に保管する

梅シロップは少しずつ糖度を上げて

発酵させながら作るものですが急激に

発酵することで白カビのようなものが発生します。

少しずつ発酵させるコツは

暑い場所に置かずに冷暗所で保管すること。

また、梅シロップは少しは発酵するものなので

少々の泡立ちなどは気にしなくても大丈夫です。

梅の水分をしっかりとる

梅の実を洗った後に、乾燥が不十分だった可能性も。

水分はカビの原因になります。

梅の実は洗った後に、きれいに布などで拭き

数時間、ザルなどで乾燥させるとよいでしょう。

容器を煮沸消毒をする

梅シロップを作る時に、容器の消毒は大切です。

浸ける容器に、熱湯を入れ傾けながら回しましょう。

あまりたくさん入れると火傷の原因になるので注意!

そして、きれいな布で拭いた後は完全に乾燥させてください。

梅を触る時は、手もしっかり洗い

消毒するなどしてから浸けるといいですね。

毎日ビンを揺する

エキスに浸かっていない梅は、発酵しやすくなります。

エキスに浸かっていない梅がないように

毎日しっかりビンのゆすりましょう。

底に溜まったエキスが、まんべんなく

梅にかかるようにゆすってくださいね。

たまにフタを開ける

白い泡が出始めたら、たまにフタを開けて

ガス抜きをしましょう。

そうすることで、泡が増えるのを防ぎます。

そもそも梅の質が悪かった

これは買う時の注意点ですが梅の選び方も気を付けたい点です。

シワや傷がなく、ツヤがあるもの!

これが一番のポイントです。

また梅シロップは、青梅でも

少し熟した梅でも大丈夫!

青梅は、さっぱりした味わいに。

完熟梅は、まろやかな香り高い味わいに。

お好みでどうぞ!

梅を冷凍する

こちらは賛否両論あるので、お好みで。

浸ける前に、梅を冷凍することで

早くシロップが上がってくるので

発酵するのを防ぐことができます。

しかし、風味は冷凍しない方がいいという人も。

発酵が心配な方は、冷凍してもいいかもしれませんね。

スポンサーリンク

はちみつ梅シロップの美味しい飲み方

最後に美味しくできあがった梅シロップの

飲み方をいくつかご紹介したいします。

〈はちみつジュース〉

暑い夏やお風呂上りには最高ですね!

水や炭酸で割って飲むといいですよ。

〈梅シロップかき氷〉

暑い日のおやつや食後に

かき氷の上にかけて

サッパリ食べるのもおすすめ!

〈おやすみ前にホット梅シロップ〉

お湯で割ることで、体も温まり

寝る前のリラックスタイムにもおすすめ。

寒い日にもピッタリですね。

まとめ

白いカビのようなものがあっても、

安心して大丈夫だったんですね。

正しい方法で対処し、

美味しく梅シロップを飲んでくださいね。

賞味期限が気になる方はこちら↓

梅ジュースはちみつ入りの賞味期限は!?泡が出てきたけど大丈夫!?




スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする