梅のはちみつ漬けにカビが!?まだ食べられる!?方法はある!?

青梅でも、熟した梅でも

おいしく仕上がる“はちみつ漬け”

甘酸っぱくて食べやすく、梅のいい香りがたまりません!

そんな梅のはちみつ漬けに白い膜のようなもの・・

そう、“カビ”が生えてしまった経験がある方も少なくないのでは?

でも大丈夫、正しい処理を施せば、

カビが生えてしまった梅もまだ食べることができます!

今回は、梅のはちみつ漬けに生えてしまったカビへの

対処法と、カビを防ぐ正しい下処理についてご紹介します。

スポンサーリンク

梅のはちみつ漬けにカビはどうしたらまた食べられる!?

梅のはちみつ漬けの表面に、白い膜のようなものが発生・・

まず思い浮かべてしまうのが“カビ”かと思いますが、

まずは発生した白い膜をよく観察してみることをおすすめします!

綿棒などで少量取り、光にかざしてみてキラキラと光っていれば、

それは糖分の結晶かもしれません。

また、臭いも嗅いでみましょう。

発酵臭や、すえたような臭いがする場合はカビですが、

そのような臭いがしないようであれば、カビではない可能性が高いです。

カビかどうかしっかり見極め、残念ながら間違いなくカビだ・・

となってから、正しい処置を施してあげましょう。

カビが容器の表面を覆っている程度ならまだまだ

対処は可能ですので、ご安心くださいね!

それではカビの程度ごとの対処法をみていきましょう。

カビが梅の一部に生えてしまった場合

梅のほんの一部分だけのカビなら、

意外と簡単な対処でまた食べることができますよ。

具体的な手順は以下の通りです。

①金属製以外のお玉で、カビ周辺の梅を多めに取り除く

②アルコールを含ませた清潔なふきんで容器や押しぶた重石などをよく拭きます。

③再度、ふたをして数日冷蔵庫で様子を見つつ漬ける

ポイントは、再度漬けなおした際に、必ず冷蔵庫で最低数日は保管すること。

あと、一度カビた梅はカビやすくなりますので毎日様子を見てあげることが重要です。

この方法は、はちみつ漬けも梅干しも共通して有効です。

手順も簡単なので、カビに早めに気づけた場合はぜひ試してみてください!

カビが表面全体を覆っている場合

臭いはないけど、カビが表面全体を覆ってしまっている場合、

もうあきらめた方が・・

と思ってしまうかもしれませんが、ぜひ処分する前に

以下の方法を試してみてください!

①金属製以外のお玉でカビを丁寧に取り除く

②全ての梅を清潔な鍋に移し、煮立てる

③焼酎などで殺菌する

④重石や容器もアルコールで消毒する

⑤再度、ふたをして冷蔵庫で漬ける

ポイントは、梅を煮る際に煮過ぎないこと。

煮沸消毒の意味ですので、実が煮崩れしない程度に、慎重に煮てください。

また、カビが広範囲に繁殖してしまった場合は、再発のリスクも高いと言えます。

このため、最大限カビが繁殖しないよう極力冷暗所での保管をおすすめします。

スポンサーリンク

梅のはちみつ漬けにカビが生えないようにするには!?

梅のはちみつ漬けにカビが生えてしまった場合の対処法をご紹介しましたが、

できればカビが生えることなく、最後までおいしく頂きたいものですよね。

ここからは、そもそも、梅のはちみつ漬けにカビが生えないようにする、

正しい下処理や保管方法について説明していきます。

カビが生えない正しい下処理とは

たまに、ネットのレシピなどでも見かける梅にフォークで穴を開けたり、

包丁で切り込みを入れてから漬ける方法。

これは梅のエキスを出やすくし、梅が漬かるのを早くしてくれる・・

など記載されていることが多いですが、そんなことはないです。

わたしも実際に梅を漬けた経験がありますが

穴を開けたものは漬けて早々にカビが生えてしまいました・・

別の梅で、穴を開けずに漬けてみましたが

レシピの平均程度の期間でおいしいはちみつ漬けが出来上がりました

あとから調べてみたところ、梅を漬ける際、目には見えませんが

浸透圧でエキスを吸い出したり糖分が流れ込んだり

という行程を素材の力のみで十分できますし、

こういった工程を経ることで美味しく仕上がるということがわかりました。

また、梅に穴を開けたり切り込みを入れる行為は梅の果汁が流れ出てしまい、

はちみつの濃度を薄めてしまいます。

はちみつが薄まると、除菌力が下がり、カビの原因になってしまうのです。

これをふまえ、梅を漬ける際の正しい下処理をまとめました。

【正しい梅の下処理】

・梅を洗った後水分をよく拭き取る

・漬ける前に梅を焼酎で消毒する

・容器や重石も消毒する

・梅は穴を開けたり切り込みを入れない

・梅のへたは爪楊枝で丁寧にとる

梅を消毒する際の焼酎は、できるだけアルコール度数の高いものがおすすめです。

また、へたを取る際に梅の実を傷つけないよう注意してくださいね。

カビが生えない正しい保管方法とは

最後に、梅のはちみつ漬けの正しい保管方法をご紹介します。

梅はデリケートですので、高温多湿は避けて保存した方が良いです。

わたしは最初に梅を漬けた際、

台所のシンク下で保管していましたが、

ここは水道管が通っており湿気がこもりやすいので、

梅を保管するには不向きです。

正しい保管方法についても、以下にまとめました。

【正しい保管方法】

・漬け始めは冷蔵庫で保管する

・高温多湿は絶対に避ける

・必ず重石をしてできるだけ空気に触れさせない

・全体の濃さを統一するため定期的に混ぜる

混ぜる際も、できるだけ空気に触れさせないよう

容器ごと動かして混ぜると良いです。

あとは、静かに冷暗所で保管しましょう。

まとめ

今回は梅のはちみつ漬けにカビが生えてしまった場合の対処法と、

カビが生えないようにする正しい下処理と保管方法についてご紹介しました。

はじめて挑戦される方も、

何度か失敗した経験がある方も、ぜひ試してみてくださいね。

この記事が少しでも参考になれば幸いです。




スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする