トイレのブラシが不潔で嫌!いつも清潔にするテクニックとは?

毎日使うトイレ。

掃除にブラシを使っているお宅は多いでしょう。

しかし、知らぬ間に雑菌の温床となっています。

雑菌だらけのブラシできれいになるの?

と考えてしまいますよね。

ここではトイレブラシをキレイに保つコツ。

手軽にできる、

トイレブラシを使わない掃除方法について

お話ししていきましょう。

スポンサーリンク

トイレブラシを清潔に保つ方法とは?お手入れ方法を紹介

最近のトイレは洗浄方法や素材などが工夫され、

汚れがつきにくいように工夫されています。

水を流すたびに除菌するジェルも有名ですよね。

とはいえ、掃除は必要です。

トイレ掃除で、なくてはならないトイレブラシ。

使いっぱなしや、落ちた髪の毛、ホコリなどが

ブラシに残っていませんか?

トイレブラシは、

こびりついた汚れを取るのにとても便利です。

しかし、使用してそのままケースに片付けてしまうと、

下水並みの雑菌が繁殖するそうです。

そんなバイキンだらけのブラシで掃除しても、

きれいになるとは思えません。

では、雑菌を繁殖させないためには、

どうすればよいでしょうか?

使用したブラシはきちんと水分を切り、

乾きやすい状態にしておきます。

ケースの底とブラシは接触していると、

底に溜まった水分で

雑菌が繁殖するので注意してください。

定期的にブラシの交換や、ブラシの除菌も必要です。

漂白剤などでしっかり除菌し、天日干しをしましょう。

方法1:流せるトイレブラシ。コストは掛かるが衛生的

しかし、トイレブラシを定期的にお手入れするのは、

なかなか手間が掛かりますよね。

もう少し手軽にできる方法について、

ご紹介しましょう。

使い捨てのトイレブラシはご存じですか?

ブラシ部分に洗剤がついていて、

掃除後には、そのままトイレに流せます。

掃除のたびに新しいブラシに変えるので、

衛生的ですし、除菌などの手間が掛かりません。

ただし、使い捨てはコストが掛かります。

手間か費用か、難しいところですね…。

方法2:トイレブラシを置かない選択

不衛生なトイレブラシでの掃除をやめるという方法です。

トイレブラシを使わなくても、便器の掃除はできます。

ゴム手袋をし、スポンジで磨きます

古いぞうきんを使用してもよいです。

ブラシでは届かない部分や、

掃除しにくいフチやノズルなども

楽に掃除ができます。

ただし、手袋をしているとはいえ、

直接便器を磨くのは抵抗がある方も

多いかもしれません。

方法3:流せるトイレブラシを自作する

直接磨きたくないが、費用もかけたくない。

そんな方は、

トイレブラシを自作するのはどうでしょうか?

トイレットペーパー流せるトイレ用掃除シート

割り箸に巻き付け、輪ゴムで留めます。

これで完成。

後は、掃除後に分別して捨てるだけです。

割り箸なので、ブラシより角度の微調整がしやすく、

細かい部分も掃除がしやすいです。

流せるトイレブラシは詰まる?

流せるトイレブラシやトイレ用掃除シートは、

いつでも清潔に使えて、片付けも楽でとても便利です。

しかし、消費生活センターなどに

トイレに詰まった等の相談

少ないながらも寄せられています。

主な原因は、水で溶けない(ほぐれない)シートを使用し、

配管で詰まってしまうそうです。

それも、マンション共有の配管に詰まってしまうと、

自分だけの問題ではなくなってしまいます。

赤ちゃんのおしりふきや、

除菌シート、ティッシュペーパー、

これらは水に溶けないものもあるので

流さないように注意してください。

あと、節水タイプのトイレも注意してください。

大量にトイレットペーパーを使用したり、

溶けにくいシートは、水量不足で詰まってしまいます。

まとめ

トイレブラシについてお話しましたが、いかがでしたか?

清潔なトイレを維持するためには、掃除道具を定期的に

交換や除菌する必要があります。

手間をかけたくないのであれば、

使い捨てブラシやスポンジなどで掃除も可能です。

トイレをいかに衛生的に保てるか、

費用や手間を考え、

自分に合った方法で掃除をしてくださいね。

入った時に気分がよくなる、

すてきなトイレを目指しましょう。




スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする