小3の子供がプリントを出さない本当の理由は?どう対処すべき?

子供が保育園や幼稚園の時は、親がカバンを確認したり、

「今日お手紙があります」などと

送り迎えの時などに先生から言われたり、で

こまめに確認をしている方も多いでしょう。

しかし、小学生になるとバスや徒歩などで

登校する為、直接的に先生と関わる事も減り、

次の日の準備も自分でするようになるので、

カバンを確認したりもしなくなります。

小学校入学後1〜2年間は、プリントを出して

くれていたけど、3年生あたりから出さなくなった、

という家庭も実際に多いのではないでしょうか。

ここからは、小3のお子さんが

・なぜプリントを出さないのか、理由は!?

・プリントを出さない場合の対処法とは!?

について、お話していきます。

スポンサーリンク

小3の子供がプリントを出さない本当の理由とは?

実は私も小3の頃は、恥ずかしいお話ですが、

親にプリントを出していませんでした。

その理由は、

・くしゃくしゃになったから

・親に渡し忘れたから、渡しづらいから

・面倒くさいから

この3つが主な原因でした。

くしゃくしゃになったから

言い訳になりますが、帰りの会の後に、

急いでカバンに教科書などを入れる際に

プリントがくしゃくしゃになることがよくありました。

例えば、連絡帳やクリアファイルなどに、プリントをはさめば、

シワにならないのに、ついつい簡単にたたんで、

カバンに入れてしまっていたため、

カバンの底でジャバラのように、

シワシワになっていることもしばしばでした。

このようにシワがついてしまったプリントは、

親に渡すと「何でこうなるの?」と、

注意されるのが分かるので、そのまま渡せなかった、

というのが私なりの理由です。

その他にも、いつもはきちんと連絡帳に挟んで

いるのに、たまたま帰り際に急にプリントを配られたり、

急いで帰らないといけなかったり、

また、友達が帰りの準備を待っていたりすると、

「急がなきゃ」と焦ってしまい、

ついついしてしまう事もあり、それがきっかけとなって、

出さなくなってしまうケースもあります。

親に渡し忘れて渡しづらくなったから

連絡帳にはさんで、家まで持って帰ったはいいけど、

帰宅後に宿題をしたり、遊びに出かけたり、

親がまだ仕事から家に帰ってきてないからなどの理由で、

プリントを渡すのを「後回し」にして

しまい渡せなかった、というケースもあります。

また、プリントには、きちんと作成日や

配布された日付が記載されている為、

渡すのを忘れていたのに気付き、後で

渡した時に「これ昨日のじゃない?」

「何でもらった日に渡さないの?」

「〇〇ちゃんはちゃんと出来ているのに」

などと、怒られるかもしれないと思い、

渡さずに捨ててしまった事も、実際にありました。

このように、わざとではなくただ忘れてしまっただけなのに、

親に渡しづらくて、プリントを出さなくなる子もいます。

面倒くさいから

小3くらいになると、友達と過ごすのが楽しい年頃となります。

また、その他にも、ゲームやテレビ番組、

アニメや漫画などにも夢中になる子も多いでしょう。

これらに夢中になり、宿題する事や明日の

準備をする事を忘れてしまう事もあるでしょう。

連絡帳には、宿題の内容や次の日の授業などを記して帰り、

プリントも挟んでいる方が多いですが、

家でカバンや連絡帳を開かなければ、

プリントを渡す事も忘れてしまいます。

また、親や周りから「〇〇しなさい」と、

注意されることにより、プリントを渡す事

を「面倒くさい」と感じる子も多いです。

また、そもそも親と必要以上に喋る事を

「面倒くさい」と思ってしまう事もあり、

これがきっかけとなり、プリントをださ

なくなってしまう子供もいます。

主にこの3つが原因となりますが、

難しい年頃に差し掛かるのもあり、

どうしたらいいか悩んでしまいますよね。

では、一体どのような対処をしたら、

この悩みは解消できるのでしょうか!?

スポンサーリンク

小3の子供がプリントを出さない時にどう対処すべき?

まずは、ありきたりかもしれませんが、

「親子の時間を大事にしましょう!」

 

おはよう、おかえり、おやすみなさい

などの挨拶はされている家庭が多いと思いますが、

それ以外にも、

「最近学校で風邪はやってない!?」

「そろそろ運動会だけど何に出るの!?」

「新しい服欲しいね、一緒に買いに行く!?」

など、学校の事や日常生活について、

何気ない会話を、まずは親子で共有することが大切です

また、プリントについても頭ごなしに叱るのではなく、

どうしてプリントを出さなくなってしまったのか、

聞いて見ましょう。

もしかしたら、ハッキリした返答は聞け

無いかもしれません。

その時には、プリントがシワシワでも、

出すのが遅れてしまっても怒らないから、

渡して欲しいと伝えましょう。

そして、出してくれたら「ありがとう」と

伝えてあげてください。

また、イベントのプリントなどあれば、

「これ行ってみたい!?」と声をかけて、

見るのも良いでしょう。

話をしても変わらない事も

ありますが、そういう時には怒らずに、

「提出期限があるものはお母さんも

〇〇も困っちゃうと思うから、確認して

それだけでも良いし、くしゃくしゃでも

遅れてもいいから出してくれないかな」

と話をしてみても良いでしょう。

出してくれたら、

「助かるよ。ありがとうね。」とお礼を

言うと、「プリントを出して良かった」

と子供も感じる事でしょう。

一番大切なのは、

プリントを出す事で子供が嫌な思いをしない

ということですので、出してくれたら注意をするよりも

まずは「ありがとう」と伝えてあげて下さい。

また、イベントの紙でしたら、

「今度、これ一緒に行ってみようか!?」

と提案してみるのも良いでしょう。

待つばかりではなく、「今日学校どうだった!?」

と聞いた後に、

「プリントもらった!?」

と何気なく聞いてみるのも良いかと思います。

まとめ

小3の子供がプリントを出さなくなる原因

として考えられるのは、プリントが

・くしゃくしゃになったから

・親に渡し忘れて、渡しづらくなったから

・面倒くさいから

この3つが考えられます。

学校から持って帰り、プリントを届けてくれた

子供は、「せっかく渡したのに怒られた」という

失敗経験から出さなくなってしまう場合や、

こんなプリントを出しても怒られる、と不安に

なり、出せなくなってしまう事もあります。

また、そんな親との関わりを「面倒くさい」と

感じてしまい、出さない子もいますので、

もし、プリントを出してくれたら、

「ありがとう」と伝えてあげましょう。

すぐにはうまく行かないことも多いですが、

お母さん自身の為にも、子供の為にも、

根気強く頑張りましょう。




スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする