じゃがいもは緑色になっても食べられる!?

袋にまとめて入ったじゃがいもをスーパーで買って帰って

開けてみると…

あれ?何か緑色のじゃがいもが混ざっている!?

なんて事ありませんか??

明らかに他のじゃがいもと色が違う緑色のじゃがいもは

食べて大丈夫なのでしょうか?

今回はそんな不安や疑問を解決できる

じゃがいもの緑部分の正体や処理方法をまとめました。

スポンサーリンク

じゃがいもは緑色になっても食べられる!?

緑色のじゃがいもですが、うっすらと緑色になっている

ものから部分的にはガッツリ緑色のまでいろいろ

見たことがあります。

中には、皮は普通のじゃがいもと同じ色なのに、

皮をむくと緑色だったりするじゃがいももあります。

では、この緑色の部分は食べても大丈夫なのでしょうか?

熟れてない果物のような感じもしますが、腐っている様

には見えないし、捨てるのはちょっともったいないですよね。

どうにかして食べられないかと思って調べてみた結果、

緑色のじゃがいもは事前にきちんと処理さえすれば食べられます!

ただし、緑色の皮の部分には毒が含まれているので

少し注意が必要です。

ジャガイモの緑色には毒素がある!?

では、この緑色の正体はいったい何者なのでしょうか?

それは天然毒素の「ソラニン」や「チャコニン」

という成分がじゃがいもの緑色部分の正体です。

じゃがいもは繁殖していく過程で外敵から身を守る為に

毒を持つ様になったという説があるそうです。

ジャガイモの芽に毒素が含まれていることは有名

ですが、この緑色の皮の部分も毒が含まれているとは

ビックリですよね!

緑色の皮の部分には通常色のじゃがいもと比べて、

ソラニンが約10倍多く含まれているといわれています。

また、小さく未熟なじゃがいもは毒素を多く含んでいます。

この緑色の部分を食べてしまうと最悪の場合、

食中毒を起こす事もあるので要注意です。

これは神経に作用する毒素なので食べてしまった時の

症状は次のようなものになります。

【ソラニンやチャコニンの食中毒症状】

・吐き気

・下痢

・めまい

・嘔吐

・腹痛

・頭痛

特に小さいお子さんがいる家庭では注意するように

してください。

子供は大人に比べて抵抗力が弱いので、

このような症状が強く出てしまう場合があります。

また一口程度で中毒を起こすような強い毒では

ないのですが、この毒素は蓄積するという点が

怖いところです。

蓄積すると昏睡状態に陥って最悪の事態を招く

こともありますので、味に異変を感じたら食べるのを

すぐにやめましょう

ソラニンやチャコニンを含む場合、苦みやえぐみ

感じられるので、口にした時に気づく事が多いです。

じゃがいもを使った離乳食メニューは多いですが、

その場合必ず味見をしてから子どもに食べさせる

ようにした方が安全です。

では間違って緑色のじゃがいもを食べてしまった場合は

どうしたら良いのでしょうか?

ソラニンやチャコニンの毒素は、食べて約20分後

くらいまでに何らかの症状が出るといわれています。

吐き気や嘔吐、腹痛などといった中毒症状が出た場合は、

早めに医療機関を受診してソラニン中毒の可能性

がある事を伝えてください。

スポンサーリンク

じゃがいもの緑色こうすれば大丈夫!

『毒』と聞くと怖いですが、じゃがいもの緑色になった

部分はしっかりと取り除けば食べられます!

緑色のじゃがいもを調理する時の下処理は少し

注意が必要なのでまとめました。

じゃがいもの下処理方法

①たわしやスポンジ、布などでこすり洗いし、

流水で土をしっかり落とす

明るいところでじゃがいもの皮の色を確認する

③緑色のじゃがいもはピーラーではなく包丁で

皮をむく

④緑色の皮は厚めに中見が白いところまでむく

(だいたい5ミリくらい)

芽とその周辺、緑色の部分は深く取り除く

④中心まで緑色のじゃがいもは処分

⑤中が黒くなっている部分は全て取り除く

⑥じゃがいもは皮付きで出来るだけ食べない

①で皮の色が良く見える状態にし②のように

調理する前にじゃがいもの色をよく見ることを

忘れないようにしてください。

明らかに他のじゃがいもと比べて緑色な気がする

と思ったら要注意です。

しっかりと皮の処理をして下さい。

ソラニンやチャコニンは水溶性なので皮をむいて

水で洗ったり、煮たり茹でたりすると多少減少する

といわれています。

しかし実際のところは加熱調理ではほとんど毒素は

分解されず、無毒化されません。

ただ、毒素の含有量から計算すると体重50kgの人

がじゃがいも2.5kgを一度に食べない限り中毒は

起こさないそうです。

しかし万が一の事を考えたら、しっかりと緑色の部分を

取り除くことが大切ですね。

まとめ

じゃがいもを購入する時は、大きく育った芽の出ていない

ものを皮の色を良く見て購入する様にしましょう。

じゃがいもを常備菜として、まとめ買いして家で保管

している方は多いと思います。

実は保管中に緑色のじゃがいもを作ってしまうという事も

あるのです。

じゃがいもの緑色は光が当たることでできてしまうので、

保管は光が当たらないように、新聞紙でくるんだりして

冷暗所に置くことを心がけて下さい。

またじゃがいもの長期保管は芽がでたり緑色にさせて

しまったりと毒素を増やしてしまう事になります。

それを避ける為、大量購入は控えて必要な時に都度購入

する事をオススメします。

じゃがいもは本当に便利な食材ですので、少し取り扱い

を注意して、無駄にする事なく美味しいメニューを

たくさん楽しんで下さいね!




スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする