本当は紫陽花の葉の毒って怖くないの!?人間には無害!?

梅雨の時期を彩る紫陽花(あじさい)

凛としていて、とてもきれいですよね。

実は紫陽花の葉の部分には

毒が含まれていることをご存知でしょうか。

毒があるといわれると

紫陽花に近づくのが少し怖くなりますよね。

紫陽花の葉が持つという毒は

人間にとってどのくらい有害なのか

カタツムリはなぜ紫陽花の毒が平気なのか

気になる疑問をまとめました。

スポンサーリンク

紫陽花の葉にある毒はどれくらい強い?

6~7月に花を咲かせる紫陽花は

近所の庭先でもよく見かける身近な花です。

庭や部屋を飾る花としてはもちろん料理の飾りとしても

紫陽花の葉が添えられていることがあります。

ですが紫陽花の葉には、人間が摂取すると

食中毒を起こす原因となる成分が含まれているのです。

実際に紫陽花によって発生した食中毒事件も

いくつか報告されています。

身近な花であるだけに少し恐ろしい話ですよね。

紫陽花にどんな毒があり、どのくらい強いのか

分かりやすく解説していきます。

紫陽花が主に毒を含んでいるのは葉の部分です。

しかしどのような成分が毒となっているのか

いまだに明らかになっていないのが現状です。

実際に有毒物質が検出される紫陽花もあれば

検出されなかった紫陽花もあるからです。

これは紫陽花の品種によって

成分や含有量が違うためだと言われています。

紫陽花から検出された主な毒は

青酸配糖体という植物由来の成分です。

聞きなれない言葉ですよね。

実はウメやモモといった果実の種子にも

含まれている有毒成分なんですよ。

「青ウメの種は食べないように」って

言われたことはありませんか?

種を守るため、小さくて未熟な果実には

青酸配糖体が多く含まれているからです。

そう考えれば意外と身近にある自然毒ですよね。

紫陽花には毒があると言いましたが

花や葉に触れること自体は危険ではありません

青酸配糖体はそのままでは無害なのですが

人間が食べることで有毒な物質に変わるのです。

少し詳しく説明しますね。

人間が紫陽花の葉を摂取したとき

葉に含まれる青酸配糖体が胃の中に入ります。

青酸配糖体は酸性の胃液と化学反応を起こして

シアン化水素という毒物が作られるのです。

ここで発生したシアン化水素は

人間の体内でたんぱく質の働きを妨害するため

以下のようなあらゆる症状が出現します。

・顔の赤み

・めまいやふらつき

・吐き気、嘔吐

・呼吸困難

・けいれん

・昏睡(こんすい)など

けいれんや昏睡まで、と考えると恐ろしいですが

国内で実際に起こった紫陽花による食中毒では

多くの人が数日の間には回復しています。

青酸配糖体の他にも

抗マラリア成分、嘔吐性アルカロイドといった

有毒な成分が検出された紫陽花もあります。

いずれにしても紫陽花の葉を口にしないことが何より大切です。

紫陽花の毒の致死量はどのくらい?

紫陽花の葉を食べることによって発生する食中毒の危険性を説明しました。

「毒」と聞くと「致死量」も気になりますよね。

いったいどのくらい紫陽花の葉を摂取すると

命に関わるのでしょうか。紫陽花の葉を食べたときに

体内で作られるシアン化合物は猛毒です。

具体的なシアン化合物の致死量は

体重1㎏あたり0.5~3㎎と言われています。

つまり体重50㎏の女性であれば25~150㎎です。

では紫陽花の葉をどれくらい摂取したら

この致死量になるのでしょうか。

実は紫陽花による食中毒の致死量は

科学的にまだ明らかにされていません

紫陽花にどのくらいの青酸配糖体が

含まれているのか不明だからです。

実際に起こった紫陽花の食中毒事件でも

死亡例は報告されてないのです。

紫陽花の葉を少し摂取した程度であれば

死亡にまで至る危険性は低いと言えます。

紫陽花を大量に食べる人はいないと思いますが

食べないに越したことはありませんね。

スポンサーリンク

紫陽花の葉に毒があってもカタツムリが平気なのはなぜ?

紫陽花といえばカタツムリが葉の上に乗っている

というイメージがありませんか?

紫陽花とカタツムリが一緒に描かれている

写真やイラストなどもよく見かけますよね。

でも紫陽花の葉には毒があるのに

カタツムリは葉を食べても平気なの?

って少し疑問に感じますよね。

実はカタツムリは、紫陽花の葉を

好んで食べているわけではありません

カタツムリが紫陽花の葉に乗っているのは

葉を食べるためではなくて

外敵や雨風から身を守るためなのです。

もちろん紫陽花の葉を食べるカタツムリもいます。

毒があるのに平気そうに食べていますよね。

その理由は、人間とカタツムリでは消化液の性状が違うからです。

紫陽花の葉に含まれる青酸配糖体は

胃酸と反応して毒に変わると説明しました。

しかしカタツムリの消化液はアルカリ性なのです。

なのでカタツムリが紫陽花の葉を食べたとしても

酸性の消化液を持っていないため

青酸配糖体が毒に変わることがありません

だからカタツムリは

紫陽花に毒があっても平気なのです。

まとめ

紫陽花の葉には青酸配糖体が含まれています。

人間が紫陽花の葉を食べることによって

青酸配糖体が体内の胃酸と化学反応を起こし

シアン化水素という毒に変わってしまうのです。

アルカリ性の消化液を持つカタツムリとは違い、

酸性の胃液を持つ私たち人間は、紫陽花の葉を

間違って口にしないよう注意が必要なのです。

紫陽花を食べなければ毒の影響はないので

庭や部屋を彩る鑑賞花として楽しんでくださいね。

紫陽花の色の違いって何で決まるの!?花の色はこれで自由自在!?




スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする