紫陽花の色の違いって何で決まるの!?花の色はこれで自由自在!?

紫陽花といえばどんな色をイメージしますか?

ピンク、紫、青…色とりどりできれいですよね。

実は紫陽花は、咲いている間でも

条件によって様々な色に変化する植物なのです。

同じ紫陽花なのに、なぜ色の違いが現れるのか

紫陽花の色の違いを決める要因をまとめました。

そして美しい紫陽花の色を

自由自在に変えて楽しむ方法もお伝えします。

スポンサーリンク

紫陽花の色の違いは色んな要因による

同じ紫陽花なのに違う色に変わる

その要因としては

・土が酸性かアルカリ性か

・土の中のアルミニウム

・土に含まれる水分や雨の量

・紫陽花の持つアントシアニン

・品種の特性

などがあげられます。

いろいろな要因がありますね。

紫陽花の色に違が現れる大きな要因は紫陽花が育つ土の性質です。

紫陽花を植え替えたら色が変わった

という話を聞いたことがあるかもしれません。

紫陽花を植えた土のphが酸性かアルカリ性か

によって紫陽花の色が変わってくるためです。

酸性の土で育った紫陽花の色は青紫や紫など青系の色になり

中性やアルカリ性の土ではピンクなど赤系の紫陽花が育ちます。

なぜ土のphで紫陽花の色が変わるのか気になってきますよね。

それは土に含まれるアルミニウムと

紫陽花が持つアントシアニンが関係しています。

アントシアニンといえばブルーベリーをイメージする人も多いかと思います。

アントシアニンとは植物に含まれる青紫色の天然色素のことです。

紫陽花にもアントシアニンが含まれています。

アントシアニンは土の中にあるアルミニウムと結合することで

紫陽花の色を青く変える性質があります。

つまり紫陽花が吸収するアルミニウムの量で

紫陽花の色が変わってくるという仕組みです。

「じゃあ土のphは何の関係があるの?」

という話ですが、実はアルミニウムの吸収量に

大きく関わってくるのが土のphというわけなのです。

どんな土でもアルミニウムは含まれています。

紫陽花は水分や栄養素とともに

土中のアルミニウムも根から吸収しています。

しかし中性やアルカリ性の土はアルミニウムが溶けにくい土なのです。

そのため紫陽花が根から吸収するアルミニウムの量なくなります。

花の色を青くする反応が起きにくいので赤系の紫陽花となるのです。

反対に、酸性の土の場合はアルミニウムが溶け出しやすくなっています

そのため紫陽花が根から吸い上げるアルミニウムの量

増えるので青や紫といった色の紫陽花となるわけです。

どちらかと言うと

青や紫の紫陽花をよく見かけると思いませんか?

雨の多い日本では土が酸性になりやすいため

青い紫陽花が育ちやすくなるという特徴があります。

ちなみに白い紫陽花を見たことがありますか?。

アナベルという品種は

アントシアニンを持たない紫陽花です。

そのため土の性質が変わっても白色を保ちます

ともてきれいな紫陽花なので

気になった方はぜひ育ててみてください。

庭の華やかさがアップすること間違いなしです。

紫陽花の色を咲いている途中で変えることはできる?

紫陽花は土の性質によって色が変わります。

では、花が咲いている途中でも紫陽花の色を

変えることはできるのでしょうか

途中で色を変えられたら紫陽花の楽しみ方が

ぐっと増えそうですよね。

紫陽花の花言葉は「移り気」と言われるほど

さまざまに色が変わりやすい植物なのです。

紫陽花は

・植える場所を変える

・土の性質を変える

といった工夫によって

途中からでも色を変えることができます

紫陽花の育つ環境を整えて

自分好みの紫陽花を

育ててみるのも楽しそうですよね。

スポンサーリンク

紫陽花の色は肥料で自由自在にできる?

では実際に、どのように調整を行えば

紫陽花の色を変えることができるのか

その方法を詳しく説明します。

色を変えるには土のphを変える必要がありますが

紫陽花を別の場所に植え替えるのは大変ですよね。

途中から紫陽花の色を変えたい場合は

適切な肥料を使用して土phを整えることをおすすめします。

赤系の紫陽花に変えたいときは

まず赤系の紫陽花に変えたいときは土のphを中性~アルカリ性に整えます。

使う資材としては

・消石灰(しょうせっかい)

・苦土石灰(くどせっかい)

などがあります。

消石灰は皮膚に炎症を起こす危険があるので

初心者でも使いやすい苦土石灰がおすすめです。

また、卵の殻を利用する方法もありますよ。

卵の殻には弱アルカリ性の炭酸カルシウム

が含まれているのです。

乾燥させて粉状に砕いた卵の殻を紫陽花の周囲に

撒くだけで良いのでお手軽に挑戦できます。

捨ててしまう卵の殻を活用できるので

ごみも減って一石二鳥ですよね。

◆青系の紫陽花に変化させたいときには

青系の紫陽花に変化させたいときには酸性の土になるよう調整します。

そのためには

・鹿沼土(かぬまつち)という軽石やピートモス

といった肥料がおすすめです。

これらを使って土のphを上げる必要があります。

他にも硫酸アルミニウムを薄めた液体

紫陽花の周りに撒く方法もあります。

こうすることで紫陽花の吸収するアルミニウム量が増えるので

きれいな青系の紫陽花を育てることができます。

どの肥料を使用する場合でも肥料を施す時期

紫陽花が開花する少し前、5月頃が理想です。

梅雨前に肥料を撒いておけば

去年とは違う花の色を楽しむことができますね。

また紫陽花の色を変えるために開発された

専用の肥料も販売されています。

それを使えば比較的簡単に

紫陽花の色を変えることができるのです。

「細かく考えるのは難しそう…」

と感じている方は

ぜひ専用肥料を使ってみてください。

赤系と青系紫陽花をどんな色に育てるか

考えるだけでもわくわくしますね。

まとめ

紫陽花は土の性質によって赤系と青系という色の違いが現れます。

肥料を使って土の性質を整えれば紫陽花の色は自由自在です。

紫陽花を自分好みの色に変化させて

ガーデニングをもっと楽しんでみてくださいね。




スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする