デイサービスで子連れ出勤されることに抵抗があるけどどうしたらいい?

近年、職場での子連れ出勤が広まっています。

しかし高齢者が集まるデイサービスなどの施設で

子連れ出勤する職員に対して

抵抗感がある人も多いのではないでしょうか。

そこで、子連れ出勤を導入している

デイサービスで働いている職員の視点から

実際の意見や評価をまとめました。

子連れ出勤する人と周りの職員が

円滑に働くための対策もご紹介します。

スポンサーリンク

デイサービスに子連れ出勤することに賛成?反対?

 

最近の求人案内を見てみると「子連れ出勤OK

という表記をよく見かけるようになりました。

少子高齢化や待機児童などの問題を受けて

ついに政府が子連れ出勤を推奨し始めたのです。

子連れ出勤すること、されることについて

みなさんはどう思いますか?

・保育園に入所できなくても職場復帰ができる

・子供が安心できる

などのメリットがある一方で

・周りの人に迷惑がかかる

・子供を連れて仕事するのは難しい

という意見もあり

まさに賛否両論の状態です。

あるアンケート調査では

回答者の8割が「子連れ出勤に反対」

という結果も発表されました。

政府には批判の声も多数集まっているようです。

子連れ出勤をする人自身も手のかかる子供を連れて

仕事をこなすのはかなりの労力です。

また、職場に子供を連れて行けば

その人だけではなく周りの職員にも

少なからず影響がありますよね。

とくにデイサービスなどの

高齢者に対してサービスを提供する職場では

利用者さんへの配慮も必要となってきます。

デイサービスで子連れ出勤をしている人の

周りで働く職員はどう感じているのでしょうか。

賛成派、反対派の意見に分けてまとめます。

<デイサービスの子連れ出勤に賛成>

・高齢者にとって良い刺激になる

・デイサービスの雰囲気が明るくなる

・職員数が確保できるので助かる

<デイサービスの子連れ出勤に反対>

・仕事は仕事で分けて欲しい

・無理に出勤するより休んで欲しい

・子供のしつけをしっかりして欲しい

・保育園に預けて欲しい

子連れ出勤した人の周りで働く職員としては

「子連れ出勤に大いに賛成」とする人や

「職場がOKなら仕方がない」と

受け入れる意見もありました。

しかし全体的に反対派の意見がよく目立ちます。

デイサービスを含め、職場に子供を連れて行く

ことはあまり歓迎されないようです。

ただ、子連れ出勤に反対派の人でも施設内に

子供を預けられる託児所やキッズスペースが

あれば良いという意見も数多くありました。

子供と仕事を区切るメリハリが求められています。

子連れ出勤に反対するのはなぜ?

 

賛否両論の子連れ出勤。

その周りで働く人々からは反対派の人が

多数見受けられましたがなぜ反対なのでしょうか。

反対派の意見を詳しく見ていきます。

<危険、リスクが高い>

・子供が走り回ると利用者が転倒する危険がある

・利用者の薬を飲もうとする可能性がある

・子供や利用者の感染症が心配

<気が散る、仕事が進まない>

・騒がれるとイライラしてしまう

・余計な仕事が増える

・親の代わりに子供の相手をすることがある

<子供がかわいそう>

・子供が自由に遊べない

・大人しく過ごすことを強要される

とくに安全面からみた反対意見が多いようです。

確かに子供を連れて行ったことが原因で

利用者さんが転倒してしまったら…

考えただけでも恐ろしい話ですよね。

子連れ出勤する人だけではなく周囲の職員も

ヒヤヒヤしながら利用者さんと

子供を見守らなければなりません。

そしてデイサービスでは利用者さんの薬の管理も行っています。

少し目を離した間に子供が

薬を誤飲してしまうかもしれないと思うと

怖くて目も離せないですね。

薬の誤飲を予防するために

今まで以上に徹底した管理が必要となります。

デイサービスで子連れ出勤する人がいれば

周りの職員にかかる業務負担や

心理的負担もさらに増えることが予想されます。

このようなリスクを考えると

子連れ出勤を温かく迎えられる人ばかりでは

ないというのが現実です。

さらに子供を好ましく思わない人もいます

実際、デイサービスに勤務していた私の知人には

「子供が嫌いだから高齢者と関わる仕事がしたい」

という考えを持つ人もいました。

また、職員ではなく。利用者さん自身が

子供に抵抗感を持っている場合もあります

デイサービスは高齢の利用者さんが

中心となる施設です。

厳しい言い方ですが、子供よりも

利用者さんのことを優先的に考えて

行動する必要があります。

以上の意見をまとめると、デイサービスは

子連れ出勤に適した環境を整えることが

難しい職場といえますね。

スポンサーリンク

子連れ出勤する人とまわりの人がお互いにいい関係を築くには?

やはりデイサービスでの子連れ出勤には

問題点や課題が多いようです。

しかし働き方の見直しが注目されている現代、

子連れ出勤の波も徐々に広まりつつあります。

子連れ出勤を導入する職場には

託児所やキッズスペースといった子供用の場所を

確保するよう求める声も多数挙がっています。

確かに、職場で子供を預けることができれば

親にとっても周りの職員にとっても

そして利用者さんの安全面からみても安心です。

ただ、保育サービスを充足させるには

それなりの資金や人材が必要になります。

なかなか導入には至らないのではないでしょうか。

職場や政府に対応を任せるだけではいけません。

実際に職場で働く私たち個人にも子連れ出勤を

受け入れるための柔軟な対応が求められています。

子連れ出勤をする人と周りの職員が

お互いに話し合って解決策を見つけ、

折り合いをつけて働くことが大切です。

では子連れ出勤する人と周りの職員が

良い関係を築きながら働くためには

どういった対策が必要なのでしょうか。

<子連れ出勤する人>

子連れ出勤をする立場になるのであれば

日頃から子供への最低限の教育を行い、

思わぬ事故を防ぐことがなによりも大切です。

まずは子供に「職場で走らない」、

「勝手に人のものを触らない」、「騒がない」など

基本的なマナーやルールを教えておきましょう

不要なトラブルを防ぐためにも

きちんとしつけをしておくことが一番効果的です。

しかし言葉の分からない小さな子供に

しつけをするのは難しいですよね。

なるべく泣いたりぐずったりしないように

子供の気を引けるおもちゃを用意したり

上手に寝かしつけられるように対応するなど

子供の年齢や発達に応じた工夫が必要です。

そして子連れ出勤を受け入れてくれている

周りの職員への感謝の気持ちを

忘れないようにしてくださいね。

<周りの人>

子育てをしながら働く親は

職場に迷惑を掛けたくないけれど…と

深く悩み抜いた末に、やむを得ず

子連れ出勤に踏み切っている場合がほとんどです。

まずは温かく見守る優しさを持ってあげてください。

困ったときはお互い様。

介護の世界では思いやりが大切です。

もしも子供の行動が目に余るようであれば

上司に相談することも一つの手段ですね。

また職場側の対応として

定期的に職員へのアンケートを行い

課題の明確化や解決に繋げている施設もあります。

子連れ出勤が必要な人と

それをサポートする周りの職員。

お互いに理解を深めながら支えあえる

柔軟な対応力が今後の職場には必要です。

まとめ

デイサービスでの子連れ出勤には

抵抗感がある人や反対意見を持つ人が多数存在します。

お互いに折り合いをつけながら、

子連れ出勤する人にとっても周りで働く職員にとっても

働きやすい職場を築いていけると良いですね。




スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする