お盆お寺へのお金の表書きは何がベスト?金額の相場と渡し方を解説!

お盆法要や読経への謝礼として

お寺へお渡しする「お布施(ふせ)」

いったいどのくらいの金額を用意すれば

良いのか悩む方も多いのではないでしょうか。

そこで一般的なお布施の相場をまとめました。

お布施の表書きや包み方、渡し方のマナーもお伝えします。

スポンサーリンク

お盆のお寺へのお金の表書きはどうする?

我が家ではお墓参りの際に

お世話になっているお寺へお布施を

お渡ししています。

お布施は謝礼なので薄墨ではなく

普通の墨か筆ペンを使って表書きします。

表書きは「御布施」または「お布施」です

表書きを記載せずお渡しする方もいますが

空白でも問題ありません。

封筒に「お布施」と印刷されているものは

そのまま使います。

表面の下段中央には

施主の氏名」または「○○家」と記載します。

奉書紙の場合は中包みの半紙に

封筒の場合はその裏面に

お布施の金額」と「施主の住所・氏名」を

記載しておきます。

金額の記載はなくても良いのですが

お寺ではお布施の合計金額を計算する必要が

あるそうなので、記載されていた方が親切です。

金額の書き方ですが

旧字体の漢数字を使って表記します。

その理由は、普通の漢数字だと線を付けすだけで

書き換えが可能であるからだそうです。

また金額の前に「金」と入れる地域もあります。

例:

1万円→金壱萬圓

3万円→金参萬圓 など

これでお布施の包みは準備万端です。

私はきれいに字を書くことが苦手なのですが

印刷に頼ってしまうよりも手書きの方が

感謝の気持ちが伝わりやすくて良いそうですよ。

お盆お寺へのお布施の相場は?

しかしお布施は明確な金額の決まりがなく

「どの程度のお金を包めば良いのか分からない」

と家族で頭を悩ませながら用意していました。

お金のことになるとご近所の方にも

少し聞きづらいですよね。

実際にご住職へお尋ねしたことがありますが

やはり「お気持ちで」と言われてしまいました。

確かにお布施はお寺や僧侶への

感謝の気持ちとしてお渡しするものなので

お任せします、ということなのかもしれません。

ですが「お気持ちで」と言われても

気持ちを金額で表すって難しいと思いませんか。

だいたいの目安や相場が知りたいですよね。

お布施の他に用意すべき

金額についてまとめてみました。

<お盆法要>

一般的なお盆法要の場合には

お布施の相場は5,000円~10,000円です。

しかし個人の経済状況によって

無理のない範囲で良いようです。

<初盆・新盆>

四十九日の法要が終わったあと初めて行う

お盆法要を「初盆・新盆」と言います。

親戚も集まってお墓の前で読経を行ったり

合同で法要を行ったりと地域によって様々です。

一般的なお盆法要よりも特別なので相場も高く

30,000円~50,000円が目安となります

<お車代>

僧侶が自宅や会場まで法要に来てくださった

場合にはお車代を用意します。

距離にもよりますが相場としては

5,000円~10,000円程度です。

以前私の親戚の家で法要を行った際は

タクシーを手配していました。

その場合は直接運転手へお車代を

お支払いすれば良いようです。

<御前料>

読経の後に会食を行う場合があります。

僧侶が会食に参加されなかった場合には

御前料をお支払いします。

相場は5,000円~10,000円程度です。

会食に参加された場合やお弁当を

持ち帰っていただいた場合には

御前料を用意しなくても問題ありません。

「お気持ちで良いです」と言われるお布施ですが

だいたいの目安が分かると安心ですよね。

お布施は明確な金額が決められているわけでは

ありませんし地域によっても違いがあるので

一般的な目安としてご参考ください。

※ちなみにお車代や御前料を用意する場合

ひとまとめにせず

一つずつに分けて用意してください

スポンサーリンク

お布施の渡し方は菓子折りと一緒にどうするの?

お布施の金額が決まったら

次はどのようにお渡しするかです。

金額に問題がなくても

渡し方によっては失礼にあたることもあります。

お布施の包み方や渡し方のマナーを

知っておくことが大切です。

前提としてお布施は不祝儀ではないので

慶事として取り扱います。

お布施を正しくお渡しできるように

包み方や渡し方をまとめました。

<お布施の包み方>

お布施の包み方は主に2つあります。

奉書紙を使った包み方が最も丁寧です。

  • 半紙と奉書紙(ほうしょし)に包む

まずはお札を半紙で中包みします。

次に奉書紙で慶事折りに上包みします。

奉書紙は滑らかな方が表です。

お札はできるだけきれいな新札を選び、

肖像画が表になるように包みます。

水引は不要です。

  • 白い封筒に包む

無地の真っ白い封筒を用意します。

2重になっているものは「不幸を重ねる」

という意味になるので避けましょう。

「お布施」と印刷されている封筒を

選ぶことは問題ありません。

半紙と奉書紙を使うのが良いとされていますが

家に置いていない人も多いですよね。

近年は白い封筒でも良いと言われていますので

我が家では白い封筒を使っています。

半紙と奉書紙だとお札の包み方も難しいですので

「半紙の折り方もよく分からないな」という方は

白い封筒を使うことをおすすめします。

<お布施を渡すタイミング>

お布施をお渡しするタイミングも大切です。

自宅で法要を行う場合

読経の後、僧侶にお礼の挨拶をする際に

お渡しします

お寺で行う場合には

法要が始まる前に僧侶へ挨拶し、お渡しします

<お布施の渡し方>

お布施を渡すときにも

知っておくべきマナーがあります。

気を付けるポイント

僧侶へ直接お布施を手渡さないことです。

また机や畳の上に置いてお渡しすることも

マナー違反となりますので注意が必要です。

知らないとつい無意識に

してしまいそうな渡し方ですよね。

正しくお布施を渡す方法は主に3つ

1・菓子折りにのせて渡す

菓子折りを用意した場合は

その上にお布施を載せて渡し、

直接手渡さないようにします。

お布施を渡す際には床の上で

菓子折りを引きずらないことが大切です。

手で菓子折りを持ってお渡しします。

2・切手盆にのせて渡す

小さな黒い切手盆というお盆に

お布施を載せてお渡しします。

菓子折りと同じで

床の上で滑らせないように

お盆を手渡してください。

切手盆がない場合は葬儀会社などで

レンタルもされていますよ。

3・袱紗(ふくさ)に包んで渡す

あらかじめお布施を袱紗で包み

渡すときに袱紗から取り出します。

この際も直接手渡さないように

袱紗の上にお布施を乗せてお渡しします。

お布施をお渡しする際は

本日はありがとうございました。

これはお礼です。些少(さしょう)では

ございますがお納めください

など一言お礼の言葉を添えると

スムーズにお渡しできますよ。

まとめ

お盆の法要でお寺にお渡しする

お布施のマナーはたくさんありますね。

お布施の相場や包み方、渡し方など

知っておくと必ず役に立つので

ぜひ参考にしてみてください。




スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする