喪服と礼服一緒でOK!?30代パパが入学式や結婚式で着用できる?

礼服の購入を考えている方、

子育てに出費がかさむ時期には、

出来れば出費を抑え、慶弔両方に使える

礼服を考えてるのではないでしょうか?

30代の男性ともなれば

管理職になっている方もおられるでしょう。

一着フォーマルスーツを持っている事で、

冠婚葬祭に着る事が出来ます。

冠婚葬祭だけでは無く、入学式、結婚式にも使える

礼服の選び方をお伝えします。

スポンサーリンク

喪服と礼服は一緒です!そもそも喪服とは?

一着のフォーマルを

喪服、礼服として使用する場合の注意点は何でしょうか?

フォーマルを選ぶ時は、生地の種類、色に注意します。

色は、一番格式が高いとされている「漆黒」のものを選びましょう。

普通のビジネススーツの黒と喪服の黒とは色合いが違います。

礼服とは「冠婚葬祭」で着る正装を指します。

男性の場合ですと、正礼服、準礼服、略礼服、平服に分けられています。

どちらの場合においても故人、遺族、新郎新婦、親族に

敬意を表して着る洋服のことです。

その中でも弔事に着る服を「喪服」と呼んでいます。

礼服の中に喪服が含まれます

男性の場合、一着の礼服を慶弔関わらず

ネクタイの色により区別する方が多いようです。

ただ、ビジネス用の黒のスーツを

喪服としては着る事はタブーとされていますし、

喪服をビジネス用のスーツとして着る事もタブーです。

但し、入社したてや学生でまだ喪服を用意していない場合や、

急なご不幸で勤務先からお通夜に参列する場合は

ビジネス用スーツを着ても構いません。

フォーマルスーツと言えば、ボタンがダブル

(2列)になっているものを思い浮かべるでしょう。

黒のダブルのスーツを持っている事で、

慶弔どちらの場合にも着ることが可能です。

特別な場合を除いて、ビジネス用スーツと慶弔用のスーツは

別にするのがマナーですし、そうされている方が多いようです。

それは、ビジネススーツと慶弔用のスーツとでは、

スーツを着る目的が違いますし、

生地や黒の色の違いもあるからです。

喪服を卒・入学式で着る場合ネクタイなど小物で変化をつけよう!

卒業式、入学式に出席される場合、

喪服そのまま着て出席することは避けた方が

よろしいかと思います。

せっかくのお祝いムードが一変、

哀しみムードに変わってしまいます。

男性ならネクタイを明るい色にする、

ポケットにチーフを入れる。

ネクタイピンやカフスボタンで個性を出す事が出来ます。

小物を上手に使いこなすことによって

お祝いムードを演出して下さい。

スポンサーリンク

喪服を結婚式用のスーツとして使う場合は?

一着のフォーマル、

喪服を結婚式用のスーツとして使う場合は、

必ずクリーニングをし直しておきましょう

前にクリーニングしておいても

しわが出来ていたり、カビが

生えていてびっくりすることもあります。

何よりおめでたい結婚式に参列するのですから、

不幸を結婚式に持ち込んではいけません。

男性の場合、喪服も結婚式も

同じスーツとして着用される方は多いです。

黒のフォーマルを結婚式に着用する場合は、

ネクタイ白やグレーのストライプを選んで

格調高井装いにしましょう。

胸のポケットに白のポケットチーフを入れる。

ネクタイピンカフスで個性や華やかさを演出しましょう。

・ネクタイの選び方

結婚式に相応しいネクタイは白が主流でありますが、

今はシルバーグレーが格調高く見栄えがするので

シルバーグレーのストライプを選ぶ人が増えているそうです。

ネクタイも主賓として出席する場合と、友人知人、兄弟姉妹の

結婚式とでは差をつけます。

親族として出席する場合は格調高く見える、シルバーグレー

シルバーゴールドのストライプを選ぶと間違いがありません。

主賓として出席する場合はシャンパンゴールドを選びましょう。

周りと差をつけることが出来ます。

友人知人の場合はパステルカラーを選び、明るさを出します。

・慶弔分けた方がいいの?

男性用のフォーマルスーツは慶弔別にするかはその人の考えにもよりますが、

一般的には慶弔兼用にされている方が多いようです。

どちらも着る機会があんまりないからです。

上質のスーツ(春、夏用、秋冬用)と2着あればいいです

特別に慶弔別にしなくても大丈夫です。

【まとめ】

以上の様に30代男性の喪服の使い方、慶弔の使い方について

述べて来ました。

不幸は急に来ることが多いものです。

特に結婚して子育てをするようになる時期には、

親戚、自分たちの親を始め、近所の人などの

不幸に接することが多くなって来ます。

冠婚よりも葬祭の方が多いです。

そんな時に慌てぬように、せめて

一着はフォ―マルを用意しておきましょう。

ブランドに拘らなくても

上質のフォーマルスーツを選んで下さいね。

良い物を持っていることで慶弔兼用で着用することが出来ます。

上質のスーツとネクタイ、ネクタイピン、

カフスボタン、ポケットチーフ、

内羽根の靴を選んでおいて下さいね。




スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする