桑名水郷花火大会2019の場所取り穴場スポット12選【地図有】

GoogleMapのルート検索した状態の画像添付で

穴場と本会場との距離感もわかりやすくお伝えしてます。

三重県内第1位、全国でも10位の人気を誇る、

桑名水郷花火大会が今年は7月28日(日)に延期開催されます。

駅から会場までは例年大混雑。

いい場所で花火を見たいけれどできるだけ混雑は避けたい…

そんな欲張りなあなたに特別におススメの特等席をお伝えします。

花火大会は台風6号の影響のため7月28日(日)に延期が決定しました(28日(日)の開催については午前7:00ごろ桑名市観光協会HP・桑名市HPで発表とのことです)。詳しくは桑名市公式facebookをご覧ください

スポンサーリンク

Contents

桑名水郷花火大会2019の場所取りについて

  • 例年同様、花火大会開催日前日午後3時までの場所取りは一切できません。会場設営のための工作物(バリケード・ガムテープ等)以外の物を設置することは一切認めません。会場内でのシート等放置物件は、発見次第撤去いたしますのでご注意ください。

桑名市観光ガイドより

https://kanko.city.kuwana.mie.jp/pickup/hanabi/manner/index.html

桑名水郷花火大会の穴場スポットは?デートにもオススメ

1・揖斐川河畔(市街地側)

近鉄・JR・養老鉄道 桑名駅から徒歩18分、

三岐鉄道 西桑名駅から徒歩18分の場所にあるこの場所では、

低い位置の仕掛け花火もしっかり正面から楽しむことができます。

Googleマップ

しかし、打ち上げ地点の目の前である超王道のこの場所は毎年かなり混雑し、

最低でも午前中のうちに場所取りに行かなければここで座って観るのは難しいでしょう。

2・なばなの里

Googleマップ

例年桑名水郷花火大会の日は営業時間が延長されるため、

ゆったり散策やディナーを楽しんだ後、

そのまま花火を楽しむことができてしまいます!

低い位置での仕掛け花火は少し見えにくいですが、

打ち上げ花火は問題なく大迫力で見ることができます。

敷地も広く、ほとんど混雑していないので

ゆったり座って楽しむことができ、ストレスなく満喫できるでしょう。

花火大会だけを楽しみたい!という方のために、

ほかにも混雑を避けて花火を見られるスポットをいくつか紹介します。

3・なばなの里近くの長良川河畔(長島側)

Googleマップ

近鉄長島駅で下車すると、花火大会会場の向かい側であるこの河川敷から花火を見ることもできます。

4・長良川河口堰管理所

Googleマップ

5・アクアプラザながら周辺

Googleマップ

はこのあたりでも人気の穴場スポットですが、

混雑は本会場と比べるとかなりましです。

6・バロー桑名東店の駐車場

Googleマップ

ここは花火大会の日に駐車場として無料開放されているのですが、

屋上のため、きれいに花火を見ることができます。

駐車場で花火が見られるスポットは他にもあり、

7・アピタ桑名店の屋上駐車場

Googleマップ

8・三洋堂書店桑名店の駐車場

Googleマップ

ただし、あくまでも観覧場所としてではなく駐車場としての開放ですので、

もちろん車は常時行き来しますし、レジャーシートなどを敷いて

座って観ることはできません。

ゆっくり安全に見たい方は他の場所のほうがおすすめですが、

立ってでも人の少ないところで少しだけ花火を見たい、

という方はぜひ行ってみてはいかがでしょうか?

9・エアポート777

こちらは毎年恒例で桑名水郷花火大会に合わせて

18:00~21:00の間、屋上が開放される穴場スポットです。

毎年恒例のため、有名になってきてはいますが、まだまだ人混みは少ないです。

見晴らしもよくしっかり花火を見ることはできますが、

打ち上げ場所から少し距離があるのではっきり見るのは難しいかもしれません。

Googleマップでエアポート777と会場との距離感がわかります↓

10・揖斐川上流の中州付近

中州と言っても花火打ち上げ場所からさらに上流にのぼったこの場所は、多少距離はありますが、打ち上げ音もうるさくなく、お子様がいる場合などは落ち着いて楽しめそうです。

Googleマップで会場との距離感がわかります↓

11・柿安コミュニティーパーク駐車場

Googleマップ

12・住吉神社

Googleマップ

打ち上げられる花火が迫力満点の大きいものが多いということもあり、

会場周辺の広い範囲で花火を楽しむことができます。

混んでいるところはちょっと…とあきらめずに、

この夏の思い出に行ってみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

桑名水郷花火大会 有料観覧席

やっぱりベストポジションから座ってみたい、という方には有料席がおすすめです。

有料席にはパイプ椅子の用意されている席から2人マス、

4人マスとレジャーシートを敷いて座る用の場所まで幅広く用意されており、

値段は椅子席が1人あたり6000円~8000円、

レジャーシートをひいて楽しむ2人マスが7000円(2人分)、

4人マスが12000円(4人分)となっています。

この有料の席を予約しておけば座る場所がない!

と困ることなくベストスポットでの鑑賞が可能です。

桑名水郷花火大会 有料席チケット

そんなにお金をかけたくないよ…という方にお勧めなのが、

より安価でベストポジションを確保できる当日限定販売シート席。

1人1500円で用意されており、このチケットを買えば

六華苑第二駐車場で座って花火を見ることができます。

【注意点】

ただし、このお得なチケットは

当日13時から限定販売なので会場へ早く行く必要があります!

桑名水郷花火大会 日程 時間

開催日時 2019年7月27日(土) 19:00~21:00
会場 揖斐川河畔(鍋屋堤)
荒天中止時 28日(日)へ延期
小雨 決行

花火大会当日の開催か延期かの判断は当日朝7時頃に決定され、

電話(0180-995-987)で音声案内があります。

小雨決行とある通り、

多少の天候不良の場合も開催されることが多いです。

天気が怪しいなという場合は必ず開催されるか

チェックしてから会場に向かってくださいね。

桑名水郷花火大会 見どころ

桑名水郷花火大会は何といっても『東海地区最大級 2尺玉花火』!

大輪の花のようにきれいに広がる大きな花火は大迫力。

しかもそれが何発も連続で見られるので、見ごたえはばっちりです。

さらにフィナーレでは色とりどりの花火が次々と打ち上げられます。

たくさんの花火が夜空に打ちあがっている状態が数分間続くので、

SNS用に写真や動画を撮りたい方はフィナーレがおすすめです!

この迫力と美しさは映えること間違いなしですね。

桑名水郷花火大会 屋台

最後に、花火と同じくらい楽しみにしている方が多いであろう屋台についてお伝えします。

桑名水郷花火大会では毎年たくさんの屋台が並びます。

やはり屋台が集中するのは揖斐川河畔(市街地側)エリア。

混雑は予想されますが、焼きそばやかき氷、ベビーカステラ、ラムネにビールなど様々な食べ物や飲みものが楽しめます。今年は流行りのタピオカドリンクの店なんかも出るのでしょうか??花火を見るだけではなく、お祭り気分もしっかり楽しめるのは重要ポイントですよね。

午前中からはりきって場所取りをして、彼女とともに、屋台で買ってきたおいしい食べ物を食べつつ花火の時間までいろんな話をして過ごす。

そんなデートも夏らしくていいかもしれません。

桑名水郷花火大会 無料駐車場

桑名水郷花火大会は交通規制も実施され、渋滞も発生することから、できるだけ公共交通機関で行くことをお勧めします。

ただ、小さなお子様がいる場合や遠くからお越しの場合など、車でないと…という方もいらっしゃいますよね。

そこで気になるのが駐車場です。

花火大会当日、できることなら無料で駐車したい!と思われる方も多いと思います。

バロー桑名東店の屋上駐車場

こちらは例年花火大会の日は無料開放されており、

店内にはトイレもあること、そして屋上という立地から、

花火もきれいに見えることから、花火鑑賞スポットとしてもおすすめの場所です。

ただし、2019年も無料開放するかどうかは未定です。

花火当日の無料駐車場はほとんどない状態なので、

もし無料開放されるとなるとかなり人気になる事でしょう。

無料で停めたい!という方は、早めの出発をお勧めします。

桑名水郷花火大会 臨時駐車場

  • 日進小学校
  • 精義小学校
  • 立教小学校
  • 修徳小学校
  • 光風中学校

それぞれの校庭で料金は一律2000円です。

臨時駐車場は基本的に当日の16時ごろから開放されますが、

数時間でほぼ満車になりますので時間には余裕をもって行くようにしましょう。

その他には、

  • サンファーレ駐車場
  • 吉之丸コミュニティパーク駐車場
  • 市民プール駐車場
  • 市営末広駐車場
  • 市役所南立体駐車場

などといった有料駐車場も利用可能です。

それぞれ70~200台ほどの駐車スペースがありますので、

臨時駐車場がいっぱい!という場合や、

16時以前から停めたいという場合にはこちらがおすすめです。

桑名水郷花火大会 当日の交通規制は?

桑名水郷花火大会当日、17:30から会場周辺の613号線が通行止めになります。

また、打ち上げ会場の反対側である長島方面も、揖斐長良大橋からなばなの里にかけての広い範囲が18:00から通行止めになります。

会場周辺の交通規制は、打ち上げ開始前だけでなく、

花火の打ち上げが終わっても会場周辺は混雑が予想されるため、

人の動きが落ち着く21:00ごろまで続くとされています。

混雑状況等によっては交通規制がかかる時間が長引くことも予想されます。

行きだけではなく、帰りも交通規制が続いているため、なかなか帰れない!とならないよう、駐車場を探す際には帰りの動線もしっかり考えておくといいでしょう。

桑名水郷花火大会 渋滞

花火大会当日は、会場周辺の交通規制の影響もあり、広い範囲で渋滞が予想されます。

その中でも例年特にひどいのが、花火大会会場と桑名駅の間の国道1号線と23号線です。

桑名駅周辺にはお店も多く、普段から交通が多いのに加え、

花火大会当日は駐車場を探してさまよう車、駐車場の列に並ぶ車がたくさんなので、早い時間からの渋滞が予想されます。

桑名市内は花火の時間が近づくにつれて、歩行者の数もどんどん増加していき、交通規制も始まるため、一度発生した渋滞が少し緩和するのは花火の打ち上げが終わって数時間たった22:00ごろからになると思われます。

駐車場の出し入れに伴う混雑がひどいので、駐車スペースを探して渋滞にはまってしまっているうちに花火が始まってしまった!ということがないように、車で近くまで向かおうという方は特に早めの行動を心がけたほうがよさそうです。

さらに、行きよりも渋滞がひどくなるのが花火終了後の帰り道です。

特に駐車場からの出庫は混雑を極めます。

各駐車場から一斉に車が出てきて道は大渋滞。

駐車場から出るのに数十分、ということも珍しくないようです。

行きも帰りも、何の準備もなしに渋滞にはまってしまうと何時間も居心地の悪い時間を過ごさなければならなくなるかもしれないので、

しっかりトイレや水分などの買い出しを終わらせ、渋滞の中でも車内で快適に過ごせる工夫をして出かけるといいですね。

桑名水郷花火大会 渋滞回避

桑名水郷花火大会では毎年どうしても発生してしまう大渋滞。

少しでも渋滞を回避したい!そんな方に一番おすすめなのは、

やはり、早めに行動することです。

臨時駐車場、有料駐車場ともに桑名市内や花火大会会場周辺に密集しており、

駐車場で大渋滞が発生してしまっているため、普段は迂回路となっている道も車が多く、渋滞を避けてスムーズに走ることほとんど期待できません。

意外かもしれませんが、渋滞が最もひどくなるのは、花火終了後の帰りの時間です。

行きはそれぞれの場所から、徐々に人が集まってくるため、まだ時間もばらけるのですが、花火が終わるとみんな帰りたいですよね?

一斉に来場者が帰るこの時間、歩行者も多いので交通規制を外すわけにもいかず、大大大混雑です。

もしこの混雑を回避したいのであれば、終了時間の少し前に会場を後にすることです。

ほとんどの人は、最後の最後まで花火を見ています。その時間は会場に人が集中しているため、周辺はそれほど混雑していないのです。

名残惜しい気持ちをぐっとこらえて、ほんのちょっと、早く撤収するだけで、帰り道のストレスがぐっと減ります。

フィナーレの花火を見るか、渋滞を回避するか、究極の選択ですね。

最後まで見たい、でも渋滞もできるだけ避けたい、というどっちも譲れない方は、

会場には行かず、穴場スポットから花火を楽しむという方法もあります。

帰り道に会場周辺の道路を通ったり、高速道路を利用したりする必要がある場合は渋滞を完全に避けることはできませんが、

会場周辺の駐車場で起きる大渋滞を避けることができるだけでも大幅な時間短縮になるでしょう。

大人気の桑名水郷花火大会に車で行く場合には、

「渋滞も花火大会の一環」と割り切ってその時間も楽しむ工夫をし、花火を最後の最後までベストスポットで満喫するか、

フィナーレをあきらめて少しでも渋滞を避けてストレスを減らすか、

はたまた少し離れた穴場スポットを探して観賞するか、

一緒に行かれる方と相談して決めてから行くと渋滞にうまく対処できると思いますよ。

桑名水郷花火大会 アクセス方法

桑名水郷花火大会には、東名阪自動車道の「桑名東IC」

約10分で行くことができます。

会場まで行くのであれば桑名東ICが便利ですが、

当日は車で会場に向かうのではなく、

駐車場に車を止めて会場へ歩いて向かうことになると思いますので、

先に目指す駐車場を決めることをおすすめします。

というのも、駐車場の場所によっては、

「桑名IC」から降りたほうが近い場合があるのです!

例えば、市庁舎南駐車場や日進小学校へは桑名ICが近く、

修徳小学校へは桑名東ICが近いです。

市内の渋滞にはまりたくない方は、できるだけ高速をおりた後、

市内を走らないで駐車場へ行けるよう、

どちらのICを利用するか見極めていただけたらと思います。

桑名水郷花火大会であると便利な持ち物

花火大会に行く前に当日あったら役立つものを事前に準備できるよう

必要なものをお伝えします。

  • 花火大会のプログラム

桑名水郷花火大会のプログラムは公式ホームページから

ダウンロードできるようになっているので、

出発前に印刷して持っていくことで、

会場内のトイレの場所や屋台の位置、

花火の打ち上げ順序などをしっかり確認することができます。

スマホで調べればいいと思う方もいるかもしれませんが、

当日はたくさん写真や動画を撮って電池を消耗します。

また、会場には人がたくさんいるからか電波が悪いこともありますので、

念のため紙で用意していくことをお勧めします。

  • レジャーシート

有料席を予約していないなら必ず持って行きましょう!

荷物が多くなるのが嫌な方は代替えにゴミ袋を持っていき、

帰りはその中に屋台で買った食べ物の容器など、

会場で出たごみを入れて持って帰る方法もおすすめですよ。

  • ウエットティッシュ
  • うちわや虫よけスプレー
  • 日焼け止め

桑名水郷花火大会の基本情報

桑名水郷花火大会の開催日時などは以下の通りです。

開催日時は2019年7月27日(土)午後7時30分~午後9時で、

当日大雨や強風で中止となった場合は翌日の28日(日)へ延期されます。

多少天気が悪くても実施する場合、

逆に大丈夫そうに思えても揖斐川・長良川が増水している場合が

ありますので素人判断で行動せず、

少しでも天気が怪しい場合は朝7時以降に音声案内で確認してから

会場へ向かうようにしてください。

打ち上げ場所は揖斐川河畔(鍋屋堤)で、

観覧場所は住吉神社東側の階段下の河川敷が協賛者席と一部個人向け有料席、

六華苑前の堤防と堤防下の駐車場が個人向け有料席、

国道1号線の伊勢大橋から河川敷のエリアが無料の自由観覧スペースとなっています。

大勢が集まるイベントのため、思わぬ事故やけがにつながる可能性を考慮して、

ペットは会場内に入ることができなくなっています。ご注意ください。

桑名水郷花火大会 開催場所

桑名水郷花火大会は毎年、三重県の桑名市にある、揖斐川河畔で開催されます。

最寄り駅は近鉄・JR・養老鉄道の桑名駅、または三岐鉄道 西桑名駅で、

各駅から会場までは徒歩18分ほどアクセス可能です。

無料観覧席までは、桑名駅から八間通のガソリンスタンドの交差点を北進し、

バロー前を進むルートがおすすめです。

また、有料席・協賛席へは桑名駅から八間通の田町交差点を北進して行くのがスムーズです。

車の場合

東名阪自動車道の桑名ICまたは桑名東ICから約10分で会場周辺につきます。

ただし、当日会場周辺の道路や駐車場がかなり混雑することが予想されますので、

時間を多めに見積もって、早めに行動するのがいいでしょう。

17時30分以降は会場周辺の交通規制も始まりますのでその辺もご確認ください。

桑名水郷花火大会は川沿いの広い範囲から観ることができますが、実は堤防の桜のあたりが、打ち上げ現場の真正面だそうです。

早い時間から場所取りに行かれる予定の方は、

ぜひ参考にして、ベストポジションを確保してくださいね。

Google Map

桑名水郷花火大会 プログラム

桑名水郷花火大会2019の大会プログラムはまだ公式発表されていません。

しかし、例年10,000発ほどの花火が約1時間半かけて

打ち上げられる大迫力のプログラムになっています。

打ち上げられる花火の種類も豊富で、

定番のスターマインや夜空を覆い尽くすナイアガラなどの

仕掛け花火以外にも、水中スターマインや

この辺りでは数少ない一尺玉や1.5尺玉、

そしてこの花火大会の目玉ともいえる、

東海地区最大級の二尺玉も約20発打ち上げられます。

2018年の様子を見ても、広い川幅の揖斐川から打ち上げられるという

桑名水郷花火大会の特徴を存分に生かした、

美しい花火が最初から最後まで楽しめることがわかりますね。

中盤には2尺玉同時打ち上げやミュージック花火といった、

桑名水郷花火大会にしかない魅力的なプログラムも例年組み込まれています。

音楽はメイン会場でしか聞こえないので

離れた場所で観賞しようとしている方は難しいですが、

音楽に合わせて大空に打ち上げられる花火は、

さらに美しさと迫力が増し、心揺さぶられるものがありますよ。

桑名水郷花火大会は雨天時や台風で延期・中止されることはあるの?

桑名水郷花火大会の開催が延期されるのは、

①大雨で揖斐・長良川が増水して、打ち上げ現場の花火の筒に影響がある場合、

②台風並みの強風で、打ち上げた玉が風で流される危険がある場です。

花火大会が実施されるのか、延期または中止なのかの判断は

当日の朝7時ごろに決定され、音声案内で随時確認することができます。

基本的には、翌日の日曜日に延期して実施されることとなっていますが、

翌日も天候が悪く開催できない場合、

別日に延期して開催するのか、中止にするのかについては未定です。

桑名水郷花火大会2018は台風12号の影響で中止となりましたが、

その後、11月24日に日を改めて実施されました。

ただし、今後も同様の対応がとられるかは不明なので、

もし日曜日にも開催されない場合はその後の情報に注意するようにしてください。

桑名水郷花火大会 どんな場合に有料席が払い戻しなるの?

事前にチケットを購入することで利用できる有料席は、

花火大会が延期となった場合には、延期された日にそのまま使うことができます。

しかし有料席は、延期日は都合が悪くて行けない、

というような、お客様の都合での払い戻しはできないこととなっています。

つまり、延期の場合は基本的にチケットの払い戻し対応はされないのです。

有料席を家族で購入する、カップルで購入する、

など複数名で誘い合わせて買う場合、

延期日に誰かの都合がつかず、せっかくチケットが紙切れに…

なんてことになりかねませんので、

万が一延期になった場合に備え、事前に予定を確認し、

その場合の対応を考えておいた方がいいでしょう。

詳細は、有料観覧席のチケットにも記載されていますので、

購入されたらそちらもしっかり読んでご確認ください。

しかし、花火大会が予定されていた日の翌日にも開催できず、

中止となった場合は、チケットを購入した場所で払い戻しをすることができます。

その際の注意点は、払い戻しの際、手数料が引かれてしまうこと、

そして、1発でも打ち上げられた後に中止となった場合は

払い戻しされないということです。

延期の場合は払い戻しできないなど、

一度購入してしまったチケットを換金することは

かなり難しいことがお分かりいただけたかと思います。

7月は台風の多い時期でもありますので、

桑名水郷花火大会の有料席を購入される際は、

延期や中止のリスクも考えてから購入することをおすすめします。

桑名水郷花火大会 宿泊

桑名水郷花火大会をゆっくり楽しむためにおススメなのが、

会場近くで一泊するプランです。

ホテルの駐車場を利用することができたり、

花火大会が終わった後すぐに部屋でリラックスできたりとメリットがたくさんです。

花火大会会場周辺にはたくさんホテルがありますが、

その中でもおすすめの5軒を紹介しますので是非参考にしてください。

スーパーホテル桑名駅前

スーパーホテル桑名駅前は、JR・近鉄桑名駅から徒歩3分、

車の場合は、桑名ICから約15分のアクセス抜群の立地にあるホテルです。

駐車場は30台分あり、電話での予約が必要ですが、1泊500円で停めることができます。

部屋はコンパクトですが、朝食バイキングが無料でついてくるリーズナブルなホテルです。

予算は抑えつつ、便利なところに泊まりたいという方にお勧めのホテルです。

Google Map

桑名グリーンホテル

桑名グリーンホテルはJR・近鉄桑名駅から徒歩1分、

車では桑名ICより約10分という抜群の立地。

駐車場は40台分あり、無料で利用することができます。

楽天トラベルアワード2017ブロンズ賞も受賞している人気のホテルですので、

ぜひ候補に入れてみてはいかがでしょうか。

Google Map

ステーションホテル桑名

ステーションホテル桑名は、近鉄・JR桑名駅から徒歩3分、

桑名ICから約10分にあるホテルです。

駐車場は50台分あり無料で利用できますが、事前に予約することができず、

満車の場合は周辺の有料駐車場を利用することになってしまうので、

車で行こうと考えている方は早めに行って車を停めてから、

ゆっくりと周辺を観光しつつ花火の時間を待つコースがおすすめです。

このホテルの魅力は大浴場!

男女それぞれにサウナや壺風呂がついた大浴場があり、深夜2時まで利用できるため、

花火の後、さっぱりと汗を流してリラックスすることができます。

お風呂やサウナが好きな方にはぜひ泊まっていただきたいホテルです。

Google Map

桑名シティホテル

桑名シティホテルは、近鉄・JR線桑名駅から徒歩5分、

車では桑名ICから約10分の立地にある創業33年の地域に愛されるホテルです。

駅からのアクセスも良く、打ち上げ場所まで充分徒歩圏でとても便利です。

また、桑名市内のホテルで最大規模の駐車場があり、

宿泊すれば無料で利用できるため、

当日駐車場を探して渋滞の中を行き来する必要も、

高い駐車料金を払う心配もなく安心です。

Google Map




スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする