松茸の洗い方を知って贅沢な食べ方をしよう!

秋の味覚と言えば松茸。

手に入れたものの取り扱い方、レシピが解らない。

そんな方にとっておきの方法をお伝えします。

スポンサーリンク

松茸の洗い方で値打ちが決まる!?その香りを逃がさない洗い方とは?!

秋の味覚の王様ともいえる松茸。

松茸は鮮度が大事です。

 

特に「香り松茸、味しめじ」とも言われています。

そう言われるほど、松茸の香りは他のキノコより軍を抜いて

良い香りがします。

 

香りが命の松茸も時間が経つほどに匂いが無くなって行きます。

 

それは非常に勿体ないこと。

 

香りを楽しむためにも、

手に入れたら早めに調理して頂きましょう。

 

そして松茸は香りが命です。

水でゴシゴシ洗ってしまうと、せっかくの風味が無くなってしまいます。

 

  • 国産品であれば、濡れたキッチンタオルや布巾で拭くだけでOK!
  • 輸入品は法律によって洗浄するようにと定められています。

 

松茸のぬめりがある場合やそれでも洗いたい場合

  • 流水では洗わず、ボールなどに水を溜めて、その中で洗うようにします。
  • 表面にある汚れとぬめりを手早く取って水分を拭き取るようにして下さいね。

 

松茸が腐るとどうなる?どの状態ならOK?

松茸は鮮度が命ですが、

腐るとどうなるのでしょうか?

 

  • 松茸が腐ると異臭がしますし、ドロドロした状態に成ります。
  • カビが生えてきます。

 

腐ったものは異臭がするので食べる方はいないと思いますが、

腐りかけの時も食中毒を起こしますので食べないようにして下さい。

 

大丈夫なのはどんな時?

 

  • 上記のような状態では無く、洗って少しぬめりが出るくらい。

 

フワフワした菌糸のようなものがひだや笠についているのは

これは気中菌糸と呼ばれるもので、大抵の場合は、

カビや腐っているのではないので安心です。

 

又、松茸は鮮度が落ちてくると乾燥し、しなびた感じになります

 

腐っているのではないのですが、せっかくの風味が無くなっています。

砕いて出汁として使うなどしないと勿体ないですよね。

 

腐らせない方法とは?!

何度も言いますが、松茸は香りが命です!

 

松茸は湿気に弱く、腐りやすい特徴もあるので、

素早く保存する必要があります。

松茸を腐らせない為には、手に入れたら、

  • 手早く洗い
  • ラップで丁寧に包んで冷凍保存することです。

 

どうしても松茸の命である匂いは少なくなってしまいますが

冷凍保存が一番松茸の寿命を延ばします

 

洗ってはいけない松茸ですが、

採りたての場合、

  • 土はキレイに取り除きましょう。

 

先に書きましたように、

  • 流水で洗う事は避けて、貯め水で洗うようにします。
  • 泥はキレイに採って下さい。

松茸は水分があると傷みやすくなります。

  • 洗ったら水分を丁寧に拭き取って下さいね。
  • そして、石突を鉛筆を削るように剥きます。

エリンギやしめじの様に根本をバッサリ落とすと勿体ないですよね。

 

松茸は薄切りにしてから

ラップに包んで冷凍保存も出来るのですが、

一本のままで保存して下さい

 

調理する直前に手で割くのが美味しく食べられるコツです。

全解凍は避けて、包丁が入る程度に解凍出来た頃に

手で割いてそのまま調理します。

 

次に松茸レシピをご紹介します。

 

松茸の贅沢な食べ方は?自宅で松茸の○○?!

松茸を贅沢に頂くとっておきのレシピ。

フルコースとまではいきませんが、定食を作るつもりで考えました。

 

【秋味の前菜】

松茸は、ナスやカボチャと共に網で素焼きにして盛り付けましょう

彩りとして人参のグラッセミニトマトを添えましょう。

 

【蒸し物】

定番の土瓶蒸し…

 

豆腐の上に乗せて蒸しましょう

茶わん蒸しの具にします。

 

【小鉢】

癖のない菜物野菜と共に酢醤油や辛子味噌で和えましょう

白菜三つ葉が合います。

 

春菊やモロヘイヤなど匂いや粘りのある野菜は

松茸の風味を損ねますので癖のない野菜が一番です。

 

人参を梅や桜の型抜きを使って添えても良いですね。

 

 

【主菜】

 

・焼き物

肉や野菜と共にすき焼きにしたり、ステーキと共に焼きます。

焼きさかなとしては、サンマや秋鮭も喜ばれます。

是非一品添えて下さいね。

 

・揚げ物

松茸のフライ松茸の天ぷらかき揚げにします。

その際の衣は出来るだけ薄目にしましょうね。

 

・好みの刺身

家族のお好みに合わせて刺身を用意します。

 

 

【サラダ】

薄く割いた松茸をサイコロ大に切ってお好みの野菜と和えます。

お好みのドレッシングをかけます。

 

ニンニクはあまり入れない方が良さそうですね。

 

松茸の味と香りを邪魔しない手作りのドレッシングを用意します

オリーブオイルとレモン汁、塩コショウで十分美味しくなります。

 

 

【スープ、汁物】

松茸の澄まし汁はそれだけでご馳走になります。

市販の素に少し加えても美味です。

 

松茸はその風味を生かすためにも

味噌汁よりも澄まし汁の方が合います。

 

 

【ご飯】

栗と一緒に炊き込みご飯やおこわにしましょう。

贅沢な一膳になりそうですね。

 

松茸は多量に手に入らないという方。

 

お吸い物の素があります。

麩だけを取り除き、エリンギと松茸を混ぜて炊いて見て下さい。

思った以上に美味しく仕上がります。

 

お米ともち米を混ぜても、雑穀米を混ぜて炊いてもおこわ風に

炊きあがり美味しくなります。

 

【香の物】

白菜や野沢菜、ナスなど家族の好きなお漬物を付けましょう。

 

 

【デザート】

フルコースの最後を締めくくるのはやっぱりデザートです。

普段の食事でもデザートを出すと家族は喜びますよね。

 

水ようかんや葛まんじゅう、わらび餅などの涼しげな和菓子。

家族が好きなアイスやシャーベットを最後に出しましょう。

 

まとめ

なかなか手が出ない国産の松茸。

 

自分で採った松茸を自分で料理する。

それだけでも最高に贅沢な事です。

 

定番の料理もいいのですが、

アナタなりのとっておきのレシピを是非考えて見て下さい。

 

ここにあげたのはホンの一部です。

参考にして頂ければありがたいです。

 

一年に一度、僅かな時間しかない松茸の時期を逃さず、

味わってみては如何でしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 




スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする