浴槽の水垢がウロコ状につく原因と対処方法は?

バスタイムは、毎日頑張っている自分にご褒美。

疲れを取ってさっぱり、元気を取り戻したい。

楽しみな自宅でのバスタイム。

入ろうとして浴槽や鏡にウロコ状の白垢や

茶色の汚れが有ったら?

がっかりですね。

お風呂はゆっくり楽しみたい。

くつろぎたいものです。

湯垢や石鹸カスでお悩みの方に

原因と対策をお伝えします。

浴槽のふちに残る茶色の水垢の成分、白垢の成分とは

スポンサーリンク

風呂の浴槽、浴槽のふちに残るウロコ状の白い垢や

茶色の水垢、嫌ですよね。

入浴時に浴槽がザラザラしているとがっかり。

汚れが体に付きそうで入りたくなくなります。

この白い垢、石鹸カスは何なのか?

気になりますよね。

では、成分と掃除方法を見ていきましょう。

・水垢はなぜ出来る?どうやって掃除すればいいの?

水道水には、カルシウムやケイ素、

マグネシウムのミネラル分が含まれています。

水滴に残されているミネラル分や石鹸や

シャンプーに含まれる脂肪酸が結びついて出来た石鹸カス、

白垢は濡れたり乾いたりを繰り返し、頑固な汚れになります。

これらの汚れはアルカリ性の為、

いつも使っている酢

(昆布だし入りや甘味のないすし酢以外のもの)や

クエン酸が中和して汚れを落とす事が出来ます。

コツはクエン酸をスプレーしたら、乾燥しないように

ラップやキッチンペーパーで湿布することです。

時間をかけることで汚れを浮き上がらせ、

楽に汚れを落とす事が出来ます。

酸性スプレーを作るのは実は簡単です。

使った後のオレンジやレモンの皮を入れた水を作る。

酢を水で希釈する方法。

市販のクエン酸もあります。

粉末のクエン酸は水と混ぜてペースト状にも出来、

頑固な汚れには塗り付ける事も出来ます。

クエン酸水は,自分で作ると汚れのひどさに

応じて濃さの加減が出来ます。

クエン酸スプレーが一本あると、掃除の強い

パートナーとして使うことが出来ます。

頑固で、落としにくい鏡のウロコ状の水垢も、

クエン酸使用プラス湿布で汚れを浮き上がらせ

キレイに取りましょう。

・どうしても落ちない時はどうするの?

湿布する方法を繰り返すか、

湿布する時間を伸ばしてみましょう。

掃除する際の注意点は?

金属タワシは使わない

浴槽はステンレス製、ホーロー製の宅が多いと思いますが、

掃除する際の共通の注意点は、金属タワシを使わない事です。

タワシでゴシゴシこすると傷が付いてしまいます。

柔らかいスポンジで優しく撫でるように掃除して下さいね。

湯垢

一般的な湯垢、人の垢などはお湯で流すか、中性洗剤、又は、

ボディソープでも落とせます。

筆者は試しにボディソープをスポンジやブラシに付けて

擦って見るとキレイになっていました。

基本的な事ですが、

酸性洗剤と塩素系の洗剤を絶対に混ぜないで下さい。

命の危険がある毒ガスが発生します。

「まぜるな危険」

こう書かれている洗剤、漂白剤は

手元に置かない方がいいのかもしれません。

浴槽の水垢、茶色の汚れは何?

ピンクや黒のカビは浴室に良く発生するものですが、

茶色の汚れが付く事もあります

これは何なのでしょうか?

鉄分が残っている場合

水道水には鉄分が含まれています。

地方によってもその含有量は違っているようです。

鉄分が多い水道水の場合、まれに水分が蒸発する際に

鉄分が残り、茶色く残る場合があるそうです。

貰いサビの場合

ヘアピンやひげそりを濡れたままで放置していたり、

バスラックが錆びていることがありますよね。

浴槽のふちや床などに付いたサビは、

これらの錆びたものが接触したことによって付いたものです。

このようなサビは、もらいサビと称されます。

軽いサビならメラミンスポンジでこすって落としましょう。

細かい部分には歯ブラシを用いてこすりましょう。

傷が付かない床材使用の床ならタワシで擦っても大丈夫です。

どうしても取れない頑固なサビには錆び取り剤の使用も

必要に成るケースもあります。

白垢や茶色の汚れを付けない為に

白垢を付けない為には、日頃のこまめな掃除が大切です。

お湯が入っている間に浴槽の内部を洗ってから水を抜く。

水分は拭き取る。

カビを防ぐためには、クエン酸をスプレーをしておく

カビ予防の燻煙剤を焚くのも良い方法です。

効果は2ヶ月続くので、その間は安心ですよね。

湿気はカビの原因になります。

窓を開ける、換気扇を回すなどして

浴室を乾燥させることを忘れないで下さいね。

まとめ

以上の様に、白垢やカビ、もらいサビの発生の原因と

掃除の仕方を述べて来ました。

参考になる方法があれば幸いです。

忙しい人が掃除の時間を取るのは大変。

わざわざ時間を取ると掃除も嫌になってしまいます。

お風呂掃除は入っている間にしてしまいましょう。

そして、水分は体を拭くついでに拭き取って置く事。

たった5分間ほどで済みます。

これを日課にしてしまいましょう。

日課にしてしまうと掃除が苦痛では無くなります。

ツルツルの浴槽を触るのは気持ちいい。

見るのが楽しみになってくると掃除も楽になります。

ここに書いた方法はほんの一部です。

他にも良い方法があるかもしれません。

どうやったら自分が楽に掃除をする事が出来るか。

あなたなりの方法を色々と考えて見て下さいね。




スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする