中学受験当日の親の服装、付き添いには何が相応しい?

中学受験日、付き添いの親の服装は何が相応しいのでしょうか?

スーツ?靴は何がいい?気になりますよね。

何が相応しいのか調べてみました。

スポンサーリンク

やっぱりスーツが無難

中学校にはそれぞれの学校の個性があります。

校則が厳しい女子校、ある程度自由が認められている学校。

同じ私学であってもかなり差があるようです。

前もって服装についても注意がある学校もあるようですが、

殆どの学校は親の服装にまでは関知していません。

ですので、前もって自分で情報を仕入れておいて下さい。

ママ友で目標校にお子さんを通わせている方がいたら

教えてもらっておきましょう。

お父さんの服装については、スーツとネクタイが一番です。

でもお母さんの服装は様々です。

セーターにワンピース、スカート。コート。

ブラウスにセーターかベストにスカートかパンツ。

女性の服装のコーディネートには切りがありませんが、

ブラウスでもシンプルなものから、フリルやレースをあしらった

華やかなものまであります。

靴もピンヒールや、パンプス、ローヒール、

ブーツに至るまで様々で悩みます。

それだけ女性の服装は幅が広くて選ぶのは大変だとも言えますし、

それが楽しみでもあります。

でも今日は子どもの中学受験当日

今まで頑張ってきたものを発揮する大切な日です。

服装で落とされることは無いでしょうが、

親の服装を受験担当の先生は、

さりげなくご覧になっているでしょう。

もしかしたら、両親の服装及びお子さんの服装から

わが校に入学して校風に馴染んで行けるか、

1つの判断をされているかもしれません。

主役は子ども。親は引き立て役に徹する方が良いですね。

服装で合格が決まるとは思いませんが、

服装には人格が滲みでるものです。

それなりの服装をしていくことが望まれます。

保護者は父母共にスーツが相応しいのではないでしょうか?

お母さんもスーツの中のブラウスはシンプルで華美でない

ブラウスが相応しいと思います。

中学受験は親が控室で待つ学校、面接がある学校。

試験会場まで送り届けて外で待機するなど色々です。

筆者は子どもを試験会場まで送り届けたあと、迎えにいくまで

どこかの店で待機していたような記憶があります。

服装はやはりスーツとロ―ヒールで履きやすい靴を着用しました。

やはり、スーツが一番ちゃんとしているように思います。

親の服装も結構大事。特に面接がある学校では、

お子さんが制服、私服であったとしてもスーツがいいのでは?

と思いますが喪服のような黒一色は避け、濃紺やグレー、

紺地にストライプなど大人しめの色を選んで下さい。

生地はウール100%のもので無くても構いません。

しわになりにくい生地を選んで下さいね。

ジャケットの襟もテーラードカラーが相応しいでしょう。

入学試験が行われているのは、冬です。

寒かったり、暖房で暑かったりと学校や地方にによって温度差があります。

調節が出来る服装が望まれるのは言うまでもありません。

そして、もう一つ大事な事は膝丈です。

露出が多い服装、ミニスカートは相応しくありません。

普段履いているとしても受験日ぐらいは露出は避けて頂きたいです。

面接は座って行われます。面接官の視線はあんまり短いスカートですと、

どうしてもヒザの辺りに行ってしまいます。

スカートは座ると裾がカーブを描き、特に後ろは、

かなり裾丈が短くなります。

時にはスカートの中まで見えてしまうことも想定して下さい。

面接官に不快感を与えては損ですよね。

あくまで今日はお子さんの面接です。

面接に集中するためにも、この点も踏まえてスカート丈は

長めのものを選んで下さいね。

その方が足の揃えるのも楽です。

受験は長時間待つものですので、疲れないように、

動きやすい服装で行って下さいね。

スポンサーリンク

足元にも要注意

服装と同じように、足元にも気を配りましょう。

服装にばかり気を取られていて、汚れた靴を履いて行ったりしたら

残念な人だと思われてしまいます。

両親共に、革靴が一番です。新調するなら履きやすい物を選びましょう。

つま先があまりとんがっていたり、丸みを帯びすぎているものは

避けているものはカジュアルとみなされているようです。

自分の足に合った革靴を選んで下さいね。

色は黒が無難ではないでしょうか?

靴は音が出ない底のものを選んで下さい。

スリッパも音の出ないものを選んで下さいね。

他人の靴音って結構気になるものです。

まとめ

苦しい親子での受験勉強を乗り越えての緊張の一日。

受験日の服装についてお伝えしてきました。

服装選びは自分自身をも映し出すので慎重になります。

ブランドなどよりも自分に合った、品質の良いスーツが一番です

ブランド物を買ったのに、縫製が全くダメだったことがありました。

縫製まで面接官は気にしていないですが、見る人が見たら

判るものです。仕立て具合も要チェックですよ。

清楚で芯のしっかりした母親は子どもからみても素敵です。

後で後悔の無い、服装選びをしっかりして下さいね。

応援しています。




スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする