簡単!ステンレス製のやかんの掃除、シンクのお手入れ方法!

ステンレス製の商品は

丈夫で使いやすく汚れが付きにくいなどの特徴があります。

その性質から、

ステンレスはやかんや鍋、シンク、風呂など

生活に身近な物の他に、医療器具にも利用されています。

ただ、白い垢がついたりと

手入れや掃除に戸惑う方も多いようです。

ここでは、

気になるステンレス製のやかんの手入れと、

シンクの掃除方法に的を絞ってお伝えします。

スポンサーリンク

やかんの上手なお手入れ方法とは?

現在では、

電気ケトルを利用されている方も多いですね。

電気を入れるだけで水を沸かしてくれるので

忙しい朝には大活躍のことでしょう。

でも、やはりお湯はやかんで沸かしたい。

そう考えている方もいらっしゃるでしょう。

ピカピカに顔が映るぐらい

綺麗なステンレスのやかんは、

台所に置いているだけで気持ちの良いものです。

誰もが知りたい

ステンレス製の洗い方をご紹介しましょう。

やかんの内部の洗浄方法

やかんの内部はこまめに洗っているつもりでも、

気が付いたら白い垢などで汚れているものです。

(この白い汚れの正体は何?)

白い水垢の正体は、

水道水に溶けたカルシウムマグネシウムなどが

残ったものです。

キレイに洗っていても少しでも残っていると、

濡れたり乾いたりを繰り返しこびりついてきます。

こうなると

洗剤だけではとても落としきれません。

この汚れを取るにはクエン酸が有効です。

手に入りやすいエン酸スプレーを振りかけ、

しばらくしてからメラミンスポンジで擦ります。

楽にキレイになります。

また、やかんに塩とお酢と水を入れて沸かし

 一晩放置してもキレイになります。

やかんの注ぎ口は

クエン酸スプレ―をかける方法が便利です。

スプレーしたあとは、

使い古しの歯ブラシなどでキレイに磨きましょう

他にも

50℃ぐらいのお湯に漂白剤を入れて

放置してもおく方法もあります。

酵素系漂白剤を使うポイントはフタをしないこと!

また、そのまま長時間放置せずに

短時間で洗って、しっかりすすいで乾かすことです。

やかん外部の洗浄方法

やかんはガスコンロに乗せたり、近くに置いておくことが多いので

どうしても油が飛び散ります。

油がこびりついた頑固な汚れは、

ちょっと前までは油汚れ専用の洗剤を

使用していた方が多いでしょう。

でも今は、

環境にもお財布にも肌にも優しい

「ナチュラルクリーニング」が注目を浴びています。

重曹クエン酸セスキ炭酸ソーダ―という言葉、

最近では良く聞くようになりましたね。

油汚れには重曹が良く効きます。

重曹は、油を浮き上がらせ、

発砲作用により泡で汚れを包み込むので

しっかり汚れが取れます。

汚れは楽に落とせるのですが、

重曹の成分は他の研磨剤に比べて

粒子が細かく、キズをつけるのを防いでくれます

重曹は水には溶けにくいので、その性質を利用して

粉に水を含ませてペースト状にすると

油汚れに直接塗り付けることができます。

重曹でも手に負えないような

 頑固な汚れにはセスキ炭酸ソーダもおすすめします。

重曹もセスキ炭酸ソーダもより身近に使えるように、

重曹スプレーやセスキ炭酸スプレーが市販されていますので

お使いになる方は、ますます増えそうですね。

キレイなやかんを使って沸かしたお湯で入れた飲み物は、

美味しく感じます。

重曹、セスキ炭酸ソーダを上手に活用して

いつもやかんをキレイに保って下さいね。

次に

台所のステンレス製流し台の掃除について

ご紹介しましょう。

ステンレス製流し台の掃除方法とは

ステンレス製の流し台にも

白い垢がこびりつくことがあります。

これらの白い垢を取るにはクエン酸が有効です。

クエン酸スプレー

自分でレモンの皮を入れておいた水を作っておきましょう。

洗い物をキレイに洗ったあと、

シンクの全体にクエン酸をスプレーしておきます。

市販の研磨剤は必要ありません。

レモンやオレンジの皮にもクエン酸が含まれていますので、

そのまま捨てないで

クエン酸水を作っておくと経済的ですし、

環境にも肌にも優しいのがうれしいですね。

(水垢を防止するには)

水垢をキレイに落としても、

そのままにしておくとまた白く水垢がついてきます。

たまに排水口を塞いで水を溜め、

 台所洗剤を使ってキレイに洗いましょう。

そして一気に綺麗な水で流します。

白い水垢が落ちたら、

クエン酸スプレーを吹き付けておきましょう。

これだけで水垢が付くのをかなり防ぐことが出来ます。

まとめ

以上のように

ステンレス製のやかんとシンクの掃除方法をお伝えしました。

汚れがこびりつくのを防ぐには、

毎日のちょっとした工夫が必要になります。

そのためにはいつも食器を溜めないで、

シンクをキレイにしておくことです。

食器が無いときに

排水口を要らないタオルやビニール袋などで塞いで

洗剤で一気に洗い流します

そして最後にクエン酸スプレーをしておく。

これがポイントです!

シンクをキレイにしておくと、果物を剥いた皮でも

シンクを磨く事が出来ます。

市販のクレンザーはシンクに傷をつける恐れがありますので、

普段の掃除には重曹やクエン酸スプレーを使いましょう。

 こまめに掃除しておくと、年末に慌てることもありません。

大掃除する場所は少しでも減らして

料理に時間を使いたいですよね。

日頃のお掃除に

重曹クエン酸セスキ炭酸ソーダをお役立て下さい。




スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする