節約出来ない食費を手っ取り早く浮かすには!?コレを減らすだけ!

思ったように節約って出来ないものですよね。

私は節約が出来ないダメな主婦

なんて思ってませんか?

そんな事はありません。

ちょっとした心がけで節約は出来ます。

節約のしやすい食費を考えましょう。

スポンサーリンク

食費を浮かす方法

食費を浮かすのに賢い方法は、

極力、買い物に行く回数を減らすことです。

近くのスーパーでは曜日ごとに

バーゲン品があります。

今日は玉子。明日は野菜、その次は肉。

おまけに10%引きデーにポイント何倍デーまで。

売上を伸ばすために必死です。

ついつられて買いに行ってしまう人が

いかに多いことか。そこが穴なんです。

ついつられて行ってしまうアナタ、

それ今日から止めましょう。

よ~く値札を見て下さい。

昨日より定価高くなってません?

2割引き、3割引き、半額。

それ買わせる作戦ですよ。

釣られて買ってしまう客心理を計算した

設ける方法ですよね。

筆者もそれで良く失敗していました。

或る時、あ、これは作戦だなと気が付きました。

バーゲン品に釣られていくと、他のものまで

買ってしまうからです。

ですので3割引きと謳っていても買いません。

結局いつもの値段で買っているからです。

場合によってはいつよりも高いこともあります。

と言うより、いつもより高い事の方が多いです。

値札はグラム単位の額を計算。

それを心掛けましょう。

よくある、1g1円のうたい文句、

これ、安いと思いますか?

100gでは?幾ら?100円ですよね。

安くないです。普通です。

食費はケチってしまうと、

家族の健康にも差し障ってしまいます。

健康管理は主婦の大事な仕事の1つだと自覚しています。

働き盛りのパパ、育ち盛りは食べ盛りの子ども達。

食費はケチったら栄養バランスを崩してしまいます。

でも、肉ばかり、魚ばかり、野菜ばかり

と言うわけには行きません。

食費は食材を計画的に栄養バランスを

考えて買いましょう。

筆者が買い物に行くのは週2~3回です。

2~3日で使いまわせる、肉、野菜、豆、乳製品を買います。

要は無駄を出さないことです。

一週間に一回と言う人もいますが、

段々違う食材も必要になったり

買い物行かないとストレスが溜まる人もいます。

とりあえず、2~3日を基本として

食材を使い切るようにします。

宅配を利用するのは子どもが小さく、

買い物がストレスになったり、

周囲の人に迷惑をかける間だけにしましょう。

美味しそうなメニュー表を見るとあれもこれもと

欲張り、つい予算オーバーしてしまい

請求書見てびっくり。

そんなこともあります。

つい食材を買いすぎていた筆者、

或る時から冷蔵庫が空になるまで使い切る

それを心掛けるようにしました。

そうすると無駄を出さないので、

要らないものは買わない。

毎日買い物に行ってると、

つい衝動買いをする事があるからです。

いつの間にか食費は昔ほど掛からなくなってきています。

但し、うちは働き盛り、食べ盛りの男性陣だけです。

どうやってお腹一杯食べさせるか。

それだけを考えて来ました。

・買い物は値段が下がる夕方以降に

夕方になると賞味期限切れにならないように、

値段を下げて売っています。これが一番得です。

今日のメニューに必要なものだけを買いましょう。

絶対に他のものを買わないことが節約になります。

料理番組やレシピサイトをチェック

毎日の献立はレシピサイトや料理番組を

欠かさずにチェックしましょう。

自分では気が付かなかった食材の調理方法

驚かされることもあります。

これを作ってみよう。

決めてから買い物に行きましょう。

また、その食材が冷蔵庫に無かったら、

あるものでアレンジすればいいのです。

その為には、ある程度の食材を揃えるのですが、

筆者は、葉物、根菜類を重点的に揃えるようにしています。

葉物や根菜類は、あらゆる料理に使いまわせます

魚介類もチリソースを使う料理用に

魚介類のミックスセットを冷凍しておきます。

シチュー、パスタにも使いまわせます。

また、干物なども買っておきましょう。

何か一品足りない。

そんな時は缶詰も役に立ってくれます。

非常用に、普段に缶詰めはお薦めの食品です。

とにかく使いまわせるものを。これがポイントです。

スポンサーリンク

あまり節約しすぎると金運が逃げる?

金運は今ある収入に感謝し、

上手く使うことを心掛けていれば

金運はアップしていきます。

勿論突発的に会社の状況が悪くなる。

そんな事もあるかもしれませんが、それは稀な事です。

良く、財布をキレイにしているとお金が貯まるといいます。

汚い場所にいたくないのは人間もお金も同じです。

NGワードとして紹介しているサイトを見てみますと

「お金がない」

は絶対に口にしない方がいいそうです。

ネガティブワードを言っていると本当にそうなるそうですよ。

お財布の中身が乏しくても、ボーナス、給料が少なくても

まず頂けることに感謝する。

昔、まだ私が働き始めの頃、給与明細を見た実父は

一言「こんなに貰っていいのか?」

こんなに少ないのに父はそう言いました。

お金をいただける感謝の心を持っている父は

(特攻隊経験者です)給料をもらうと、

神棚にあげていました。

これは今でも真似していることです。

亡き父のその気持ちを受け継いでいきたいと思っています。

お金に感謝する。

そこから金運を上げて行きましょう。

まとめ

節約が出来ない。

それはお金の使い方の要領が悪いだけです。

色々書きましたので、何か1つ真似してみて下さい。

もう、やってるよと言われるアナタ、

節約できていますよ。

自信を持って続けて下さい。

一円、一円の無駄遣いを無くす。

それを心掛けて貯金に繋げましょう。




スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする