節約家になるには?ケチとは違うその原則とは!?

限られた収入、上手に使いたいものです。

どうやったら節約出来るのか?

貯金が出来るのか?悩んでいるアナタに

その方法をお伝えしましょう。

節約家とは何?

節約家になるには?

これがこの記事のテーマです。

それを語る前にまず、節約家とは何か?

そこから考えましょう。

(節約家)そう聞いて

アナタはどんなイメージを

お持ちでしょうか?

ケチケチしている人。

必要な支払い(例えば町会費など)もしない人。

必要不可欠な出費(電気代など)もケチる人。

こんなイメージを持たれている人は

殆どだと思います。

でもこれは単なるケチな人。

そんな気がします。

筆者が思う「節約家」とは、

無駄な買い物、使い方をしない

必要不可欠な交際費は惜しまない

子どもの教育費は計画的な積み立てで用意している

心に余裕がある

教養費を惜しまない

このような人です。

では、どうして無駄を防げばよいのでしょうか?

スポンサーリンク

家計を見直す

家計のどこに穴があるのか、

まずそれを把握しないといけません。

保険費、食費、光熱費、家賃など。

一度全部書き出してみて下さい。

そこからどこに家計の穴があるのか見つけます。

無駄が見つかったら、どうやって

その無駄を無くすか考え、計画を立てます。

・家計を圧迫する一つの原因は保険

保険、掛け過ぎていませんか?

その保険、本当に必要ですか?

筆者は、がん保険や女性疾病保険は

もう一度見直して、現金で持っていた方が

いい場合も有ると思っています。

保険が高いなあ。

そう思ったら一度見直してみて下さい。

健康なら〇〇万円貰える。

これも必要ですか?

特に終身保険は年金暮らしになって

保険代、払えますか?

月々の保険代馬鹿に出来ません。

良く考えて見て下さいね。

・スマホ

家にPCがあり、あまり使わない人。

格安スマホでいいのでは?と思います。

ゲームなどの課金はしない。

一番無駄じゃないかなと感じます。

スポンサーリンク

無駄遣いを無くす

・効果的な節約方法

一番節約出来きて効果が目に見えるのは食費です。

バーゲンに惑わされるのではなく、

夕方、値段が下がってから買い出しに行くと

かなり安く買えるようになっています。

下手に何割引きデーに買うより、

毎日の値引きが実は一番お得です。

衝動買いをしない為に、

買い物は決まった日に、

使いまわしの出来る食材を買っておく。

そして、買ったものが無くなるまでは

買い物に出ない。節約するには

そこまで徹底的にするといいです。

献立はレシピサイトや料理番組を活用。

献立のマンネリ化を防ぎ、

新しい味に出会えます。

調味料も昔は大きなサイズがお得と信じ込み

買っていました。醤油にソース。

残念ながら一度封を開けると

風味がガタ落ちです。

醤油はスーパーで買うのではなく、

ネットで甘味のある地方の醤油の

小さいサイズを何本か買っています。

お砂糖もみりんも使わなくて済むので、

結果的にお得ですよ。

ペットボトルのお茶は使わず、買うなら水だけにする。

空のペットボトル余って来ますよね。

そのまま捨てる。これも無駄です。

お茶は、お茶のティ―バッグを使います。

ペットボトル一本分で、何倍ものお茶を作れます。

節約するならこういう無駄をしない事です。

500mlに1袋入れておいて、

お出かけのお供になさってくださいね。

ペットボトル一本分得しましたね。

一本分も積み重なるとちょっとしたお肉が

買える金額になります。

また、水は緊急用の必需品です。

買っておくと、お米を炊く際の水にしたり、

煮物にしたり、また、お茶やコーヒー、

紅茶にも使えます。あると助かります。

こういった緊急用の必需品もケチらないで下さいね。

生きたお金を使おう

この無駄を省いた買い方は決して

ケチケチしているわけではありません。

この食材を生かして、

家族が満足できるメニューに仕上げるのが

アナタの腕の見せ所では?

ある有名料理研究家の方は息子さんが2人いて、

どうやってカサましをするか

そればかり考えていたそうです。

筆者と一緒の事をお考えになって

おられたようですね。

また、D先生は、その著書の中で、

一汁一菜を薦められています。

ご飯、味噌汁、漬物など香の物。

これだけで無理をせずに食事作りを続ける。

そう述べられています。

楽ですよね。この方法。

味噌汁も具沢山にすると

野菜から豆類まで摂れます。

お漬物も塩分控えめにするために

自分で作ればコストもかかりません。

食費を下げるコツは、まず自炊。

惣菜は買いません。

たまに家族の記念日には外食もOK。

外食も記念日には良い思い出、家族が喜びます。

余り切り詰めないで、

続けることが節約家への近道です。

おやつもたまにも買って下さい。

おやつは心の栄養だと筆者は学びました

たまには息を抜く、必要なことですよね。

まとめ

節約は無駄遣いをしないことです。

無駄遣いの積み重ねが山のようになり、

赤字家計へと転落していくのです。

無駄遣いをしない方法について

あれこれ述べて来ましたが、

これはほんの一部分ですので、

アナタなりの節約方法を見出して下さい。

節約したいからと、

基本的な社会生活の付き合いを

削っては行けません。

それはケチと言われます。

節約家になるには、

一回一回の買い物を無駄遣いしない。

そこから始めてみては如何でしょうか?




スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする