初心者必見!アスパラガスの栽培には大苗!その理由と基本の育て方

自宅のお庭や、ベランダで家庭菜園をし、

毎日新鮮なお野菜を食卓に並べられて、しかも経済的にも節約できる!

お手軽に始められ、毎日のお世話が楽しくて、

生活にハリが出たりすのが家庭菜園の良さです。

アスパラガスは、一度植えると、なんと10年近くも収穫できる、

お財布にも優しいお野菜なんです。

収穫するたびに、どんどん株が大きくなり、

収穫量も増えるアスパラガス。

栄養も豊富で、女性には嬉しい栄養素がたっぷり。

ビタミンA、ビタミンB1、B2、ビタミンC、

ビタミンE、カリウム、カルシウム、鉄、

食物繊維などがとれます。

そんなアスパラガスを、自宅で栽培し、定期的に食べられるようになれば、

お料理の彩りも鮮やかになり、作るのも食べるのも楽しくなりますね。

アスパラベーコンや炒め物、ピザに乗せたり色々とレパートリーも増えそうです。

そんなアスパラガスの栽培は、初心者におすすめ!

その理由と基本の育て方について、ご紹介いたします。

ポイント

  • アスパラガスは、収穫までに時間がかかる。初心者には、大苗(大株)からがおすすめ!
  • 今年から収穫できるという苗がある!?
  • 苗を選ぶ時にも注意しよう。
  • 土は、野菜用培養土が便利。
  • 初心者にはプランター植えがおすすめ!
スポンサーリンク

アスパラガスの苗をホームセンターで選ぶ時の大事なポイントは!?

さっそくですが、

初心者でもアスパラガスの栽培にチャレンジしたい!

そんな方には、どんな栽培方法がおすすめなんでしょうか?

【アスパラガスの栽培方法 種と苗の違い】

ホームセンターでは、種と苗が売っています。

アスパラガスを、種から育てる場合、3年目から収穫が可能です。

その間、ビニールハウスなどで、温度管理なども必要になり、

初心者には難しいでしょう。

一方、苗も1年苗(球根)、2年苗(大苗)と種類があり

1年苗→種を蒔いてから1年以内なので、収穫には、まだ時間がかかります。

2年苗(大苗)→種から数年栽培されているため、

1年苗に比べ、株が大きく、早い段階で収穫しやすいです。

ですので、初めてアスパラガスを栽培される方には、

大苗からの栽培がおすすめです。

ちなみに、ホームセンターの店員さんに聞いて見たところ、

大苗(大株)でも必ずしも、その年に収穫できるとは限らないそうです。

しかし!!ホームセンターでは、

《今年から収穫できる》という苗がありました

これは初心者には、有り難い情報!

最初は、この苗から初めてもいいかもしれませんね。

【元気な苗の選び方】

アスパラガスの苗は、多く芽がついているものを選びましょう。

カビなどが生えていないかもチェックすることで、

元気なアスパラを収穫することができます。

買う前に、苗のチェックも忘れずに!!

そして、アスパラガスの苗定番の緑の他に、

紫や白などの苗もありますので苗が出回る春、秋に、

一度ホームセンターに立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

そして、ホームセンターの店員さんは

知識も豊富な方が多いので、ぜひアドバイスをいただきながら

購入してみてください。

スポンサーリンク

アスパラガスの育て方!日当たり・風通し・肥料・水やりの条件!!

アスパラガスを初めて育てられる方にとって、

ちゃんとお世話ができるかな?育つかな?

と心配されることもありまよね。

そんな方にも安心して、アスパラガスが

収穫できるように、基本の育て方をご紹介いたします。

【アスパラガスの植え付けの時期】

アスパラガスは、植え付けの時期は2つ。

収穫までは、約1年必要になります。

地域や、品質により差がありますので、あくまで目安となります。

  • 春に植え付け。(4月頃)
  • 秋に植え付け。(11月頃)

春の方が苗の育ちがいいので、春がおすすめ。

苗も春の方が店頭にたくさん並びます。

【アスパラガスの植え方】

時期がわかれば、次はさっそく作業にとりかかりたいですね!

お庭に植える?それともプランター?と悩むところですが、

後からご説明する日当たりの関係から、初心者はプランターで

最初はチャレンジした方が無難だと思います。

それでは、プランターでの植え方をご紹介いたします。

  1. プランターを用意する。深さ20センチ~40センチは必要。
  2. 土を用意する。野菜用培養土を買うと便利!
  3. プランターの底に、赤玉土を敷き詰める。(アスパラガスは、湿気を嫌う野菜。)
  4. 土を4センチほど入れ、たっぷりの水をかける。(底から溢れるくらい。)
  5. 水が染み込み、土が見えたら化成肥料を入れる。
  6. さらに土を5センチほど追加で入れる。
  7. 苗を真ん中に入れ、できるだけ大きく広げて植える。
  8. 芽の上に5センチほど土をかける。
  9. 最後に、たっぷりのお水をかけてあげる。

土に関しては、ご自身で混ぜて作ることもできます。

(赤玉土7:腐葉土2:バーミキュライト1)

しかし、この3種類の土の袋を買い、混ぜ合わせる作業って、

初心者にはなかなか大変です。

プランターに、肥料に土に…買って帰るのも重くて大変!

なので、野菜用培養土を使った方が便利ですね。

【日当たり・風通し・肥料・水やりの条件!!】

アスパラガスは多湿に弱く、乾燥には強い野菜です。

なので、水やりや風通しにも注意が必要となりますので、

ご紹介いたします。

【水やり】

水のやり過ぎは注意が必要です。

土が乾いたら、湿る程度に水やりをし、

夏場は多め、冬場は少な目にするとよいでしょう。

【日当たり】

基本的に、アスパラガスは太陽を好みます。

しかし、直射日光の当てすぎは葉が弱る原因になったり、

冬は霜で弱ったりするので、

季節によってプランターを移動させてください。

夏→明るい日陰の場所がよい。

冬→霜がつかないよう日当たりのよい室内がよい。

【風通し】

梅雨の時期は、

多湿を嫌うアスパラガスには辛い時期になりそうですね。

風通しのよい場所を見つけてあげ、多湿を避けてあげましょう。

【肥料】

アスパラガスは、肥料をとても好みます。

大きく、太いアスパラガスを育てるには肥料はかかせません。

2週間に1度くらいのペースで、液体肥料をあげるといいでしょう。

しかし、肥料をあげると雑草も育ちますので、

こまめに抜いて栄養をとられないようにすることも重要です。

まとめ

いかがしたでしょうか?

アスパラガスの栽培、とてもウキウキしてきましたか?

初心者から始める家庭菜園は、不安や心配がつきものですが、

自分が植えた種や苗が、毎日お世話をして育った時の喜びは

何とも言えない物ですよね。

育ったアスパラガスで、素敵なお料理が並ぶことを楽しみに、

アスパラガスを栽培してみませんか?




スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする