ステンレス浴槽の掃除にはクエン酸と重曹!肌にもお財布にも優しい!

ステンレス製の風呂やキッチンのシンク、

毎日掃除していても気が付いたら

白い垢が付いていることがありませんか?

せっかく掃除したのに何故?

そんな残念な気持ちが込み上げてきます。

そのせいかステンレス製品のお手入れが

苦手な方が多いようです。

どうやったら白い垢を防げるのでしょうか?

バス用の専用洗剤を使用しないで、

キレイになる、自然と肌に優しい方法をお伝えします。

スポンサーリンク

ステンレスの浴槽の掃除方法とは?

自分や家族が毎日入る風呂だから、いつもキレイにしておきたい浴槽。

でも、白い垢に悩ませる人も多いのです。

ステンレスに付く白い垢の正体は何?

ステンレス製品の掃除を毎日、毎日キチンとしていてもいつの間にか付いている白い垢。

せっかく掃除したのにと残念な気持ちになりますよね。

石鹸やシャンプーがきちんと流せていないのか、

キレイに掃除していても、水垢やカビは生えてきます。

この白い垢の成分と

掃除方法について調べました。

ステンレスの浴槽に付く水垢には

次の2種類があります。

酸性の石鹸カス

皮脂汚れと石鹸の成分が

結びついて出来た石鹸カスです。

ベタベタしていて黒や灰色の汚れがそうです。

この汚れには、汚れを包み込み

発砲作用のある重曹が効果的です。

重曹スプレーも市販されていますし、

粉と水を混ぜてペースト状にしたもの

塗りつけておいて、メラミンスポンジで

擦り落としましょう。

重曹にも研磨作用があるのですが、

粒子が細かく傷が付きにくいので

キズが気になる場所の掃除にはもってこいです。

金属石鹸

水道水に含まれているマグネシウムや

カルシウムが石鹸の成分と結合してできる石鹸カスです。

風呂タブに出来る白い水垢はこちらです。

アルカリ性の性質を持っています。

この汚れにはクエン酸が効果的です。

クエン酸とは、レモン、オレンジ、

グレープフルーツなどの柑橘類に多く含まれる有機酸の一つです。

アルカリ性の汚れは酸性のものが混ざると中和するので

アルカリ性である水垢はキレイに落とせます。

クエン酸水スプレーを利用して、浴槽にまんべんなくかけます。

酷い汚れの時はスプレーの後、

ラップやペーパーで湿布すると効果的です。

その後、メラミンスポンジなどを利用して、擦り落とします。

汚れを洗い流した後は、もう一度スプレーしておき、

窓を開けたり、換気扇を回したりして、

しっかり浴室内を乾燥させます

市販の防カビ燻煙剤2ヶ月ほど効果を維持します。

黒カビやピンク色のカビが出て来るのを

2ヶ月防いでくれるので掃除が楽になります。

一度お試し下さい。

スポンサーリンク

ステンレス製の製品、上手な掃除方法と注意点

ステンレスは丈夫でさびにくい、汚れが付きにくく

保温性に優れるため、水筒ややかん、スプーン等のカトラリー、

風呂の湯船に利用されています。

その性質を利用して医療器具、建設物や

機械の部材としても利用されるなど、幅広い用途があります。

でもその反面、掃除がしにくいという面も

持ち合わせています。

金属タワシでシンクをゴシゴシすると傷が付くことがあります。

カトラリーの注意書きにも柔らかいスポンジで

優しく洗って下さいと書かれています。

荒っぽい使用は要注意なのですね。

ステンレス製の水筒の水垢のお手入れはどうする?

水筒は毎日の水分補給に大活躍です。

しかしお茶やコーヒー、紅茶などを入れて使用していると

キレイに洗っているつもりでも、いつの間にか白い汚れがついてきます。

白い汚れが付いていると、

ばい菌まで一緒に飲んでいるようで気持ち悪いですよね。

キレイに汚れを落としたいものです。

漂白剤を使う前に、

クエン酸を利用してみて下さい。

 

クエン酸水スプレーを振りかけ、水を一杯に入れて暫く放置します。

長い柄付きのスポンジを利用してしっかり洗いましょうね。

後はしっかりすすぐと、汚れはキレイに落ちています。

一度で落ちない時は同じことを何回か繰り返して下さい。

ステンレス製のやかんや水筒には、クエン酸

と覚えておいて下さいね。

この方法を試してみてどうしても汚れが落ちない時は

最終手段として漂白剤を使いましょう。

 

注意点は長時間置かない、フタをしないことです。

まとめ

今、盛んに

「ナチュラルクリーニング」と言われています。

昔からある漂白剤、トイレ用洗剤、

カビ取り剤を使わないで、自然由来である

重曹クエン酸セスキ炭酸ソーダ

用いて肌にも環境にも優しい掃除をすることです。

重曹、クエン酸、セスキ炭酸ソーダが我が家には増え、

以前からあった洗剤は姿を消しつつあります。

それは間違って有毒ガスを発生させてはいけない。 

そんな怖さがあるからでしょう。

塩素系は効果こそありますが、臭いもきつく、

気分が悪くなることもあります。

ここではステンレス製の浴槽や

キッチン用品の掃除方法について述べて来ました。

いかがでしたでしょうか?

この3種類を用いて掃除を楽にして下さいね。

 

クエン酸スプレーは、柑橘類の皮などをスプレーボトルに入れて

水を入れるだけで済みます。

是非お試しになって下さいね。




スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする