1歳児子育てのイライラを解消!私がしている5つのポイントは?

私も現役、1歳の子供を子育て中のママです。

子育て中って、本当にイライラがいっぱいですよね?

毎日毎日、同じことの繰り返しで、終わりが見えないイライラ。

私も、つい最近まで、本当に毎日にイライラしていて

その原因がわからず毎日悩み、時には泣いたり、八つ当たりしたり…

こんなに短気だったかな?と、自分で不思議に思うほどでした。

また、イライラつて、赤ちゃんに伝わるんですよね!!

イライラする→赤ちゃんに伝わる→グスグスして泣き出す→イライラする

この負のスパイラルか抜け出せず、毎日イライラ。

しかし、イライラの原因って、ちゃんとあるんですよね。

今、毎日にイライラを抱えて悩まれているママに

少しでも楽になってもらえるよう

私が実践した、イライラ解消方をご紹介したいと思います。

イライラ解消ポイント

  • 赤ちゃんの泣き声はお喋りの始まりと思う。
  • 泣き声を代弁してみよう。
  • 八つ当たりしてもいいんです!
  • お願い方式にしてみよう。
  • イライラしない人はいない。

子育てでイライラ!赤ちゃんの泣き声

みなさんは、赤ちゃんの泣き声に、イライラしたことありませんか?

実は、私は経験があります。

まだ生後3ヶ月くらいの時でしたが、産後すぐに慣れない子育てが始まり

夜中も2、3時間置きに授乳して、寝不足になり、ゆっくり食事もとれず

トイレだって、ままならない日々。

人間として、必要最低限の寝る、食べる、排泄。

育児中心の生活をしていると、これすらまともにできない毎日。

そんな疲労がついに溜まったある日

「何で泣いてるの?少しは、ゆっくりさせてよ!!」

言葉にさえ出しませんでしたが、心の中で叫んだことがあります。

ついに、私のイライラも限界が来たと思っていた時

ふと、出産した病院で助産師さんが言っていた言葉を思い出しました

母子同室が始まった日、夜中の授乳後にうまくゲップが出ず

ずっと泣いている我が子。

そんな時に、部屋に来てくれた助産師さんが

「ゲップしたいよ!って言っているんだね!」

その言葉をふと思い出しました。

赤ちゃんの泣き声はお喋りの始まりと思う。

当たり前のことですが、赤ちゃんって話せませんよね?

そうなんです、だから泣いてお喋りしているんです。

そんな当たり前のことなんですが、

赤ちゃんが泣くと、どうしても焦ります。

だって、泣いている我が子を放っておくことなんてできないから

泣きやませるために、試行錯誤して

お腹すいた?オムツかな?と必死になるんです。

それがママなんですけどね!

でも、その泣き声が、お喋りだとしたらどうでしょうか?

私は、泣き声を泣き声だと思わずに

お喋りとしてとらえることにした時から、ふっと心が軽くなりました。

泣き声を代弁してみよう!

そして、赤ちゃんの泣き声を、

自分なりに解釈して、言葉に出すことにしたんです。

「お腹すいたよー!」とか「オムツ気持ち悪いよー!」とか

「眠いけど寝れないよー!」とか色々ありますよね?

そうすることで、赤ちゃんの気持ちに寄り添えるようになり

泣き声に焦らなくなり、泣き声のイライラから解消されました。

スポンサーリンク

子育てのイライラはパパに八つ当たり!?

子育て中のイライラって、どうしてもやり場がなくなります。

もちろんことですが、まだ小さい我が子に当たることもできず

自分の中で溜まっていく一方…。

そんな時に、どうしても言葉も伝わり、

理解もできるパパに八つ当たりしてしまい

喧嘩も増え、またイライラの原因が増える。

これも、悪循環ですよね。

八つ当たりしてもいいんです!

実は、私たち夫婦は、子供が産まれる前までは

1度も喧嘩したことがありませんでした。

しかし、子供が産まれてからは、

毎日のように喧嘩をしていました。

泣いているんだから、オムツ換えてよ!

手が離せないんだから、洗い物してよ!

ゲームしてる暇があるなら、少しは私に休憩させてよ!

もうイライラがどんどん爆発して、八つ当たりの連続。

そんなある日、旦那が言った一言で、少し自分を見直してみました。

「毎日疲れているのは、わかる!協力だってしたい!

だけと、最初からイライラをぶつけられちゃ、僕もイライラする。」

そう、単純なことだったんです。

パパは協力してくれる気持ちはあるのに、育児のイライラから

最初っから喧嘩越しになっていたんですよね。

だから、パパもイライラ返しで、結局喧嘩に発展。

結局のところ、パパの話では、

何をしたらいいのか、わからなかった。

1人でできているんだと思っていた。

と、びっくりな発言でした(笑)

お願い方式にしてみよう!

その日以来、イライラする気持ちをグッと堪え

パパにお願い方式にしてみました。

「パパ、ごめん。オムツ換えてくれない?」

「パパ、ごめん。手離せないから洗い物してくれない?」

この言い方の違いだけで、言ってることは同じなんですけどね。

八つ当たりの方法を変えてみたんです。

そして、協力してくれたパパには、大げさなくらいの感謝の

「ありがとう!助かったよー!!!!」

と一言付け加えると、パパも誇らしげに笑顔。

男の人って、頼られると嬉しいみたいですよね。

そう、私の心の中では、日々の育児の八つ当たりをしているんですが

うまく八つ当たりをすることで、私のイライラも解消され

パパも気持ちよく引き受けてくれるようになりました。

こちらは、パパの性格にもよるかもしれませんが

ママの日頃の負担も減り、楽になるかもしれないので

試してみてはいかかでしょうか?

子育てにイライラしない人はいない

子育てにイライラしない人なんているのでしょうか?

私は、イライラすることは仕方がないことだと思います。

だって、子育てって、マニュアルもない。

毎日成長する我が子と向き合って、

困った時に隣で教えてくれる人もいない。

常に頭はフル回転、睡眠不足も続き、疲労も溜まる。

そんな中で、一番は小さな我が子の命を守りながら生活すること。

これは、とっても精神的に負担のかかることだと思います。

イライラして当然です。ママ達は、いつも体も心も休まらないんですから。

だけど、言えることは

イライラも伝わります。笑顔も伝わります。

赤ちゃんには、イライラが伝われば、グスグスします。

笑顔が伝われば、ご機嫌になり、笑ってくれるでしょう。

子育て中のママ達が少しでもイライラが解消され

笑顔で過ごせる日々が一番だと思います。

子育ての道のりは、長い!

だからこそ、イライラを解消して、

笑顔で過ごせるように願っています。




スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする