簡単!ステンレス換気扇の掃除!ナチュラルクリーニング使用!

年末の大掃除、主婦を泣かせるのが

換気扇の掃除ではないでしょうか?

毎日、こまめに料理する家庭では

換気扇のプロペラに油が付きやすいです。

換気扇のプロペラから音がするようになってきたら、

掃除をするサインです。

油と埃にまみれた換気扇、

フィルターの掃除は手間がかかり大変です。

ここでは、換気扇やフィルターの掃除方法と

その対策方法をお伝えします。

日頃から掃除をしておくことで年末の大掃除を楽にしましょう。 

換気扇、フィルターのお掃除方法

スポンサーリンク

・換気扇の形の変化

昔の家屋には、窓上に取り付ける

プロペラタイプの換気扇が多く、最近のマンションや

新築家屋で見られるものには、レンジフードが多くなっています。

ガスコンロの上部についているものが多く、

掃除をさぼると火災に繋がります。

・プロペラタイプの換気扇の掃除

窓上部に取り付ける換気扇。

プロペラ部分は、油と埃でギトギトに汚れています。

汚れが酷いと「見るのも触るのも嫌」と

掃除がおっくうになり、余計に汚れが酷くなってきます。

そうならない為に、すぐにでも換気扇の掃除をしましょう。

油汚れも軽いうちであれば、

給湯器で触れる程度の熱いお湯をかければ、

埃や汚れは殆ど落ちていますので、

台所用の洗剤でもキレイになります。

この油汚れは、重曹スプレーなど

アルカリ性洗剤を使って簡単に掃除することが出来ます。

重曹には油汚れを中和し、

発砲作用で汚れを包みこむ働きがあります。

また、消臭作用もあります。

その性質を利用して、プロペラの汚れを楽に落としましょう。

お湯で落ちないしつこい油汚れには、プロペラに重曹か

セスキ水スプレーを振りかけ、ラップして湿布します。

汚れが浮き上がってきたらスポンジで洗い流します。

ステンレス製ですので、金属タワシなどでゴシゴシ擦ると

傷がつくので、柔らかいスポンジで優しく洗って下さいね。

・レンジフードの場合

最近の家屋では最初に述べましたように

レンジフードタイプの換気扇が増えています。

形状から見ても、掃除しにくいだろうなと推察できます。

レンジフードを取り外すには

取扱説明書や動画を見ておきましょうね。

ネジなど無くさないように注意しながらカバーを外します。

あとは、先ほどと同じ要領で洗いましょう。

大きなゴミ袋に水をため、重曹やセスキ炭酸ソーダを

入れて溶液を作り、フィルターやカバーを

漬けて置く方法もあります。

洗う時はゴミ袋の角を切るだけで排水が出来るので便利ですね。

この時も金属タワシなどでゴシゴシ擦らないようにします。

自分では掃除するのが困難な場合は、業者に頼んでもいいでしょう。

プロの技を学ぶ事が出来ます。

換気扇についてしまう油汚れを防ぐ方法

こびりついた油汚れを落とすのは中々大変なもの。

キレイになったら汚れないようにしたいですよね。

市販のフィルターを取り付けてこまめに交換する方法や、

費用は掛かりますが、大手掃除メーカーに、

フィルターを一ヶ月に一回交換してもらう方法があります。

他にも掃除後に、洗濯用の柔軟剤を塗っておくと効果的です。

静電気を防ぐ成分で汚れが付きにくくなり、

汚れも落とし易くなります。

・洗剤について

洗剤についてですが、

以前のように、油汚れ専用の強い洗剤は

皆さん使わなくなっているようです。

確かに油汚れには強く主婦の必需品でした。

汚れも良く落ちるのですが、

その反面、強い臭いと手荒れが気になりました。

最近、特にナチュラルクリーニングという

言葉を良く耳にしますよね。

自然由来のものなので環境と肌には優しいです。

重曹、クエン酸、セスキ水スプレーの

3つが主婦の掃除の基本となっているようです。

まとめ

以上のように、主婦を悩ます、厄介な換気扇、レンジフード、

フィルターの掃除方法について述べて来ました。

ステンレスは磨くとピカピカに光り、

大変美しいのですが、傷が付かないように配慮が必要です。

一度プロに綺麗にしてもらうのも、1つの方法でしたね。

そうして綺麗になったら、今度はその状態を守る事です。

掃除はこまめにする。

調理前に換気扇を回して空気の流れを作って置く。

プロペラの部分には柔軟剤を塗っておく方法もあります。

レンジフードはガスレンジの上にあることが

多いのではないでしょうか?

油で汚れていると見た目が美しくないだけでなく、

油が落ちてくると火事にもなりかねません。

換気扇掃除はこまめに掃除するのが一番いいでしょう。

 掃除をする間隔を決めて掃除することをお薦めします。

年末の大掃除。

慌てることなく、少しでも余裕を持てるように

常日頃からちょっとずつ掃除をしておきましょう。

食品を扱うキッチンはいつも綺麗にして

調理に集中しておきたいものです。

掃除はこまめに。

大変かもしれませんが、それが一番楽なのかなと感じます。

毎日、家族の力の元となる食事を作る場所ですので、

いつもキレイにしておきましょうね。

キレイな台所、キレイな換気扇で

あなたの料理の腕を振るって下さいね。




スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする