生駒山上遊園地を赤ちゃんと一緒に楽しもう!

以前に、旦那と1歳の娘と3人で、生駒山上遊園地に行ってきたお話です。

実は、この間行った生駒山上遊園地が、2回目で前回は、

1歳になる前(生後5ヵ月)に行ったことがあります。

0歳のお子様向けのご紹介と、

歩けるようになったくらいの1歳のお子様向けの

2つの目線から、ご紹介させていただきます。

小さなお子様を連れての遊園地は、楽しめるのかな?

乗れるものはあるのかな?など、不安なこともあると思いますので

オススメポイントを交えて、楽しめる秘訣をご紹介したいと思います。

【おすすめポイント】

  1. 景色が最高ドライブコース!《生駒山からの景色》
  2. ケーブル《ブルとミケ、ドレミとスイート》
  3. 小さな子供さんには《とくとくチケットがお得》
  4. 0、1歳とと乗れる乗り物《8種類をご紹介》
  5. 絶景を見ながら楽しめる《ビューレストラン》
スポンサーリンク

生駒山上遊園地へ行こう!着くまでも楽しめる方法が盛りだくさん

まず、生駒山上遊園地へ行こうとお考えの方に

一番にお伝えしたいのが楽しむ前のご注意点!!

ご存知の通り、生駒山上遊園地は、生駒山の頂上にあります。

なので、年中営業しているわけではありません。

真冬になると、雪のや寒さの影響から、お休みしているのでご注意を!!

2018 年 12 月 3 日~2019 年 3 月中旬まで、冬季休園しているので

暖かくなってから、お楽しみください。

生駒山上遊園地へのアクセス方法

生駒山上遊園地へのアクセス方法は、2つ。

電車とケーブルを乗り継ぐ方法と車で行く方法。

私達家族は、実は2回とも車で行ってきましたが次回は、

ぜひ電車とケーブルで行こうと考えているので

どちらもご紹介したいと思います。

景色が最高ドライブコース!《生駒山からの景色》

まず、車でアクセスする方法

こちらの楽しみは、なんといっても生駒山から見える最高の景色!

信貴生駒スカイラインは、奈良でも知られる有名なドライブコースです。

春には、桜が満開の道をドライブで楽しめ、

秋には、紅葉も楽しめる最高のドライブコースなんです!!

その山道を上がったところにあるのが、生駒山遊園地。

到着するまでの景色も楽しみながら行くことができるので

退屈することなく、到着しました。

駐車場は、そんなに混雑した様子はなく、

比較的空いていてすんなり停めることができました。

しかし、遊園地は駐車場のまだかなり上にあり

ふと見ると、とてもながーい階段が。

その横には、トコトコてんとうむしと書かれたトロッコがあったので

あれに乗ろう!と向かったのですが、なぜか休止中。

(後で知ったのですが、昨秋の台風被害で故障しているらしいです。)

諦めて、旦那にベビーカーを持ってもらい、私が子供を抱えて

その長い階段を必死で登り、着いた頃には、かなり疲れてしまいました。

そして、到着してから知ったのが、無料シャトルバスの存在!

駐車場から、遊園地までバスが出ているんです。

知らずに登ったのはいい経験として、帰り道はバスで駐車場まで行きました。

子供連れには、ちょっと辛い階段なので、

トコトコてんとうむしが復活するまではぜひ使ってみてください!

そして、私もまだ経験してませんが

トコトコてんとうむしに乗れるのを楽しみに待ちましょう!

ケーブル《ブルとミケ、ドレミとスイート》

電車&ケーブルでのアクセス方法。

私たち家族は、まだ利用したことがないのですが

先ほどお話した無料シャトルバスの乗り場近くに、生駒山上駅がありました。

子供達が、とても嬉しそうな表情で降りてきたので、

様子を見てみるとなんと可愛らしいケーブルが!!

生駒山上と鳥居前を走るケーブルは、

とても可愛らしいキャラクターの乗り物になっているんですね。

鳥居前と宝山寺駅を走る、ブルとミケのケーブル。

とっても可愛らしい犬と猫のキャラクターと宝山寺駅と生駒山上駅を走る、

ドレミとスイートのケーブルの計4台が走っています。

子供達が、嬉しそうに降りてきたのは、これだったんですね!

遊園地に着く前から乗り物に乗れてしまうような気持ちで

ウキウキするのも、わかりますね!

私達も次回は、ケーブルで行こうと思っています。

スポンサーリンク

赤ちゃんも楽しめる乗り物とレストラン情報

まず到着したら必要になるのが入園料…と思いますが

実は、生駒山上遊園地は、入園料が無料!!

そうなんです、乗り物に乗れるかもわからない赤ちゃんにや

親にとってもとても有り難いサービスです。

なので、正直なところ、小さいお子様がいる家族なら入園して、

生駒山からの景色を見ながらお散歩したり、お弁当食べたり、

遊園地の雰囲気を楽しむだけでも大丈夫!ということなんです(笑)

3歳くらいになってくると、乗り物を乗りたいと言い出すので

厳しいかと思いますが小さいうちは、

そんな楽しみ方もいいかもしれませんね。

せっかく遊園地に来たのだから、何か一緒に乗り物に乗ろう!

そう思われると思いますが、ちょっと待ってください。

後からご紹介しますが、

0歳、1歳が乗れる乗り物ってまだまだ少ないんですよね。

同じ乗り物を何回も乗る方は別として赤ちゃん連れの方には

とくとくチケットがお得!

とくとくチケットは、12 回分が 3300 円。

本当に安いの?って最初は思いましたが、お得です。

その理由をご紹介します。

生駒山上遊園地の乗り物は、2歳から料金がかかります。

なので、実際必要なのは大人の分だけ。

1歳までの子が乗れる乗り物は、300 円から 500 円程度です。

が、とくとくチケットは、1回で1枚なので値段は関係がありません。

300 円×12 枚=3600 円(300 円お得)

500 円×12 枚=6000 円(2700 円お得)

この例は極端ですが、1歳までが乗れる乗り物でも

500 円の乗り物もありましたよ!

そして、何より残ったらまた使える!!

私が、1回目に買ったチケットの有効期限が

チケットの有効期限は、2018 年 11 月 29 日となっていました。

娘が0歳の時、3つの乗り物を乗りましたが、ほとんど持って帰りました(笑)

そして、2回目の1歳になった時に持って行き、

ちょうどなくなったくらいでした!

なので、小さなお子様で、あまり乗るれる物がない場合は

とくとくチケットを買った方がお得です。

0、1歳とと乗れる乗り物《8種類をご紹介》

0歳でも乗れる乗り物

  • ホットエアーフライト
  • ぷかぷかパンダ
  • 飛行船

0歳でも乗れるのは、この3つでした。

そして、1歳になると少し乗れる物が増えます。

0歳~1歳までが乗れる乗り物は、さきほどの3つに加え

  • メリーゴーランド
  • アニマルティーカップ
  • SL 列車
  • キッズドライブ
  • わくわくトレイン

が乗れるようになります。

また2歳、3歳と乗れる物が増えるので毎年楽しみが増えますね!

この中でも、娘のお気に入りは、わくわくトレインでした。

楽しそうに、パパに手を振っていましたよ。

絶景を見ながら楽しめる《ビューレストラン》

広い遊園地の中をたくさん歩き、そろそろランチに。

前回もお世話になった、ビューレストラン。

テラスからの景色が最高なんです!!

大阪の街が、ドドーンと広がり、すごく気持ちがいい。

そんな中でいただくお料理のメニューは定食カレー

麺類サンドイッチなど豊富です。

お子様ランチも用意されていました。

食べられるお子様には、お子様ランチ。

まだ離乳食期であれば、おうどんの取り分けもできるので

手ぶらでおでかけできますね!

まとめ

赤ちゃんと一緒に、生駒山上遊園地を楽しむ方法いかがでしたか?

まだまだ小さいと、遊園地は早いかな?

と思われるかもしれませんが十分楽しめると思います。

乗り物に乗れなくても、生駒山からの景色を楽しんだり、

清々しい空気を吸ったり赤ちゃんにとっては、とても新鮮だと思います。

ぜひ、ご一緒に楽しんできてください!!




スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする