初節句の男の子へのお祝いを祖父母からあげる時の相場は!?

我が子もとても可愛いですが、

少し肩の荷の下りた、ちょうどよい

距離感で触れ合うことができる「孫」

という存在は、更に可愛く感じる方も

多いと思います。

特に「初孫」となると、

可愛さもですが同時に、

「あれ?こういう時どうしたら良いのかな?」

と、悩む事も増える事でしょう。

無事育ってくれた事をお祝いすると同時に、

孫がこれからも更に、すくすく育ちますようにと

成長を願いながら包んだお金の金額のことで、

「これだけしか入ってないなんて」

と思われてしまうと、今後の家族関係にも

関わってくるかもしれませんので、

できれば避けたいところ…

そもそも、相場はいくらなのでしょうか?

また、祝儀袋にはなんと書いて渡したら良いのか、

どのくらいの時期に渡したら良いものなのか、

毎年するものなのか…

我が子を育てている際には、

貰う事が多かったり、この人はこうだから○円、

とまでは考える余裕が無かったり、

そもそも、私のように女姉妹で育ち、

我が子も女の子ばかりでしたので、

男の子のお祝いなどは全くと言っていいほど

知らない方もたくさんいらっしゃると思います。

とはいえ、昔からあるお祝い事のマナーですので、

知っていなくて恥ずかしいと思うかもしれませんが、

知らなかったとしてもまだ間に合います!

大丈夫です!!

今日は、初節句を含めたお祝いについてのマナーや、

金額についてなどについてお話させて頂きますので、

是非参考にしてみて下さいね。

スポンサーリンク

初節句のお祝い金が少ないと思われない額は?

・節句とはいつ?何?

女の子の節句は3月3日のひな祭りの日で、

男の子の節句は5月5日のこどもの日に

お祝いをします。そもそも「節句」とは、

季節の節目に邪気を払う行事の事です。

生まれてから初めての節句をお祝いするのが

しきたりとなっておりますが、

例外を挙げますと、女の子なら2月頃、

男の子なら4月頃に生まれた場合には

一年後に見送る事もあるそうです。

お祝いの相場について

相場については開きがありますが、

祖父母が行うお祝い金額の相場は、

3万円〜と言われています。

人によっては相場は5万円〜という方や、

五月人形などの飾り物の購入資金も含めた

30万円程度を御祝いとして包まれる方も

いらっしゃるそうですが、

生活環境によっては立派な飾り物は

飾れない場合もありますので、

一度相談してみると良いかもしれませんね。

また最近では、飾り物の購入資金を

母方だけが負担するのではなく

父方と折半するケースも増えているようです。

・御祝いを渡す時期

飾り物は春分の日〜4月中旬より

飾る方が多いので、

御祝いはこどもの日より一ヶ月以上前に

渡す方が良いでしょう。

またその際に、金額によって使う祝儀袋は

変わってくるので、悩んだ際には

祝儀袋のパッケージの裏に書いてありますので、

確認するようにしましょう。

なお、お祝い事ですので、

ご存知かと思いますが、新札を入れるのがマナー

となっていますので、

忘れずに準備をしてくださいね!

・祝儀袋は?のしは?

今回の場合には、

水引が印刷してあるものは不向き

と言えます。

何度も繰り返しても良い御祝いでありますので、

今回の場合は蝶々結びの水引が良いでしょう。

色は一般的なのは「紅白」ですが、

「金赤」や「金銀」でもOKです!

祝儀袋の表書きですが、上段には、

「御祝」「お祝い」「初節句御祝」

のどれかを書きます。

下段には、贈り主のフルネーム

真ん中に書きます。

もし、夫婦で連名にされる際には、

ど真ん中に男性の名前を書き、

その名前の左側に、

女性の下の名前のみ書きます。

中袋の表側には、金額を漢数字で書き、

也はつけないのがマナーです。

(例:参蔓圓、伍蔓圓、拾蔓圓 など)

中袋の裏側には、

住所と氏名をフルネームで書きます。

夫婦連名の際には先程の表書きと同じで、

あとから女性の下の名前のみ左側に書き加えて下さい。

・毎年必要?

いえ、初節句の時のみでOKです!

あくまで主体は、娘・息子夫婦であり、

昔とは少しずつ変わってきている事も

多いので、それを頭の片隅に置きつつ、

相談しながら決めるとスムーズに円満に話が進むでしょう。

孫へのお祝い金の相場は?

 まず、お祝いをされる際に

「内孫」と「外孫」にあげるお祝いの金額は

変えるべきなのかと気にする方がいるようです。

こちらの考え方は戦前までは

よく言われていたことですが、

現在では意識される方は少ないようで、

逆にそこで差をつけてしまうと、

後々の関係が悪くなる場合もありますので、

平等にお祝いするようにしましょう。

出産祝い

相場は、5〜10万円位で、

加えてベビーグッズなどを

買ってあげる方も多いです。

ただし、お祝いが重なっており

不要なものを買ってしまったり、

親の希望がある場合もあるので、

自分たちの判断だけで買うのは

辞めたほうが良いかもしれません。

入学祝い・合格祝い

 ・小学校入学祝い

相場は、2〜5万円程度で、

加えてランドセルや学習机も

プレゼントする方が多いそうです。

しかし、小学校によっては

ランドナップなどの指定のカバンが

ある場合もありますので、

確認してから購入するようにしましょう!

・中学校入学祝い

相場は、3〜5万円位です。

大体必要なものが揃っていることが

多いので、主に制服代として

現金のみをあげる方が多いそうですよ。

・高校入学祝い・合格祝い

進学先が公立か私立かという点で、

親の負担もかなり変わって来るので

そこら辺も考慮して上げると

よいかと思います。

相場は中学校入学祝いと同じ3〜5万円

ですが、通学に必要な自転車や時計などを

プレゼントする方も多いそうです。

・大学入学祝い・合格祝い

大学生になると新生活が始まるので、

かなりお金がかかります。

その為、相場は多めの10〜30万円位

となっています。金額が多めな為、

予めの準備が必要かもしれません。

・誕生祝い

・小学生以下・・・

2千円〜3千円程度のおもちゃ

・小学生から・・・現金で3千円

・中学生・・・5千円

・高校生・・・5千円〜1万円

を目安にしてみて下さい。

渡す際の注意点ですが、

財布からお札を出して裸で渡すと

お祝いの気持ちが伝わりませんので、

どんなに親しくても、

袋に入れて渡すようにしましょう。

スポンサーリンク

まとめ

お祝いには色々な種類、

マナーがあるようですが、

一番大切なのは「おめでとう」

という気持ちだと思います。

親にとって、孫にとって、

どのようにしてあげたら喜んでもらえるのか、

助けになるのか、そしてどこまで自分自身が

してあげれるのか…

全てを必ずしないといけない

とは決まっていませんし、

全てされている方は意外と少ないと思います。

なので、まずは相談のしやすい息子や娘に

一度、相談してみると良いかもしれません。

また、離れて住んでいる

おじいちゃんおばあちゃんには、

自然に関わることのできる

タイミングでもあります。

孫とコミュニケーションを取る

きっかけ作りの

ご参考になれば幸いです。




スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする